« 週刊誌の終焉 | トップページ | 小沢の居座りはみっともない。 »

「黒部の太陽」に感激!

久しぶりに感激した。ドラマ「黒部の太陽」である。

原作も読んだし、現地にも行ったことがある。修学旅行では生徒を連れて行った。プロジェクトX「厳冬 黒四ダムに挑む」も買って見た。黒部ダムの売店に「このビデオをなぜ売らないのか」と文句をいったら半年後に行ったら売っていた。あとは石原裕次郎の映画だけ。ビデオにはしない、という遺言だそうだから諦めていたら、先日特別公開があったが、見られなかった。それだけに今回のドラマは楽しみだった。

「黒部の太陽」のストーリーは、熊谷組の大町トンネルの工事に特化している。それだけでもこれだけの迫力。感動である。黒部川第4ダムの工事はそれだけではない。辺境の地に越冬までして、大町トンネルの向掘りとダム本体の工事をした間組。他にも大成建設、鹿島建設、佐藤工業なども大きな役割を果たしていることはを忘れてはならない。現在観光客でにぎわうアルペンルートも、立山側からの資材搬入のためにブルドーザーで開削されたルートだ。

この工事で多くの尊い命が失われた。この工事以外にもそういう事はあっただろう。そのおかげで現在の日本の繁栄があるということは絶対に忘れてはならない。本当にすなおにそう思う。

(先の大戦についてもそのように美化して言う人がいる。しかし、違うのは指導者の質である。日本の戦争指導者には、「国民のため」という視点が欠けている。犠牲者が増大すると分かった時点でそれを防ぐべきだったのに、イデオロギーにとらわれて、いかなる対処もしていない。むしろ死ぬことを美化し奨励さえした。ノスタルジーにとらわれて、本土決戦などという実現不可能なことを声高に叫び、東京大空襲も沖縄戦も原爆の投下も防ぐことが出来なかった。特攻隊や戦艦大和の出撃などのまったく無意味な戦法を強行し、多くの若者の命をムダに失った。わたしは欧米列強の横暴にも怒りを感じているが、日本の無能な戦争指導者は東京裁判などという連合国の手による裁判でなく、日本国民の手によってこそ裁かれるべきだったと思っている。)

「偉大なる人々の心は地上の星である。もし我らの地球を上から眺めるならば、それらの心が空の星のごとく燦然と輝いていることであろう」 ハイネ

かつて多くの地上の星とよべる指導者がいた。そして今もいるとわたしは信じている。

|

« 週刊誌の終焉 | トップページ | 小沢の居座りはみっともない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/44437572

この記事へのトラックバック一覧です: 「黒部の太陽」に感激!:

« 週刊誌の終焉 | トップページ | 小沢の居座りはみっともない。 »