« 三浦和義氏がアメリカで捕まった | トップページ | おいしいそばやだったのに… »

素人コメンテーターはいらない!

ニュースバラエティを見ていて気になってしかたがないものがある。

それが、「素人コメンテーター」である。彼らは専門的な知識もないくせに、そのときそのとき報道される事件に対してコメントする。専門知識がないからそのコメントは、テレビ局が意図した報道の方向性を後押しするものとなり、さらには「劇場型民主主義」の観客たる市民がしゃべって欲しい内容をしゃべることとなる。橋下大阪府知事いわく。「今までは視聴者がしゃべって欲しそうなことを言っていれば良かった。これからは違う。」テレビのコメンテーターは皆そうした傾向を持っていると思ってまず間違いない。経済専門家やオリンピックメダリストが教育や国防に対するコメントを求められるのだから信じられるはずもない。なのに一定の発言力を発揮するのだからたちが悪い。

イージス艦の事故について考えてみよう。

イージス艦が事故を起こしたのはけしからん。情報が錯綜しているのもけしからん。大臣は責任を取るべきだ。

この分かりやすい図式の中で彼らはしゃべりまくる。「これだけ情報が管理されていないということは、無能といわれてもしょうがない」とか「艦長が仮眠していたのがけしからん」とか「海上保安庁の取調前に大臣も同席して事情を聞いたのは口裏合わせのためではないか」などなど。その背景にどんなことがあるのかなどということは気にもとめず、「正義の探偵」きどりで言いたい放題である。

しかし、正しい情報を早く得ようと思ったら現場の人間から直接聞くのが一番いいのは誰にでも分かっているはずのことである。情報が遅かったり不正確だったりしても文句を言うくせに、現場から直接聞いても疑るのだからどうすればいいのか分からない。

さらに言えば、石破大臣は自衛隊改革をやろうとしている人なのだから、現場にしてみればうっとうしい。大臣の指示通りに現場が動かないものはむしろ当たり前だと私は思う。ここに現在の国家公務員の最大の病理があるのではないだろうか。

とここまで言ったが、それもこれも私の素人コメント。想像の一端を書いてみたにすぎない。要は、このような様々な見えない事情や可能性を想像しながら情報に接しないと間違った判断をすることになることを言いたいのである。たかが素人コメンテーターのことばとはいえ、その発言が視聴者をミスリードし、とんでもない結果を導いたらどう責任をとるというのであろうか。そういうことを考えながら発言しているのだろうか。

テレビでしゃべる人はその影響力をわきまえてもらいたい。だからこそ勉強してもらいたい。発言は謙虚であってもらいたい。

素人コメンテーターよ!分をわきまえろ!それができないやつはテレビに出るな!

|

« 三浦和義氏がアメリカで捕まった | トップページ | おいしいそばやだったのに… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/40361565

この記事へのトラックバック一覧です: 素人コメンテーターはいらない!:

« 三浦和義氏がアメリカで捕まった | トップページ | おいしいそばやだったのに… »