« 戦犯は誰に責任を負うのか(靖国の戦争責任) | トップページ | 知られざる偉大な日本人シリーズ1(ダショー西岡) »

いじめの認識

 県教委が自殺した児童の遺書を隠して、いじめを認めない事例が発覚した。明らかに公務員の防衛本能。県教委というのは何か事件が起こると「通達」を出して責任を現場に押しつける。そして、事が起こると隠したがる。いじめでないと思うなら遺書を隠しておく必要はない。隠した時点で県教委もいじめの可能性を考えたに違いない。

 何よりも悲しいのは、いじめの定義を暴力や罵詈雑言を伴うものと、ここの県教委が考えているらしいことである。無視やつぶやき、いやがらせによるいじめのほうがはるかに多いというのに、こんな理解を放置しておけば現場は混乱する。早く非を認めて欲しいものだ。

 私は、いじめはどこの学校のどこのクラスでも発生する可能性があると思う。人間は未熟だ。まして子供である。いじめが発生したクラスの担任が「信じていたのに」と落ち込んで学校に来なくなったという話を聞くが、何をかいわんである。自分が相手にしている対象の本質が分かっていない。人間はつねに弱いものである。人よりも上になりたい、とかあの人がうとましい、などの感情に支配される可能性は常に誰にでもある。しかし、そうした弱い自分を発見し、対決し、打伏せる強さを身につけるのが教育の目的の一つである。教師は「危ない生もの」を扱っているという緊張感を持たなくてはならないのである。

 しかし、人間は弱い存在であるという認識を持たなければならないのは教師だけではない。保護者も世間もマスコミも、そこを理解をしなければならない。いじめを放置したこと、いじめを隠したことは担任の責任にしてもいいが、いじめが起こったこと自体は担任の責任ではないのである。いじめが発生した時こそ、関係者が理解し合い団結して教育に当たるべきなのに、担任を攻めている場合ではない。そんなことですぐに誰かの責任にしようとするから、県教委も防衛的になるのではなかろうか。

 今回の件では、担任も相談に乗ったにもかかわらず、自殺を食い止めることはできなかった。「まさか自殺するとは思わなかった」というのが、担任の正直な思いであろう。認識の甘さを反省しなければならないのは当然であるが、おそらく相当に落ち込まれているであろう。しかし、これも本来、担任だけのことではない。すべてを学校や担任の責任にするのではなく、すべての人が人間は弱い存在であることを認識し、最悪の事態を想定しながらも、この子も必ず強くなれるとの確信を持ちながら、思いやりのある生き方をしなければ、さらなる悲劇は繰り返されると思えてならない。

|

« 戦犯は誰に責任を負うのか(靖国の戦争責任) | トップページ | 知られざる偉大な日本人シリーズ1(ダショー西岡) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/12134635

この記事へのトラックバック一覧です: いじめの認識:

« 戦犯は誰に責任を負うのか(靖国の戦争責任) | トップページ | 知られざる偉大な日本人シリーズ1(ダショー西岡) »