« ニュースは解説しろ! | トップページ | いわゆる「派遣切り」について »

ケイタイと学校 2

私の現在の赴任校は県内上位に位置すると巷間言われている進学校である(正直そんなに優秀だとは思わないが)。生徒は傲慢だが理解力が高く、情に薄いがある程度自律している。そういう学校はだいたい生徒の自由度が高い。教師が管理しなくても生徒が自分で自己管理するからである。

そうした背景から、本校では携帯電話の持ち込みは自由である。ところが今年4月以降、授業中に携帯電話が鳴ることがあまりに多いということで指導を入れようということになった。結果なんと、すべて集約すると現在までの指導件数は80件もあった。

原因は

①業者からのメールがきた(定期購読のメールを含む)が最多。マナーモードは解除していた。

②アラームの設定を間違えた。または電源を切っていたのにアラームが鳴った。

③他人から電話がかかった。メールが来た。

④自分で使った。

の順で多かった。

実は、本校で「指導する」と宣言してから、生徒はかなり気を使ってきた。しかしそれでも授業中に携帯は鳴るのである。①と②は生徒の責任もあるがケイタイ自体の問題でもある。機種によっては電源を切ってもアラームが鳴る設定になっているのだが、全く理解に苦しむ。業者は顧客の置かれている状況をいちいち考えているような暇はないのでいつでもメールを送る。それならケイタイの基本設定はマナーモードにして販売するべきだし、音が鳴るのはしばらくすれば解除されるくらいの設定でいいのではないか。携帯電話を販売する業者は自分たちが販売している品物が社会に迷惑になっているという意識が低いのではないか!

実際、センター試験の受験会場でアラームがなり、しかもスヌーズ設定だったので最悪の事態となった例が本校でもあったのである。原爆を開発したのは悪ではなく、使ったやつが悪だ、という論法もあろうが、アインシュタインのように開発した者の自己責任を意識するのが現代の潮流ではないのか。(2chにも聞かせたい)

ケイタイは世間に迷惑を振りまいた!携帯各社はこれを事実として受け止めなくてはなるまい。

今のご時世、子どもに携帯GPS、家庭と連絡の取れる携帯電話、携帯メール機能、携帯警報ベルは必要だと思う。しかし、携帯パソコンに近い現在のケイタイの機能すべては必要あるまい。コミュニケーションの欠如、イジメの温床、マナーの欠如につながり、社会問題化していることを携帯各社はもっと強く自覚するべきである。

生徒達だけではない!大人も携帯をコントロールできていない現状にしばしばうんざりする。卒業式の心を込めた呼名の時に鳴り響く携帯の音に、何度腹が立ったか。コンサートの静寂のなか携帯が鳴り、あまつさえ「はい、もしもし」と出てしまう大人もいた。

もはやユーザーの能力の問題ではない。

携帯電話自体が使いこなすことのできない化け物となっている。

私はそう考えている。

そうした視点から、子どもに禁止するのは賛成である。でも今さにら禁止できるかどうか、というと、不安である。

|

« ニュースは解説しろ! | トップページ | いわゆる「派遣切り」について »

コメント

今回のはえらく極端な論法ですね。
確かにコンピューターの発明以来
電子機器は爆発的なスピードで進化を遂げていますし
次々と登場する新しい機器に人間がついていけていないというのも事実あるかも知れません。

が、

開発者は消費者のニーズに応えているだけだと思いますよ。
そこには善も悪もありません。
法律上は製造物責任法なるものもありますが基本的に製品の欠陥に対して効力を発する法律だと認識しています。
センター試験会場でアラームが鳴った。しかもスヌーズだった。
最悪の例というのは退席させられたということでしょうか。
もしそうだったとしたら御気の毒ですが
それを例に「電源を切ってても鳴り始めるアラーム機能が悪い」と断罪されるつもりですか?
アラームやスヌーズなどの機能を欠陥としてその責任を開発メーカー側に求めるのは暴論だと思います。
(責任を開発側に求めるのが潮流とおっしゃられますが、生死にかかわる問題は別として無知が正当化される為私はその流れを良いとは思いません。)

携帯の使用に関しては使用者側のマナー啓発をもっとするべきでしょうし
メーカー側でも機能規格の統一を図った方がいい時期に来ているのでしょう。
実際MNP以降そういうニーズがあると思うので
将来的にはアラームなどの基本的な
操作に関しては規格統一されるのではないでしょうか。

最後に子供に携帯を持たせるべきではない。というのは同意見です。
しかし私の場合子供の権利は制限されるべきと考えているので貴方とは少しプロセスが異なっているようですが。

投稿: 通りすがり | 2008年12月31日 (水) 12時50分

通りすがりさん、コメントありがとうございます。

>開発者は消費者のニーズに応えているだけだと思いますよ。
そこには善も悪もありません。

メーカー側のそうした甘えた発想が混乱を生んでいるのだと私は考えています。

>携帯の使用に関しては使用者側のマナー啓発をもっとするべきでしょうしメーカー側でも機能規格の統一を図った方がいい時期に来ているのでしょう。

まさにその通り。例えば、JTが喫煙のマナー向上にかなり気を使っているのに比べて、携帯メーカーは今まで何をしてきたのでしょうか。

私は携帯が原因となった数々の事例に接した上で、かなり感情的になってこの記事を書きました。記事中の「携帯電話自体が使いこなすことのできない化け物となっている。」これは私の実感です。実感からすべての発想が始まっていますので、確かに極端な印象を与えるのではないかと思います。

例えばせめて「意識していなければ音が鳴ってしまう」ではなく「意識していなければ音が鳴らなくなる」という設定にはできないのか。携帯が原因の迷惑の責任をユーザーだけに求めるのは片手落ちだ、と私は思うのです。

投稿: yossy | 2009年1月 4日 (日) 12時30分

 初めまして。携帯電話の開発に関する研究を行なっているものです。開発者目線で、いくつか気になった点があります。

>「意識していなければ音が鳴ってしまう」ではなく「意識していなければ音が鳴らなくなる」という設定
>それならケイタイの基本設定はマナーモードにして販売するべきだし、音が鳴るのはしばらくすれば解除されるくらいの設定でいいのではないか。携帯電話を販売する業者は自分たちが販売している品物が社会に迷惑になっているという意識が低いのではないか!

 まず第一に、携帯電話は嗜好品ではなく、実用品です。ビジネスの場でも多く用いられています。
 JTが喫煙マナー向上に特に力を入れているのは、
・嗜好品であること
・独占企業であること
・タバコ自体のCMが打てないこと
・イメージ向上の必要性があること(喫煙に関する規制と収益が直結する)
のような点も無視できない要素として考えられます。一方で、携帯電話各社も(本ブログ記事が書かれた2008年以前においても)、最低限の啓発活動は行なっています。
http://www.pressnet.or.jp/adarc/ex/?dno=d0116
 しかし、"アピールせずとも従来の顧客からの売上が見込める独占企業"と"同業他社との熾烈なシェア争いにさらされる通信事業各社および端末開発ベンダ"の、マナー向上に関する広告量の比較を行うのは少々乱暴でしょう。原爆との比較に至っては、あいた口が塞がりません。開発者の一片として、非常に不愉快です。そもそも、アインシュタインを原爆の開発者とすること自体、大きな誤りだと私は思います。

 更に、先程も申し上げたとおり、今日では、携帯電話はビジネスの場において欠かすことの出来ないツールです。そのため電話を取りこぼすほうが、重大な問題を引き起こす可能性が高いと考えられます。オートマナーモード機能を実装するのは非常に簡単ですが、今度は、「鳴ると思っていたのに鳴らない」ことによって、

>自分たちが販売している品物が社会に迷惑になって

しまう懸念が生まれます。また、電源を切っていても着信する携帯電話はありませんし、電源断状態から起動するアラーム機能のデフォルト値は基本的にOFFとなっています。また、マナーモード状態で電源が切られた場合、次回起動時はマナーモードに自動設定されます。あとはユーザに気をつけて貰いたい、という他ありません。そもそもセンター試験会場に携帯電話を持ち込む必要性を感じません。

>このご時世、子どもに携帯GPS、家庭と連絡の取れる携帯電話、携帯メール機能、携帯警報ベルは必要だと思う。しかし、携帯パソコンに近い現在のケイタイの機能すべては必要あるまい。コミュニケーションの欠如、イジメの温床、マナーの欠如につながり、社会問題化していることを携帯各社はもっと強く自覚するべきである。

 まず、フィルタリングサービスは2008年段階で導入されています。(私は反対ですが)
http://www.tca.or.jp/press_release/2009/0120_290.html
 「携帯電話=インターネット=悪」という古い固定観念をyossy様がお持ちだったのは意外です。もう少し柔軟な方かと。
 インターネットがいじめの温床となっているのは否定しません。しかし、インターネットが無くてもいじめは発生しますし、有れば必ずいじめが発生するわけではありません。インターネットはクラスで共有するノートや、丸められた紙や、水を張ったバケツと一緒です。イジメにも使えますが、それ専用のツールでは無いのです。
 私はインターネットが(現実世界の)マナーの欠如に繋がるという論調もイマイチ納得できません。むしろ、インターネットが必要不可欠な現代社会において生活するために、子どものうちからその世界に触れ、(インターネットにおける)マナーを身につける必要があり、学校側も積極的にそれらを教えるべきでは無いかと考えています。インターネット上で行われている行為も、現実世界とは多少その形が異なるとは言え、「コミュニケーション」です。当然、悪意を持った人間も存在しますが、それは現実社会も同様です。成長期に幽閉されていた子どもが、成長した後に社会性を身につけられるでしょうか。フィルタリングによってインターネットから隔離された子どもが、正しいネットマナーを身に付けられるでしょうか。時代は変わりました。当然、教えるべきことや、規制すべきことも変わるべきだと考えます。

 決め付けや知識不足からなる不当な批判は、常日頃からyossy様が嫌っているものでは無かったのでしょうか。他の記事に比べ、公平性に欠け、理性的とはとても言えないような記事で残念でした。
 長文失礼致しました。

投稿: tanuki | 2012年1月24日 (火) 23時36分

tanukiさん。コメントありがとうございます。さきの「通りすがり」さんに
>私は携帯が原因となった数々の事例に接した上で、かなり感情的になってこの記事を書きました。
とお応えしたように、相当感情的になって書いた文章です。関係者の方の感情を害したことをまずはお詫びします。私の無理解も一部あったようです。お教えいただきありがとうございます。

しかし、携帯電話会社が携帯利用マナーの向上に力を入れる必要がある、という私の思いは今もいささかも変わりません。携帯はあまりに急速に広がりましたので、利用のマナーが確立されていないのは現実です。大人も使いこなせていません。子どもに対しては学校で指導する機会がありますが、私は
>インターネットが必要不可欠な現代社会において生活するために、子どものうちからその世界に触れ、(インターネットにおける)マナーを身につける必要があり、学校側も積極的にそれらを教えるべきでは無いかと考えています。
というご意見に賛同する一方で、「大人社会の中で評価が定まらないものを学校だけの責任にするな」という本音を隠しきれないのです。インターネットや携帯の評価やあり方に対する見解は、教職員のなかでさえ一定していません。学校によっては携帯持ち込み禁止のところもまだあります。インターネットを使えない学校長もいます。
その意味で、携帯電話会社の方から社会にもっとアプローチしてもらいたい。一番詳しい方々なのですから。アリバイ作りのような「最低限の啓発活動」では不十分です。ちなみに私はご紹介いただいたCMを見た記憶はありません。もっと啓発活動に力をいれていただきたい。
また、嗜好品ではなくビジネスに使われているからといって周囲に迷惑をかけてよいものではないと思います。「迷惑をかけたくないのに結果としてかけてしまった」不幸なユーザーをなくす技術面の研究を是非ともすすめていただきたい。
最後に
>「携帯電話=インターネット=悪」という古い固定観念をyossy様がお持ちだったのは意外です。
とありますが、そのような固定観念は持っておりません。インターネットや携帯の発達スピートがあまりに速く、コントロールできないユーザーが多くいること、ユーザーの無知につけこんでそれを悪用する輩が現実にいること、を危惧しています。私もついていけていない無知なユーザーの一人ですので。

本文はしばらく後に改変を加えます。

投稿: | 2012年1月26日 (木) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/43560608

この記事へのトラックバック一覧です: ケイタイと学校 2:

« ニュースは解説しろ! | トップページ | いわゆる「派遣切り」について »