« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

松江へ行って来た。

先日、島根県松江へ行ってきた。高速の休日1000円を活用して、格安の料金はうれしい。今まで行けなかったところにも足を伸ばそうと思うものである。

しかしおどろいたことがある。中国道から米子道へ。米子インターで降りて、山陰道米子道路へ。この山陰道。最初は無料区間。自然に山陰道安来道路に入りここは有料。さらに松江バイパスに入ると無料。さらに行くと山陰自動車道に入って有料となる。この間料金所以外になんの障害物もない一本の道路である。この不自然さは何だ。しかもこの山陰自動車道は斐文町というところですぐにとぎれ、出雲までさえも行けないのだ。島根県には西側にも益田、江津や浜田という都市があるが、浜田が浜田自動車道で広島とつながっているだけ。つまり、島根県を横断する高速道路はないのである。山陰自動車道を横断させ、西は山口、東は鳥取とつなぎ、兵庫まで行けるようになれば、県内だけでなく他県との交流も進むだろうと、素人でも想像できる。なんと不便なのだろうか。

この高速道路建設を遅らせている原因は簡単に想像できる。「費用対効果」というやつである。鳥取、宮崎も高知もこのわかったようなわからないような言葉のせいで道路建設を見送られている。今までさんざんもうけられるはずの路線でムダをして赤字を出したせいで、よりもうけが望めない路線は建設しないそうだ。つまり都会生じたひずみを地方に押し付けようということだ。

本来都会でもうけて地方の赤字をカバーするべきではないのか!それが「市場の失敗」をカバーする公共事業の真骨頂のはず。これだから東京目線はダメなのだ。

とはいえ松江の町はきれいだ。松江城は最高だ。便利と引き換えに町が汚れるならもったいないと、矛盾したことを考えるわたしであった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「希望の友」とみなもと太郎の思い出

子どもの頃、すでにキングもチャンピオンもマガジン、サンデー、ジャンプすべて発刊されていた。しかし我が家に配達されるのは「希望の友」であった。当時はよその家と違うことが引け目を感じさせるときもあったが、現在一部ファンから「伝説の少年誌」扱いされていると聞くと少し誇りにも思えてくる。

横山光輝さんの「三国志」は連載当時から読んでいた。コミックスも一巻から買って持っていた。発売当初のカバー意匠は現在のものと違い、一巻と二巻だけは背表紙が白かったのを覚えている。三巻から現在の意匠になりそのときに一巻と二巻も統一された。私は古い意匠が好きだったのでいつまでも持っていた。あれは実家にまだあるのだろうか。「三国志」の前には「水滸伝」も連載されていてこれもコミックスを持っていた(家の近所の医者の待合に今でもあって懐かしい)。

それだけではない。石ノ森章太郎さんの「変身忍者 嵐」、手塚治虫さんの「ブッダ」、藤子不二男さんの「T.P.ボン」など、今から思えば名作ぞろい。たしか「魔女っ子メグちゃん」も連載されていたと記憶している。やはり「伝説の少年誌」なのである。

しかしそれよりも私が幸せだったと思っているのは、みなもと太郎さんの作品との出会いである。みなもと太郎さんは世界の名作をギャグマンガにしてしまう稀有の天才である(最近はちょっとエッチなものも画いておられるようだが)。単にギャク化しているのではない。原作のストーリー展開はそのまま。そしてさらに原作とは一味違った心地良い後味を残すのである。「レ・ミゼラブル」には映画、ミュージカルなどこれを題材にした作品がいっぱいあってそれらもよかったが、私はこのマンガが最高傑作ではないかと思っている。「シラノ・ド・ベルジュラック」「ハムレット」「乞食王子」などの物語も、みなもと太郎さんのマンガで知った。先日ロクサーヌという外国人女性と知り合い、「シラノ・ド・ベルジュラックを読んだことがある」といったらものすごく喜んでいた。みなもとさんのおかげである。みなもとさんは他にも「モンテクリスト伯」をマンガにしておられる。今あげたものはすべて、我が家にコミックスで存在した。

先日のこと。みなもとさんの「風雲児たち」の存在を知った。厳密に言うともともと知っていたが初めて関心を持って読んだ。複雑な江戸時代の人間模様を題材にして、みごとにギャグマンガにしてしまっている。やはりこれは並大抵の才能ではないと思う。なぜこんな人がさほど有名でない作家で収まっているのだろう。もったいない。

この人を「希望の友」と同じように「伝説の漫画家」で終わらせたくない。そういう思いで一文をしたためた次第です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »