« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

授業料未納者に卒業証書授与するの?

今日(2009年2月27日)、島根県の県立8高校が、「授業料を滞納している生徒には卒業証書を渡さない」と各家庭に通告していたことが報道された。

最初は、「それだけ景気が悪くなった」という報道かと思っていたら、「卒業証書を渡さないなんてけしからん」という報道らしい信じられない!

確かめたわけではないが、全国ほぼすべての高校の学則は、授業料滞納者は卒業させないことになっていると思う。私の過去3校の赴任高はすべてそうだった。私の中ではそんなことは当たり前である。

経済的にしんどい家庭には授業料減免の制度もある。奨学金もある。たいていの学校は、家計の困難な生徒はアルバイトも手続きをすれば認められる。そうした条件の中でどうして授業料の支払いができないのかわからない。

なによりも、それを「弱者の立場」を装って甘やかそうとする報道の姿勢がゆるせない。現在の制度でもどうしても払えない事情がある人がいるなら、その人をフォローする制度がないことを批判し、問題提起すればよい。あれこれ理由にもならない理由をあげて給食費すら払わない保護者がいる時代である。

卒業証書を授与しないことを批判するのはおかしい!

この報道が、ますます無責任で自分勝手な人たちをのさばらせる結果にならないか、本当に心配である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »