« 小沢の居座りはみっともない。 | トップページ | 松江へ行って来た。 »

「希望の友」とみなもと太郎の思い出

子どもの頃、すでにキングもチャンピオンもマガジン、サンデー、ジャンプすべて発刊されていた。しかし我が家に配達されるのは「希望の友」であった。当時はよその家と違うことが引け目を感じさせるときもあったが、現在一部ファンから「伝説の少年誌」扱いされていると聞くと少し誇りにも思えてくる。

横山光輝さんの「三国志」は連載当時から読んでいた。コミックスも一巻から買って持っていた。発売当初のカバー意匠は現在のものと違い、一巻と二巻だけは背表紙が白かったのを覚えている。三巻から現在の意匠になりそのときに一巻と二巻も統一された。私は古い意匠が好きだったのでいつまでも持っていた。あれは実家にまだあるのだろうか。「三国志」の前には「水滸伝」も連載されていてこれもコミックスを持っていた(家の近所の医者の待合に今でもあって懐かしい)。

それだけではない。石ノ森章太郎さんの「変身忍者 嵐」、手塚治虫さんの「ブッダ」、藤子不二男さんの「T.P.ボン」など、今から思えば名作ぞろい。たしか「魔女っ子メグちゃん」も連載されていたと記憶している。やはり「伝説の少年誌」なのである。

しかしそれよりも私が幸せだったと思っているのは、みなもと太郎さんの作品との出会いである。みなもと太郎さんは世界の名作をギャグマンガにしてしまう稀有の天才である(最近はちょっとエッチなものも画いておられるようだが)。単にギャク化しているのではない。原作のストーリー展開はそのまま。そしてさらに原作とは一味違った心地良い後味を残すのである。「レ・ミゼラブル」には映画、ミュージカルなどこれを題材にした作品がいっぱいあってそれらもよかったが、私はこのマンガが最高傑作ではないかと思っている。「シラノ・ド・ベルジュラック」「ハムレット」「乞食王子」などの物語も、みなもと太郎さんのマンガで知った。先日ロクサーヌという外国人女性と知り合い、「シラノ・ド・ベルジュラックを読んだことがある」といったらものすごく喜んでいた。みなもとさんのおかげである。みなもとさんは他にも「モンテクリスト伯」をマンガにしておられる。今あげたものはすべて、我が家にコミックスで存在した。

先日のこと。みなもとさんの「風雲児たち」の存在を知った。厳密に言うともともと知っていたが初めて関心を持って読んだ。複雑な江戸時代の人間模様を題材にして、みごとにギャグマンガにしてしまっている。やはりこれは並大抵の才能ではないと思う。なぜこんな人がさほど有名でない作家で収まっているのだろう。もったいない。

この人を「希望の友」と同じように「伝説の漫画家」で終わらせたくない。そういう思いで一文をしたためた次第です。

|

« 小沢の居座りはみっともない。 | トップページ | 松江へ行って来た。 »

コメント

通りすがりの者です 今頃すみません
うちも「希望の友」をとっていましたよ!
そして 小学校の理科支援員です!
そして「みなもと太郎」先生のマンガが読めてよかったと思っている1人です
突然すみませんでした

また寄らせてください

投稿: ねこやま | 2009年9月17日 (木) 20時56分

ねこやまさん、コメントありがとうございます。同好の士の存在はうれしいものです。
一学期に幕末を教えるのに、みなもと太郎先生の「風雲児たち」は相当役に立ちました。生徒達にも推薦したのですが、なにぶんストーリー展開が遅いのが玉に瑕です。もっともそれだけ多くの場面を描かないと幕末という動乱期を活写したことにならないということなんでしょう。
繰り返しになりますが、この先生のすごさはそれをギャクまんがでしてしまうことにあるのだと思います。これがシスアスだとしんどくて読み切れない。石森章太郎先生の「日本の歴史」は説明が多すぎるし。
やっぱりみなもと太郎はすごい!と改めて思います。

投稿: yossy | 2009年9月23日 (水) 10時45分

そういえば、幼い頃に希望の友読んでましたね、今でも憶えているのが、連載モノではなく読切りマンガで、不死身の男だったかな?撃たれても死なないのですがラストでは、ジープごとバズーカで撃たれて身体がバラバラに吹っ飛んでしまいますが、生きていて苦痛の呻き声がしてて怖かったです。もう一つが映画のカサンドラ・クロスを元にしたマンガです。当時10歳くらいでしたが、なかなかよく描けていて後に映画を見て理解もしやすかったですね、あの頃スクーターのCMで、ソフィア・ローレンがラッタッター!と言ってたのでラッタッターのおばさんだ!と妙に嬉しかったです。

投稿: しろぬこ | 2009年10月21日 (水) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/44660845

この記事へのトラックバック一覧です: 「希望の友」とみなもと太郎の思い出:

« 小沢の居座りはみっともない。 | トップページ | 松江へ行って来た。 »