« 高校教師の反省 | トップページ | ついに来た!夏休み最終日 »

ワイドショーは探偵か!?

 以前から、マスコミのあり方に疑問があった。今日は刑事事件について書いてみたい。 凶悪犯罪が増加していると言われるが、その責任はマスコミなかんずくワイドショーにあると思えてならないのだ。

 彼らは自分たちが「夜討ち朝駆け」で担当刑事から得た限られた情報をこれみよがしに垂れ流す。「~ということが本日未明までに分かりました」という表現があるが、本日未明に担当刑事から教えてもらったという意味なのだ。それが本当に確実な情報であるかどうかはこの際どうでもよい。他社に先駆けて報道することにのみ価値があるのである。その上で地元住民に何回も取材してうわさをひろうのも地域のうわさをつかむのと同時に、警察の捜査を追いかけて、今警察が誰を狙っているのかを知ろうとするのである。かくして警察は何の発表もしていないのに放送は始まる。

 画面ではコメンテーターが一応事件の残虐性に憤った上で不確実な情報をもとに推理を始める。おどろおどろしい音楽をならして「疑惑の四時間」「白髪の男」などと小説のように章立て。推理のねたが足りなくなれば、こんどは猟奇劇に早変わり。これでもかこれでもかとばかりに、遺体の様子がどうであったかということを、事細かに説明する。ワイドショーはそういう、推理ショー、残虐劇になっているではないか!こわいもの見たさ、人ごとの悲劇に怒って正義を達成したような気分になりたい視聴者の希望を満足し、結果として残虐嗜好・幼児趣味の連中を満足させ、犯罪を増発させているのではないか。

 だいたいあの犯人逮捕の時の、護送車をヘリで追う手法は何がしたいのだろう。完全にショーである。

 こうしたショー演出に偏った取材手法が多くのえん罪を生んできた歴史をいったいどう思っているのだろうか。「ワイドショーなんだからショーでいい。真実の追求よりもショー的な要素が優先さ」とでもいうのだろうか。週刊新潮の社長が「うちは文芸誌だから必ずしも真実を掲載しなくてもいい」とほざいたが、それと同じ次元か。しかし公の電波を使ってウソ・未確定事実・推論を確定的な手法で垂れ流し続ける、その影響力は大きい。

 松本サリン事件、ロス疑惑はマスコミが先導したえん罪事件として有名である。犯罪報道の必要性は、原因を追及し再発を防止することが本来の使命であるはずだ。さらに犯人に関する情報提供や犯人に社会的制裁を加えることもあるかもしれない。しかし、被害者の遺族を傷つけ周辺住民をも巻き込んで視聴率を稼ぐことは目的でなかったはずだ。

 もう、マスコミは限界だ。自分ではコントロールできないのではないか。

 さて、私、実はえん罪事件に興味があって、いくらか調べている内にいろんなことがわかってきました。いずれどこかで、書かしていただきます。

|

« 高校教師の反省 | トップページ | ついに来た!夏休み最終日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/11668716

この記事へのトラックバック一覧です: ワイドショーは探偵か!?:

« 高校教師の反省 | トップページ | ついに来た!夏休み最終日 »