« ピンポン外交覚書-日本卓球の躍進に寄せて | トップページ | 近江の東海道 ルート決定版 »

名古屋メシ

岐阜県に行く機会があった。1泊二日だったので、昼食を2回、夕食を1回、朝食を1回とったが、とにかく量が多いことに驚いた。このことは以前に愛知県でも感じたことなので、おそらく中部圏に共通の現象なのかな、と思っている。

驚いたのはそれだけではない。食の組み合わせが変わっている。カツカレーセット茶碗蒸がついていた。そういえばこれも以前に味噌カツ丼を食べたら、ご飯の上にキャベツがひいてありその上に味噌カツがのっていて驚いた。「ご飯の上にキャベツ」は関西には見られない。

食の話題というとよく関西と関東の違いが話題に上るが、名古屋もその独自性で負けてはいないようだ。最近関西にも中部出身の外食産業がすこしづつ進出しているようでもある。今後注目である。

|

« ピンポン外交覚書-日本卓球の躍進に寄せて | トップページ | 近江の東海道 ルート決定版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/42229173

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋メシ:

« ピンポン外交覚書-日本卓球の躍進に寄せて | トップページ | 近江の東海道 ルート決定版 »