« 『嫌韓流2』を覗いてみた。 | トップページ | 政教分離、再び »

政教分離と『政教分離』

国政選挙前になると、政教分離、政教一致という言葉が飛び交う。公明党と創価学会との関係を批判するのに使われることが多いようだ。しかしこの言葉、憲法をまともに学んだ人間からみれば、間違って使われている。ここで少し整理してみたい。

○日本国憲法の政教分離

日本国憲法の政教分離原則は、二〇条1項後段、3項と八九条がこれにあたるとされている。

二〇条1項後段「いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上

       の権力を行使してはならない。」

二〇条3項  「国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動

       もしてはならない。」

八九条    「公金その他の公の財産は、宗教上の組織もしくは団体の使用、便益若しくは維持のため、(中略)これを支出し、又はその利用に供してはならない。

政教分離という言葉は条文にはなく、厳密には「国家と宗教との分離」(橋本公亘著『日本国憲法』233頁など)であるので各種辞書などには国教分離でもよいとなっている。いやむしろ国教分離としないことが勘違いを生む原因となっている。政党と宗教団体の分離ではないのだ。

さて、二〇条後段の、国から受けてはならない「特権」とは「他の宗教団体に比べて、あるいは一般の国民・団体に比べて、特別な利益のこと」(芦部信喜著『憲法』151頁)。ちなみに宗教法人に対する非課税措置は、他の公益法人や社会福祉法人も同様なので、特権に含まれないと考えるのが定説である。

また、行使してはならない「政治上の権力」とは、「立法権・課税権などの統治的権力のこと。政治活動そのものではない」(同書152頁)。芦部信喜著『憲法』が司法試験のバイブルと評される書物であることはよく知られている。芦部氏は『憲法学Ⅲ』で、佐藤功氏の、「政治上の権力」とは「政治上の『権威』とでもいうべき観念」であり「宗教団体が政治的権威の機能を営んではならないという趣旨」、という説を「政治的権威の機能」の意味が不明確で拡大解釈すれば逆に宗教団体のみを不当に差別することになる、という趣旨の反論をしている。また、「宗教団体が政党を組織しその他積極的な政治活動によって政治に強い影響を与えることを禁止する趣旨」とする田上穣治氏の説にも、同様の疑問を投げかけている。また、野中俊彦他著『憲法Ⅰ』(いわゆる四人本)は、両説へのより詳しい反論を掲載している。

(田上穣治氏はキリスト教徒であったらしいが、どうも宗教団体に対する偏見が強い。「宗教団体の政治活動は、(中略)他の政治団体がその信仰に帰依しないかぎり、容易に妥協を許さない性格をもつから、民主政治が自由な討論によって一致点を見出し、採決において少数意見が多数意見に服するための前提としての、同質性に反する」つまり、宗教団体は民主主義的でない、と言いたいらしい。完全な偏見。単なる個人的な感想である。そんなものに立脚して論を立てるのは学者としてどうかと思う。)

ちなみに、内閣法制局も「宗教団体の政治参加は問題ない」としているし、第90回帝国議会いわゆる成憲議会でも同様の確認がされている。また、「宗教団体の政治参加を禁じる」法律はないし、そのような裁判所の判決はでていない。三権とも「問題なし」としているのである。

以上で、宗教団体の政治参加は政教分離原則に反しないことが分かる

○公明党と創価学会の『政教分離』

日本にはもう一つの『政教分離』がある。それは「公明党と創価学会が人事と財政を分離した」ことである(以下『政教分離』と表現する)。1969年、言論出版妨害事件をきっかけに、公明党に議席数を追い越された共産党と民社党などの野党を中心に、公明党と創価学会が『政教一致』であるという批判が起こった。上記に見たように、憲法の常識から考えれば創価学会が公明党を支援することには何の問題もない。しかし、当時の公明党・創価学会のなかには「国立戒壇」の建設や「王仏冥合」を理想とする考え方があった。学会は「現代的に解釈すれば政教一致的な主張ではない」というが、少なくとも言葉は仏教用語であるし、政府資金で「国立戒壇」をつくるべきだと考えていた学会員もいたようである(これはもちろん憲法違反)。そこで池田大作会長(当時)が、197053日に、世間を騒がせ誤解を与えたことを謝罪するとともに、学会内の考え方を見直し統一した上で、公明党との人事と財政の分離を宣言したのである。これが公明党と創価学会の『政教分離』で、公明党と創価学会の関係を見直したものであり憲法の政教分離とは全く次元が違う。公明党と創価学会はみずからの内部改革としての『政教分離』をしたのであって、それ以前も以後も創価学会が公明党を支援することは憲法上なんの問題もないのである。もちろん他の宗教団体も支援活動をしてよいし、実際にしている。口をきわめて公明党批判をしている石井一民主党副代表も崇教真光から支援してもらっている。)

この二つの次元の違う政教分離が混同されて世間で論じられているのだ。いやその正当性を知っているくせに、公明党の対立勢力は政敵を追い落とすためにこうした批判を繰り返すのである。そしてもらえるときには黙って票をもらう。

政治家とはいかにいやらしい存在なのか、痛感する事例である。

憲法学を少しでもかじれば分かることである。

国民は政治家とマスコミのウソに騙されず、正当な議論をしなければなるまい。

|

« 『嫌韓流2』を覗いてみた。 | トップページ | 政教分離、再び »

コメント

創価学会の選挙活動でおかしいと思う点としては
・創価学会一丸となり布教活動と合わせて公明党の選挙活動を行う。またその行為を宗教的にも善行として捉え反論させない。
 =極端な言い方をすれば公明党候補者以外を応援することは自らの信仰を否定(=自己否定)することにつながり教義に背く(自らの幸福を放棄する)というような脅迫観念が生まれる。
・公明党候補者(あるいは公明党として)の政策・思想が見えてこない。
 =創価学会に対して叛意を示さない限り安定した票数が確保できるため一般向けの施策を打ち出す必要がない。即ち政策云々よりいかに創価学会に対して従順であるかで当選が決まる。

学会員の選挙活動を熱心とおっしゃいますが学会員の選挙活動において公明党候補者の政策を語っていることをほとんど聞いたことがありません。
「次の選挙では公明党に投票してくださいね」「公明党が躍進すれば日本が良くなる」程度です。
何故?誰にとってどう良くなる?
その理解がないままただ盲信的に公明党は良い政党ということだけを教えられている。どういう方向に日本を向けようとしているのか全く理解していないし理解しようともしていない。
そういう票が集まったのが公明党です。
だからそのような創価学会の方針に従い思考停止した人の票を生み出す活動には賛意を示せないと申し上げております。
上記の点はどのようにお考えですか?
またyossy様は創価学会に詳しいようなので選挙時に学会からどのような指示が出ているのかをお聞かせいただければ参考にしたいのですが。

以下は個人的な感想となりますが
池田大作氏を現人神のように崇めている現在の創価学会という団体は絶対に容認する気にもなれませんし
そういう団体が立ち上げ、その大部分の票が宗教的洗脳によって成り立っている政党を支持する気にもなれません。
前にも書きましたが私はそういう立場です。

投稿: 通りすがり | 2008年11月15日 (土) 14時39分

すいません。
改めて思いなおせばわざわざここで書くような内容ではないですね。
コメント削除してください。
御手数をおかけします。

投稿: 通りすがり | 2008年11月15日 (土) 15時34分

通りすがりさん、コメントありがとうございます。あなたのおっしゃる通り、コメントの内容は私の記事とは違う次元のものですので、お答えする必要はないと思いますが、あえてコメントを読んだ私の感想を申し上げます。
公明党の政策が見えない、とおっしゃっていますが、マニフェストも発表していますし、私の周囲には政策を語る支持者もいらっしゃいます。その視点は今までの政党とは違うと思いますが。公明党は「庶民の政党」であるということを前面に出していますから、福祉など庶民の感覚に近い政策を提唱するので、政治や経済のプロを自称する方々からはバカにされ続けてきています。なにしろ公明党が創立当初に「政治に福祉を」と訴えた時には政界・マスコミこぞって冷笑したと聞きますから。でも今では福祉を無視する政治家はいません。私はこの汚い政界の中で公明党は頑張っていると思いますよ。
私は日本の社会に、公明党については政策の評価よりも悪いイメージが先に語られる風潮があることが、不思議でしかたがありません。こういうときは政敵が情報を振りまいて世論操作をしていることが多いのです。そうしたことに載せられている人が多いのではないでしょうか。
創価学会のことについても、一度近くにおられる若い会員とお話になられてはいかがとかと思います。私はいかなる思想の持ち主をも拒否せず、一度は話をすることにしています。そこから世間のウワサと違う評価を得ることも多いです。学会にも魅力的な人物がいますよ。池田氏の書物も何か読まれることをお薦めします。日本でこの人ほど賛否が極端に分れる人物はいません。小さな日本です。賛否が分れる人物は何か日本が思いもよらぬ大きなものをもっている事が多いです。買わなくても図書館で借りればタダですから。

投稿: yossy | 2008年11月15日 (土) 18時18分

yossyさんはじめまして

ネットで知った世羅高校の土下座事件(?)について検索していたところ、こちらのブログの存在を知り、「韓国修学旅行で土下座って本当?」・「『嫌韓流2』を覗いてみた。」など拝見させて頂きました。
世羅高校の土下座事件に関してはブログを拝見するまで「そのような事実があったのか?」ではなく、「どのような事実であったのか?」と前提となる事実の有無には何の疑問も持っていなかった自分に気づかされました。ありがとうございます。

政教分離については公明党と創価学会の関係が憲法違反でないことはまぎれもない事実だと思います。憲法の政教分離規定は、信教の自由を確保するための手段であるというのが判例の立場なので、公明党と創価学会の関係を違法とすると、憲法の趣旨とは真逆に解することに他ならないと思いますし、そうなると無宗教の人しか政治に参加できなくなってしまいます。

私は世羅高校の土下座が事実だと信じられてしまうことや、公明党と創価学会が政教一致だと考えられてしまうことの背景には、それらを信じてしまう人々の頭に恐怖からくる思い込みがあるからだと思います。

極端な民族主義であり反日感情が根強く残る韓国では、高校生が土下座させられる事はあり得るという思い込み。

日蓮正宗関係者等に対する学会信者が起こした事件やヨーロッパ等でカルト集団とされている創価学会は悪であり、公明党との繋がりも違法ではないかという思い込み。

これらの思い込みは、得体の知らないものへの恐怖が生み出すものだと思います。
よくわからないからと否定や恐怖するのではなく、yossyさんのおっしゃる通り、まずは相手を知ろうとすることが重要だと思います。

私が出会った韓国人の方々はとてもいい人が多かったです。中には嫌な人もいましたが日本人にもそれ以上に嫌な人はたくさんいます。
学会員の方は2人(ご夫婦)しか知りませんが、奥様に嫌なことをされた経験が数回あります。旦那様はとても良い方です。

しかし残念ながら韓国や創価学会に対する恐怖は払拭できていません。

投稿: 山本 | 2009年1月 6日 (火) 02時16分

読み返してみると、最後の一行嫌な感じで終わってますね・・
すいません。
未だその国や団体への恐怖を払拭できる程度の理解ができていないということで、決して拒否や否定をしているわけではありませんので・・
失礼いたしました。

投稿: 山本 | 2009年1月 6日 (火) 02時28分

山本さん、コメントありがとうございます。
私たちを思いこませる仕組みは、この世の中にまだまだ転がっているようです。例えば、派遣労働者がたくさん解雇されている状況をすべて労働者派遣法で派遣労働を認めたせいにしているマスコミの報道などもそうかと思います。冷静に考えてみると、派遣労働を禁止すれば今の派遣労働者はどこに雇われるのでしょうか?全員が正社員として雇われるのでしょうか?まさか!このことについてはもう少し研究してから記事にしたいと思っています。

また、山本さんのコメントにありました
>日蓮正宗関係者等に対する学会信者が起こした事件

例えばこの情報も鵜呑みにはできない週刊誌情報で、週刊新潮などの週刊誌は多くの事件で全面敗訴しています。つまり事件自体がなかったものが多かったりします。

>ヨーロッパ等でカルト集団とされている創価学会、

フランスで学会をはじめとする日本の多くの宗教団体がカルトとされたのは事実ですが、イスラム教徒のスカーフ禁止事件を機会にして、キリスト教社会が当たり前であったフランス社会が非キリスト教に対する過剰反応を起こしたもののようです。現在はそのカルト規定自体が有名無実になっているということを宗教学者の本で私も最近知りました。

もしかすると自分にとって都合のいい情報を振りまくのが人間の常なのかも知れません。それだけにメディアリテラシーの能力は本当に必要ですね。

学会がいいところか悪いところか。唯一確実な判断基準は、私たちの周囲の会員が成長しようとしているか、前向きに生きているか、幸せそうか、ということだけのような気がします。

投稿: yossy | 2009年1月 6日 (火) 13時33分

yossyさん丁寧なお返事ありがとうございます。
カルト規定の現状については初めて知りました。知らない内に物事を一つの方向から見ている(見させられている?)自分に改めて気づかされました。

週刊誌が民事裁判で敗訴していることは知っています。中には勝訴(学会側の請求棄却)という裁判があったことも知っています。

昔、恩師に「民事裁判は真実を追求する場ではなく、いかに自分の言い分を証明できるかを競う場だ」と言われました。
そのため、私は民事裁判の勝敗で当事者の善悪や真実は判断できないと考えています。
だからこそ、創価学会の勝訴という事実が私の中で『得体の知れないものへの恐怖』の払拭にはつながらないのです。

刑事裁判についても、人がかかわる以上冤罪は0にはなりません。そのため、有罪判決が真実に基づいたものなのか私にはわかりません。また仮に、学会関係者が犯罪を犯したとしても、それで学会全体が悪であるとも言えないと思います。

しかし、学会関係者の起こした刑事事件が報道されない・学会の組織ぐるみだとの疑惑があることもTV等で報道されないと、私の恐怖心は増長してしまうのです。
その増長した恐怖が、ネット等ではなく実際の現実社会で会員の方と積極的に接触することをためらわせてもいます。

と、ここまで見ると批判してるようにしか見えませんね。ただ私は人並み外れた臆病者で、それに加えて悪い情報ばかり触れているのかもしれません。

自分の信じているものや、大切にしているものを信じないばかりか「恐怖」などど言う私はyossyさんにしたら迷惑な存在ですね。
一応自分なりに慎重に言葉や表現を考え書き込んでいるつもりですのでお許し下さい。

投稿: 山本 | 2009年1月 7日 (水) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/43047950

この記事へのトラックバック一覧です: 政教分離と『政教分離』:

» 橋本君またまた凄い発言やがな。 [ほん〜〜ま〜アンニョイ]
日の丸? 君が代? 学べって? そりゃ駄目だわ。 黙るべきとこでは黙らないといかんわ。 ほんま私達にとってはどうでもえ〜とこを公で言っちゃうからな。 朝日新聞を叩きたいなら、叩けば良い! 日教組を叩きたいなら、叩けば良い! しかし、大阪府の知事として、教育と思想を同時に公の場で語るのはいかんだろ! 駄目知事だ。 そして、こんなことを取り上げる朝日新聞も、大人の社会も、このブログと同じ低品質だ。 私が高校のときも、中学のときも、誰が日の丸や君が代を気にした... [続きを読む]

受信: 2008年11月 9日 (日) 02時12分

« 『嫌韓流2』を覗いてみた。 | トップページ | 政教分離、再び »