« ケイタイと学校 | トップページ | 柔道は何が目的なのか »

教員採用試験の不正に思う

大分県で、県教委の絡む賄賂疑惑で逮捕者がでた。なさけない限りである。

教員採用試験に不当な操作が加えられているのでは?といううわさは以前からあった。ただし点数化が難しい2次試験でのうわさである。1次のペーパー試験ではさすがにあり得ないと思っていたが、大分県はやっていたのだ。ちょっと驚く。これでは人間関係を持たない、特に県外からの受験者は著しく不利になることは言うまでもない(私は県外者だった。勤務県がまじめに採用をしていたことがわかる)。逮捕者だけが関係者ではないだろう。このシステムを悪用していた連中は、とことん摘発して欲しいものだ。

さてこの一件でいろいろなことが取りざたされている。

まずは、「教育委員会制度を見直せ」という声である。基本的に見直しには賛成。以前にも書いたように、現在の学校教育課は、本当に教育を何とかしようというものになっていないので、教員の不信感が大きすぎる。戦前・戦中に行われていた上からの軍国主義教育を反省し、国から独立して民主教育を行うために教育委員会ができたと聞いているが、教育委員の公選もなくなった今、形骸化した「保護者の要求を現場につなぐ組織」になっていないか。さらには地域によっては「国からも行政からも独立した伏魔殿のような組織」とまで言われるようになっているという。開かれた委員会を目指してほしいものである。

このことについて、いつものように素人コメンテーターは無責任にうるさくさえずっている。「教育委員会なんか廃止して文科省直轄にすれば」とか、「一から作り直したら」とか好きなことを言っている。しかし、現実も歴史・経緯もふまえずにいうものだから、いい加減なことおびただしい。現場を知らない文科省の役人なんかに支配されてたまるものか!奴らのせいで、どれだけ現場が振り回されてきたか。ただ、市民の声に耳を傾けるのと同時に、今よりも現場の教師の言うことに耳を傾ける体制を取ってくれさえすればいい。それだけ。

さらに、「教員採用試験のあり方はこれでいいのか」ということが議論されている。これは難しい問題をはらんでいる。例によって素人コメンテーター達は、「点数を取った優秀な人が落とされて、ズルをした人が現在教師をやっているのはおかしい」などと言っている。一見その通りに聞こえる。点数を取った人から合格するのが現在の採用試験の原則だと言うことはいうまでもないが、しかし点数を取ったからといって優秀だとは限らない。現実に役に立たない新人にも何人かお目にかかってきた。そこで現場の講師のなかからいい人を学校長が推薦したらいいのでは」という意見が説得力を持つように思える。一定そういう制度も導入すべきかとも思うが、買収先が教育委員会から校長に代わる可能性もある。

中国は歴史上、様々な官吏任用の制度を経験している。校長の推薦は「郷挙里選」(地方豪族から推薦させる)だろうか。現在の制度は「科挙」に近い。身分に関係なく試験で点を取れば任用される。それはいい面もあるのである。

本当に力ある教師を任用することはどうすればできるのか。私は今の制度の問題点に改善を加えるだけでいいと思う。むしろ教師をどう育てるか、に力点を置いたほうがいい。

今回の一件は、けしからんことは間違いない。しかし、今の教育行政の現実に目を向け、改善のための機会になれば言うことはない。

|

« ケイタイと学校 | トップページ | 柔道は何が目的なのか »

コメント

はじめまして

検索をしていたら、先生のブログに遭遇しました。

申し遅れましたが、私は現場の教員です。厳密にいうと、正規採用の教員ではなく、臨時教員です。私学の非常勤や、公立学校の臨時教諭を経験し、いまも、大学院で実践研究をしながら、非常勤講師で学費を払いながら、次の教員採用試験の機会を待っています。

教員採用試験の制度には、問題点がありますが、議論を深めるために、素材を提供いたします。先生は、以下の件について、どのようにお考えでしょうか?

本年度も、S県、K市、M県の教員採用試験を受験しました。一律に感じたことは、専門教養(教科の試験)の重箱をつつくような知識偏重の問題構成への疑問です。勉強しなかった、そのぐらい知ってて当たり前と言われればそれまでです。しかし、負け惜しみになってしまうかもしれませんが、こっちとら、数年の実践歴があり、大学院くんだりまで行って、日々、教科の教育法も含めて広く深く研究しています。ちなみに、ある県の臨採だったときの赴任校は、先生と同じような学校でした。

私は、S県の「特別選考」で試験を受けました。国際貢献活動をした人に開かれている選考枠です。1次試験の教職教養が面接に代えられるという「優遇策」です。しかし、ここにトリックがありました。その試験法の評価方法です。専門教養100点、面接100点という配点。

平たく言えば、教科のことだけ知っている頭でっかちの人物だけでなく、広く社会を経験してきて、上のコメントで言えば「はみだし野郎」も採用しよう、というのがこの特別枠の趣旨なのではないでしょうか?

でも、実際は、「頭でっかち」点も「はみだし具合」点も、まったく同点数。つまり、「はみだし具合」が多くどんなに個性的な人でも、やっぱり「頭でっかち」の部分が相当の基準に達しなければ、採用されない。というより、1次試験ではねられてしまう。結局、この「特別枠」って教委のポーズだけなんじゃないの?って、不合格通知が来た当時は、相当頭に来ていました。

実際、合格した受験番号を見たら、「ペーパー試験で高得点を挙げやすい大学生の現役」が多く合格していました。これでいいんでしょうか?教員採用試験。

「はみだせる教委」「はみだせる管理職」「はみだせる文科省役人」が出てきてほしいと思っています。最近私は、上記のことを、教育学研究の研究者たちに広め、制度に口を出すようにそそのかしています(^^)/ただじゃ、起きませんとも。やられたら、倍返しです(笑)

投稿: sergio | 2013年9月11日 (水) 07時57分

「倍返し」はいいですね。ぜひ頑張って下さい。

採用システムというのは本当に難しいですね。昔は校長が「こいつを採用してくれ」と教委に働きかければ合格した、という時代もありました。臨時講師で優秀な人材を発見したら欲しくなるのは当然です。そういう制度も一部残してもいいかな、と思わないでもないですが、悪用して身内を推薦するやつが出てくることは容易に想像できます。
面接を重視したり自己推薦文を重視するのもいいのですが、「なぜこの人を採用したのか」と突っ込まれても説明できるだけの突出したものがないと、合格の決定打になりにくいという面があります。
結果としてペーパーテストの成績で採用するのが基本的に一番平等で、文句は出にくいやり方となり、外部から突っ込まれたくない教育委員会としてはそちらを重視することになるのだと想像します。教委はあきれるくらいに保守的です。

はみだせる教委。なかなか難しいですね。
過去に、生徒を叱ったら保護者がクレームをつけてきたことがありました。ほうっておいたら教委に文句。私のところに教委の担当者から電話がありました。事情を話したところ「分かりました。なんとかこちらで言っておきます」という返事。器の大きな職員だな、と感心したものです。でもそんな経験は数少ないものです。ある教委職員は「僕らは教員長の下で働いているんだから、教育長に面倒がかからないことを一番に考えてます」といっていました。情けない。思い切った改革をしようとすれば波風も立ちます。教育長が矢面に立つこともある。それを恐れるというのだから、教委の保守性もきわまれり、です。

でも現在の制度にいくら不備があっても、現場には人材が必要です。力のある人に合格していただかないと損をするのは現場の教師であり生徒です。sergioさん、なんとしても合格してください!

投稿: yossy | 2013年9月12日 (木) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/41834997

この記事へのトラックバック一覧です: 教員採用試験の不正に思う:

« ケイタイと学校 | トップページ | 柔道は何が目的なのか »