« 「黒部の太陽」に感激! | トップページ | 「希望の友」とみなもと太郎の思い出 »

小沢の居座りはみっともない。

民主党の小沢代表が、公設第1秘書の逮捕立件にもかかわらず代表の座に居座り続けている。

理解できない。

政治家個人は企業から政治献金を受けてはならない。これが現在の法律。小沢事務所の陸山会は、企業の隠れ蓑のダミー政治団体から巨額の献金を受けていた。実質的には企業献金だった。これはみなが認めている事実。それを「西松建設がウラにいるとは知らなかった」「やましいことは何もない」という言い逃れをしようとしているのだ。

結果的に企業から個人献金を受けていたという事実をどうするつもりなのか!過去いくつもの政治家の不祥事が「知らなかった」「記憶にございません」でごまかされてきた。そのことを国民は知っている。それをまた繰り返そうというのか!

本当に知らなかったとしても、結果としてまずかった、と身を引くべきだ。それでこそ「いさぎよい」。そして決然と自民にもいる同様の議員を攻撃すればよい。

それなのに、「企業献金は全面禁止に」と突然矛先を変えてみたり、「たいした罪ではない」と開き直ってみたり、「検察の国策操作だ」などと八つ当たりしたり。実に往生際が悪い。

そもそも検察の逮捕の時期が悪いというが、政治家の罪が明らかになればその都度逮捕・立件して欲しいというのが国民の率直な思いではないのか。選挙が近いのに政局に影響のある逮捕は不自然」などという理屈は、事情通のしったかぶりのいうことで、国民感覚からは全くずれまくっている。小沢総理が誕生してから立件されたらもっと大きな問題になったはず。それとも総理になればもみ消せたとでもいうのだろうか。民主党が検察と与党をひっくるめて批判するのを聞いていると、逆の意味で政治から検察への圧力に見えてしまうのは私だけだろうか。

小沢では日本は変えられないな、それを擁護する民主党でも変えられないな、そういう空気が日本国中に蔓延してきている。日本の政治危機をどう救うのか。岐路にさしかかっている。

|

« 「黒部の太陽」に感激! | トップページ | 「希望の友」とみなもと太郎の思い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/44482988

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢の居座りはみっともない。:

« 「黒部の太陽」に感激! | トップページ | 「希望の友」とみなもと太郎の思い出 »