« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

公的資金注入に反対した人たちは総括を

アメリカのサブプライムローン問題から大きな金融破綻の流れが進みつつある。サブプイムローン債権は証券化されて世界中の金融機関が購入していたので世界中の金融機関の損失は約97兆円となり、アメリカ発の世界同時金融危機へと発展しそうな気配だ。対策としては、政府による不良債権の買い上げと公的資金の注入が最も効果的であると考えられており、G7が協調行動することとなった。

今世界では、「日本の経験に学べ」との声が大きいという。1997年三洋証券、山一証券、1998年北海道拓殖銀行の破綻に始まる「日本発金融恐慌」の危機を思い出す。あのとき日本も「住専」に隠されていた大量の不良債権が発覚したのだった。橋本総理の時だ。あのとき自民党政権は1998年2月に「金融安定化二法案」を成立させたものの7月の参議院選挙で敗北。社民とさきがけが政権離脱し単独少数政権となり、小渕総理に引き継がれた。小渕総理は、自由党、公明・平和・改革との連立協議を進めていくなかで、ようやく10月に「金融健全化法」「金融再生関連法」が成立。金融機関の破綻前の公的資金注入と貸し渋り対策が打ち出されたのであった。

その後、政治は自自公連立へと進んでいく。

当時の日本にも「なぜ私企業である金融機関が破綻するからといって税金を使うのか。中小企業が破綻しても税金の注入はないのに。」とか「金融機関の社員は高給取りだ。まずは行員の給料を減らせ」などの当然の批判はあった。今のアメリカにも同じ批判がある。しかし現在、公的資金の注入に反対する人は日本にそう多くはないであろう。なぜなら、金融機関という企業を救うことが目的ではなく、日本の経済、預金者の預金、さらには国民の生活を救おうとした措置であったことが、今では随分と理解されてきたからだと思う。

さて今日言いたいのは、当時、公的資金の注入に最後まで反対した政党、政治家、マスコミに登場していた自称専門家などがいたはずだ、ということなのである。政府の対応をなじり、国民の不安を掻き立て、うけを狙って勢力を保とうとしているこうした人々。彼らは、当時のことを、今、どう総括するのだろうか。是非聞いてみたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見苦しい石井一

参議院の「予算委員会」で民主党の石井一が、創価学会と公明党の関係についての質問をしていた。まったくもって見苦しい。

この手の主張は1970年から公明党・新進党の対立勢力からいつも唱えられてきた。1970年には公明党に勢力を逆転された民社党・共産党から、1994~1998年には55年体制をひっくり返されて一度は政権を明け渡した自社さ連立政権の自民党から。1999年には自自公連立政権成立前後に民主党や社民党から。

自分が創価学会の支援を受けている間は何も言わずに、対立勢力になったらガチャチャいいだすのである。小沢一郎は細川連立政権と新進党で、菅直人は細川連立政権で、鳩山由紀夫も細川連立内閣で、石井一は細川連立内閣と新進党で、みんな公明票を当てにしていたときには何も言わないで、今敵になったから騒いでいる。

だいたい騒いでいる内容が30年前といっしょ。何も変わってない。そしてこの30年間公明党は存在し、与党として活動している。問題があるなら選挙の前だけ騒がないで、行政裁判にでも何でもかければいい。できないから選挙前だけ騒ぐ。きたない党利党略だ。

「証人」として呼び出そうというのが、矢野絢也と福本潤一。矢野は明電工汚職疑惑で公明党に迷惑をかけて引退した男だし、福本も突然公明党を離党した男。どちらも創価学会の票で国会議員になりながらその期待を裏切った男だ。学会員に顔向けできない過去がある。ましてや裁判の名誉毀損で係争中だとか。国会への証人喚問など司法への介入にならないのか。

あー、見苦しい。政党は政党らしく、政策論争で勝負してくれ!情けない!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

子ども達のイモ畑 なんだか臭うぞ

子ども達のイモ畑を行政代執行で摂取され、2週間後に予定されていた行事が踏みにじられた、という事件が報道された。

なにか変である。

行政代執行が行われるのはよっぽどのことである。この土地が自動車専用道路の建設予定地になったのはだいぶ以前のことのはずだ。行政代執行の連絡があったのは最近だと言うが、立ち退きの話はもっと前から切実なものだったはずだ

何故今年もそこにイモを植えたのか?本当に子ども達のことを考えるのなら、私なら子ども達が傷つく可能性のある、そんなところにイモを植えたりしない。

大人の「戦い」に子どもを巻き込んだのではないのか?

接収作業の最中にメガホンをもって「そこだけは掘らないで」と叫んでいる人がいた。

何故メガホンを持っているのか?

子ども達が泣き叫ぶシーンが写っていた。

何故子ども達を連れてきたのか?子どもが傷つくではないか!

豊郷小学校問題の時と同じ空気を感じる。あのときは、本当の主役であるはずのこどもたちと教師を押しのけた「住民」たちが「由緒ある校舎を使え」といいだし、町長が校舎をつぶしにかかったその場所に子ども達を連れてきた。騒ぐだけ騒いで子どもを泣かして、今では校舎の保存で満足しているらしい。私は運動の指導者に「旧校舎は残して新しい子ども達のために本当に役に立つ校舎を造ればいい」と提言したが、「それは町長に荷担する理論」と一蹴された。あれはどこにいったのか?本当の目的は何だったのか?

マスコミもこんなことで騒がぬがいい。誰かさんに利用されてるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »