« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

剣道と人格と

 高校時代に武道館に剣道の全日本選手権を見に行ったことがある。私の好きな剣士は、まずは上段の川添先生。高知学芸高校の中国修学旅行での列車事故でお亡くなりになって本当に残念だった。そして熊本の山田先生。威風堂々の剣風に感動して見上げていた覚えがある。

 最近、次のような新聞記事を教えて頂いて驚いた。

以下読売新聞からの引用。
「熊本県警巡査自殺、『いじめが原因』として両親が県を提訴 2004年5月、熊本県警巡査の山田真徳さん(当時22歳)が自殺したのは、所属していた剣道特練部員のいじめが原因として、父親の博徳さん(59)、母親の真由美さん(57)が5日、県を相手取り、約6360万円の損害賠償を求める訴訟を熊本地裁に起こした。 博徳さんは3月31日付で県警職員を退職。剣道八段で、世界大会や全国大会での優勝経験もあり、剣道最高位の範士の称号を持っている。県警の警察官に剣道を指導する立場にあった。 訴状によると、長男の真徳さんは01年4月、県警に入り、交番勤務などを経て04年3月に機動隊に配属され、02年1月、県警本部長から剣道特練部員に指名された。 しかし、練習では、2人1組で行う地稽古(じげいこ)で無視されたり、全員から突きでのど周辺を狙われたりした。公式試合前には、うその集合時間、場所を教えられたこともあった。 真徳さんは、04年5月、機動隊の寮の自室で首をつって自殺。10日ほど前には、自殺未遂をしていたが、報告を受けた機動隊長(当時)は、家族に連絡していなかったという。 熊本市内で記者会見した博徳さんは『剣道特練部から私を排除しようという動きがあり、そのために真徳はいじめに遭った。このようなことが二度と起こらないようにと願い、提訴した』と話した。 県警監察課は04年7月、『調査の結果、いじめは確認できなかった』と結論づけており、県警広報県民課は、提訴について『事実関係を把握していないのでコメントできない』としている。」

 ショックだった。

 今、私は剣道を特別な競技として見ていない。剣道をすれば人格が磨かれるということを言う人がいるが、私は信じない。国士舘大学での後輩いじめからの事故死もあった。大学界を代表する剣道部で絶対にあってはならない事故だった。1994年11月には三重県で、なんと範士九段の当時の県剣連理事長が一三〇〇万円の業務上横領で解職されるという事件が起こった。その後の詳細が伝わっていないが、ご本人は「私の追い落としのための作り話だ」と否定されていた。いずれにせよ該当の範士の周辺に派閥争いがあった事は間違いのない事実である。熊本県警にも派閥争いがあったという。人格が磨かれている人たちのすることだろうか。他にも、何回も連続してインターハイ出場を勝ち取っていたカリスマ顧問が最低の人格だったり、八段に通ったらいきなり傲慢になった人も知っている。剣道をすれば人格が磨かれるというのはウソである。磨こうとする人しか磨かれないのである。

 本当は「剣道を通して人格を磨き続けよう」が正しいのではないのか。人間は本質的に弱いもので、努力をやめればすぐに傲慢になり、ダメになる。段位があがると人格まで高まったというように勘違いするのなら、段位制度などなければよいのである。剣道も他のスポーツもそれを通じて人格形成をしようとすることができるという意味では、価値は同じなのである。(高野連も同じ勘違いをしている)

 剣道を好きだからあえて言いたい。剣道界は、剣道の価値を見直せ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

政治家と政治屋と

 「政治家は未来を見据えて活動するが、政治屋は選挙だけを見て活動する」という言葉があるらしい。実に本質をとらえた絶妙な指摘であると思う。「憲政の神様」尾崎行雄の周辺で語られた言葉らしい。

 臨床政治学者の岡野加穂留明治大名誉教授によると、政治家と政治屋の他に自己の利益にのみうつつを抜かしている「政治業者」がいて、政治業者85%、政治屋10%、政治家は5%の割合だそうだ。また、ある学者は『私は「政治屋」と「政治家」は違うと思っています。政治家は“票につながる、有権者受けすること”よりも、“正しいこと”を優先します。しかし政治屋はその逆です。また、政治家は人々をリードしますが、政治屋は有権者の最も悪い“本能”に追随し、それを利用します。政治家は寛容と協力を説きますが、政治屋は格差を利用し、自身の目的遂行のために民衆を扇動します。』と言っている。

 昨今の政治状況を見ていると、「格差、格差」といって「民衆を扇動している」ことを見ても、野党のほとんどは政治屋だな。しょせん選挙のことしか考えていないのだろう。与党の提案には微々たる違いを取り上げてとにかく反対する。与党に可決させて「強行採決」のレッテルを貼ことが目的なのだ。国民投票法案がその典型だった。民主党寄りに修正された法案に民主党が反対するなんて!それが国民にとってスピードが要求される事であろうが関係なのだからとんでもない。国民を人質にとって与党に悪印象を植え付けるやり方はおかしい。反対しないと有権者の票をもらえない、そういうキャラを演じている人が多いからそうなるのだろう。55年体制での社会党と大きく変わらない。

 与党には政治業者が多そうだ。枚挙にいとまがないからここには書かない。検察特捜部よ。がんばって摘発してくれ!

 みんなで5%の「政治家」を探そう!どこかにいるはずだ。(小選挙区制だと多くの選挙区で政治家がいない不幸が生じる。やっぱりダメだな。)もし見つからなくても政治屋と政治業者を許さない姿勢を有権者が持とう!

 マスコミも本当に頼むよ。すべての人を政治屋として報道するのは楽でいいけど、建て分けて国民に教えてくれ!それができないならもう新聞なんかいらんよ。君たちの報道にだまされるのはもう飽き飽きだ。

 本当に日本の先行きは暗い。このままではいかん。その思いでいっぱいである。

にほんブログ村 政治ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »