« 「世界競泳」とは何だったのか | トップページ | 中学の地理をなんとかしてくれ! »

「世界柔道」-審判の稚拙さ

「世界柔道」で井上康生と鈴木圭治が負けた。不可解な判定が原因である。先に投げた側が判定されずに、後から投げた方が判定される。意味が分からない。

そもそも柔道の判定には以前から疑問を持っていた。何故副審はイスに座っているのだろうか。見えない角度があるだろうに。何故おしりをついただけで効果になるのだろうか。何故慎重に攻めれば指導を食らうのだろうか。今の柔道のルールには日本人の知っている美しい柔道とは違う要素が多い。そこへ持ってきて外国人審判の質は本当に低い。普段レベルの高い柔道を見ていない者に高いレベルの審判ができるはずがあるまい。

ことし剣道が世界選手権でアメリカに負けた際も、肩に当たっているのに「面あり」となったシーンがあった。やはり外国人審判である。もっとも日本人の審判でもミスは当然あるが、選手の努力を考えると、審判も必死に訓練しなければならないと強く思う。そうでないと、武道全体のレベルが低下する。そんな気がしてならない。

《提案》

剣道には別にスポーツチャンバラがありますが、似て全く非成るものです。日本の「柔道」も"JUDO"と別のものと考える。そして「柔道」と"JUDO"の選手は別に育成し、大会も別に開催する。"JUDO"は「こかしあいっこ」と相手に反則をとらせる技術と駆け逃げの技術を磨き、「柔道」はあくまで日本の道を貫く。これでいかがでしょうか。

|

« 「世界競泳」とは何だったのか | トップページ | 中学の地理をなんとかしてくれ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/16458268

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界柔道」-審判の稚拙さ:

» 世界柔道 [ぷーーさんの日記]
世界柔道開催!重量級の日本、井上康生と鈴木桂治まさかの敗退。会場からもブーイングの出る不可解判定。2大会前のオリンピックもそうだった。柔道にも空手道にも「道」という言葉が使われている。「道」は武士道にもつながるだろう。詳しくは知らない、ただ道を極めようと進む「行」がそこにあると思う。漢としての潔さ、ただただ己の修練の成果のみをぶつけ合う姿、そこには「勝ちと負け」のどちらかにしか答えはなく、それがすべてであろう。北京オリンピックに向けて、「組み」に強い日本に対応するために襟をつ...... [続きを読む]

受信: 2007年9月16日 (日) 01時36分

« 「世界競泳」とは何だったのか | トップページ | 中学の地理をなんとかしてくれ! »