« 教育再生会議は現場を知らないのか? | トップページ | 「先生」受難の時代 議員をバカにするな! »

通り魔事件ーマスコミはこれでいいのか

 今朝、「川崎市の会社員が通り魔の疑いで任意同行された」とのニュースがあった。報道によると、昨晩逮捕状を要求。今朝の任意同行だという。任意同行の後逮捕に切り替わったらしい。

 それが本当ならばおかしくないか。昨晩逮捕状、今朝逮捕なら分かる。任意同行になったということは、証拠不十分で逮捕状がでなかったということではないのか。今までも事情を聞いてきたという。では何故、今回に限って任意同行の時期がマスコミに流れて各社が用意できたのか。

 これは警察が証拠不十分のまま逮捕する手口だ。任意同行を逮捕のようにデモンストレートし、取調べの中で自白させるつもりだ。えん罪を作ってきたのはこうした捜査手法にあることは周知の事実である。

 なのにマスコミは簡単にその手口に乗った。、国民の間にこの人が犯人なのだろうという雰囲気を作るのに一役買った。続報も「この人が怪しい」「供述が矛盾している」のオンパレードだ。警察の正式な記者会見が開かれたとは聞いてないから、「夜討ち朝駆け」で担当のデカに聞いたことをスクープ合戦よろしく無批判のよこ流しにしているのだろう。警察の広報と化している。

 ここには松本サリン事件の反省などどこにも見られない。こういう時は「日本の警察は信用できる」というデータを信じる。今回も「山さんの勘」が当たって実際の犯人だったならいいが、えん罪ならどう責任をとるつもりだろうか。どうせ警察にだけ責任を押しつけるに決まってる。マスコミはいつでも自分だけがいい子チャンなのだ。

 やっぱりマスコミは売れればいいんだ。ショッキングならいいんだ。関西テレビを批判する資格などどの局にもない。

にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ

|

« 教育再生会議は現場を知らないのか? | トップページ | 「先生」受難の時代 議員をバカにするな! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/14787719

この記事へのトラックバック一覧です: 通り魔事件ーマスコミはこれでいいのか:

« 教育再生会議は現場を知らないのか? | トップページ | 「先生」受難の時代 議員をバカにするな! »