« 山場CM、ゆるさん! | トップページ | 三浦和義氏がアメリカで捕まった »

最近の大臣の見方

自衛隊の船が漁船にぶつかって二人の方が行方不明になった事件で、石破防衛大臣の責任問題が取りざたされている。「下の不祥事は上の責任」というのは一般的にもそう理解されているし、別にそれでいいのかも知れない。しかし、私には少し違和感がある。

以前の自民党一党独裁の官僚独裁時代には大臣というと、立場を利用して地元に大型工事を持ってきたり利権をむさぼって金を貯め込んだりしていた。実際の政治は官僚が行い、かくして彼らは傲慢にもなり国民の税金を使い込んだり裏金を作ったりもしてきた。互いが利用し合ってもたれあってきたのだ。だから上が責任を取るのは当たり前だった。

その体制に風穴を開けようとするとどうなるか。現場の官僚達は改革を実行する大臣がうっとうしい。大臣がまじめだといままで官僚達がしてきたことが不祥事として発覚する確率が高くなる。そこで「どうせ謝るのはあの大臣さ」ということで、不祥事を一生懸命隠さない。それどころかへたをすると大臣を素通りしてマスコミにリークする。そうすればまじめな大臣の株が下がる。辞任でもしてくれたらもうけものである。マスコミもバカだから大臣の責任のように報道する。そんな大臣が「これは自分が大臣になったからあばく事ができたのだ」と真実を言えば、現場はもう大臣を信用しない。実際の仕事をしているのは大臣ではなく現場の官僚なので仕事が進まない。そのことがまた不祥事を生み出したりもする。さらにうっかりすると世間も「自分がトップのくせに現場に責任をなすりつけている」などと批判したりする。

そう考えると、かえって何もでない省庁は危ない。今までおかしなことを一切していない訳がない。もっとあばけ!まじめな大臣の省庁ほど不祥事がでる!官僚の悪さを知るとこういう結論に達するのだがいかがだろうか。

だから私は「不祥事が発覚したから大臣が責任を取れ」と簡単に言えないのである。責任は官僚のトップが取ればいかが?もちろん利権をむさぼる大臣は別ですよ。

被害者のご親族は「政局にして欲しくない」といっているのに、民主党が一生懸命大臣の責任を追及する理由が見えてきた。民主党は現場の官僚達の組合の支援を受けているから、まじめな大臣はお嫌いなのです。

|

« 山場CM、ゆるさん! | トップページ | 三浦和義氏がアメリカで捕まった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/40222048

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の大臣の見方:

« 山場CM、ゆるさん! | トップページ | 三浦和義氏がアメリカで捕まった »