« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

高野連幹部のウソを許すな!

 野球特待生制度を持っている学校が、350校を超えたそうだ。この制度自体の是非は今は論じない。野球だけがダメなのはおかしいと思うが、今の私には特待生制度自体をどう評価するかという明確な考えはない。

 しかし言いたい。高体連幹部は「知らなかった」ふりをするな!私学の多くに野球特待生が存在することなど、一般社会に暮らしていれば半ば常識に属する話だ。それを「知らなかった」ではすまされない!だいたい「思ったよりも多かった」というコメントが知っていたことを表している。知っていて対策をできなかったお前達の責任はどこへ行ったんだ!

 今回の問題で一番心配になるのは、現在特待生で活動している球児のことだ。中には家計が苦しく今後の学費を払えない球児もいよう。そうした生徒は中退するのだろうか。そうした生徒のことを高野連幹部はどう考えているのか!

 トップが責任を免れて不利益を現場(生徒)に押しつける。こんなことを何度繰り返すのか。単位未履修問題と同じだ。いつから日本はこんなに醜悪な国になったのか。「野球は教育の一環」と言ってはばからない高野連幹部よ。諸君の保身術を生徒に見せつけることがあなた方の教育なのか?

 西武の裏金問題から発覚した今回の問題だが、高野連幹部が自分の保身のために球児達を犠牲にするのは断じてなんとしても許されない。

 高野連の老醜をさらしている幹部達よ!君たちこそ責任をとれ!

 (提案)

 このまま高野連幹部がこうした立場を貫くというなら、この際、各校が高野連から脱退して新しい高校野球団体を作ってはどうだろうか。甲子園も別に契約すればよかろう。その場合高体連に加盟してはいかがか。「高体連野球専門部」。こちらの方が健全だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »