« 岩隈の復活万歳! | トップページ | 近江の以外と知られていない名所 »

世界バレーと世界競泳

 世界バレー・世界競泳、そして明日からは世界陸上とスポーツ花盛りである。日本人の活躍もめざましい。

 しかし思うことがある。演出が意図的で奇妙なのである。バレー選手の背中には本名でなくニックネームが表記され、一人一人が大声援のもと入場する。試合が終わると勝っても負けてもインタビュー。水泳のコールは日本人のみ日本語。日本人専用のインタビューコーナーが設けられ、試合直後の息も絶え絶えの選手は無理矢理「皆さんの声援のおかげ」と言わされている。そう、日本のホームグランド状態を作り出す過剰な演出なのである。テレビの視聴率・商業主義もここまで来たか、とイヤな思いになるのは私だけであろうか。

 日本人だから日本の応援をしたくなるのは当然としても、外国の選手も含めたアスリートたちの芸術的ともいえるファインプレーや驚異的な技術・スピードに感動したいという気持ちも観戦者の中にはあるのである。そういう思いは番組の中でははじき飛ばされる。そうこの違和感は、日本の応援をする者のためだけに番組が作られているという違和感である。

 遠く外国から来た選手たちはどんな感想をもっているのだろうか。そう思うと素直に日本人選手の活躍を喜べない私がいる。

 世界陸上はそうならないよう願いたいものである。

|

« 岩隈の復活万歳! | トップページ | 近江の以外と知られていない名所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/16222750

この記事へのトラックバック一覧です: 世界バレーと世界競泳:

« 岩隈の復活万歳! | トップページ | 近江の以外と知られていない名所 »