« ワイドショーは探偵か!? | トップページ | 高校教師のぼやき3 »

ついに来た!夏休み最終日

 ついにこの日が来てしまった。教師の夏休みがいそがしくなったとかいっても、夏休みに接するのはクラブや補習に参加するまじめな生徒と教師だけ(ときどき問題を起こした生徒の対応があるけど)。ほとんど定時で帰宅できた。明日からはそうはいかない。覚悟の日々が始まるのである。

 とはいうものの、明日から始まるということに幸せを感じるべきなのかもしれない。多くの学校は、授業時間確保の名の下にすでに前倒しで始まっている。前にも書いたが暑くって集中できないから夏休みなのである。始業を前倒しするなんてどうかしている。夏休みをなんだと思っているのだろうか。だいたい授業時間を減らしたのは文部科学省である。「ゆとり教育」は目先の学力よりも考える力を優先することが目的だったのに、考える力がついたかどうかという総括もなしに「学力が落ちた」というマスコミのキャンペーンのなかでなしくずしになった。つくづく覚悟のつづかない国民性である。(小泉改革も同じ。改革には痛みを伴う。痛みを感じても改革をしなければという覚悟で支援したはずだったのに、「痛いやないけ」とマスコミがいうと飛びつくのである)

 だいたい日本の学校・親は世話を焼きすぎるのだ。だから自分で切り開く力がつかない。実際に「こいつは力があるな」と思う生徒は、自分で勉強する力をもっている生徒である。進学校に進学し進学塾に通ってみても、学校頼み、塾頼み、何かに頼っている=何かのせいにしている生徒は思ったより伸びないのである(塾の講師が自分の卒業生だったりするとより驚きである。自分の限られた受験体験しか語れない学生に、多様な進学・就職指導ができるのだろうか)。浪人生の中にも予備校頼みの浪人生が増えているときいた。苦労しないから力がつかない。有名大学学生が塾生徒・友人・母親を殺害したという事件は、報道で聞く限り動機があまりにも幼稚である。力はないのにプライドだけはどこまでも高い。今の学生の姿である。

 夏休みをもとにもどせば、力がつくというものではもちろんない。なんだか、明日からのプレッシャーと相まって最近使っていない頭で考えると、こんな話になってしまったということである。

 あーあ、始まるか!

|

« ワイドショーは探偵か!? | トップページ | 高校教師のぼやき3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/11704703

この記事へのトラックバック一覧です: ついに来た!夏休み最終日:

« ワイドショーは探偵か!? | トップページ | 高校教師のぼやき3 »