« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

森田健作のこと

森田健作の剣道二段が自称であるという。言葉の使い方を間違えてはいけない。自称ではない。詐称であろう。

全日本剣道連盟以外に剣道の段位を授与している団体は存在しない。それを彼は「僕の師匠は範士なんですよ。その師匠から『二段をゆるす』といわれた」などと説明しているらしいが、『君の実力は二段に匹敵する』といわれることは激励としてあり得るとして、『二段をゆるす』は江戸時代の道場時代じゃあるまいし、あまりの時代錯誤に驚く。しかももしそういう事実があったとしても、選挙のプロフィールに使えないことなど当たり前である。その開き直り方に驚く。

だいたい二段という段位をどのように思っているのだろう。初段・二段は「普及段位」である。励みにするために授与する段位なのだ。中学生以上の人が2~3年継続的に剣道に取り組めば二段に達するだろう。はっきりいえば「ちよっとかじった」程度の段位なのだ。それを選挙に使うという時点で恥ずかしさを覚えるのが剣道をまじめにやってきたものの矜持のはずだ。そもそも高校1年生の時に二段の実力があるのなら実際に二段を取るのが常識だろう。しかし、二段は初段を取って一年後にしか受審できないが、森田は初段も正式には持っていないという。段位をとっていないということは、やめちゃったということか。

森田が師事したのは、奥田芳太郎氏であるという。昭和32年に範士となられている。叔父にあたるとか。森田氏のオフィシャルWEBサイトに明記してあることによると、週末に泊まりに行って庭先で教えてもらった、ということらしい。親戚同士の心温まる風景ではあるが、まじめに剣道に取り組んでいる者からすれば自称二段などとは片腹痛い。

森田は、1992年の参議院選挙で、連合の推薦を受けて当選。なのに1994年に自民党に移り、自社さ連立政権の時の首班指名では村山富市ではなく河野洋平に投票。1998年に衆議院に乗り換え。選挙違反で公設秘書が捕まるなど危ない橋を渡りながら、2000年には公認漏れしたものの無所属で当選。2003年には国会議員への立候補をやめて知事を目指した。その際、無所属を名乗りながら自民党に所属し続けた。はっきり言えば、政治屋で変節漢なのである。

政治資金規正法違反容疑もあった。

「俺は男だ!」に影響されて剣道を始めた人は多い。私もその一人である。森田にしてみたら、「実は剣道をあまりしたことがない」などと言えない雰囲気もあったのではないかと推測する。しかし、それを公的な選挙に使ってはならない。はっきりと経歴詐称ではないか。

こういうことを「どうでもいい」という方もおられると思う。「剣道二段だから知事にしたわけではない」と。古賀潤一郎がペパーダイン大学卒と学歴詐称した事件でもそう言う人がいた。今時の有権者は学歴にこだわって投票しないからいいのではないか、と。しかし問題は、とりもなおさず本人がその経歴にこだわったからこそ詐称したのだという事実だ。古賀はアメリカの大学卒のほうが有権者にうけると思ったから詐称した。彼は学歴至上主義なのだ。森田は剣道二段という印象が自分のアイデンティティに必要だった。その方が有権者に与える印象がいいと判断したのだろう。有権者にとって「どうでもいい」事実だが彼らにとって「どうでもよくない」事実なのだったのだ。つまらないことにこだわってウソまでつく人間が当選してしまったという事実こそが重要なのだ。

剣道をだしに使って経歴を詐称したのだ。剣道に関わる者として、許せない気持ちでいっぱいである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芦浦道を行く

芦浦(あしうら)道という道があったらしい」と聞いて一度たどってみたいと思っていた。

これまでも、司馬遼太郎の『街道を行く』に影響されて、近江の街道をたどってきた。東海道、中山道、朝鮮人街道、西近江路、北陸道、北国脇往還、御代参街道などなど。最近は志那街道や矢橋道などの脇街道の経路をたどってみたりしている。

http://chizuz.com/map/map35271.html 志那街道

http://chizuz.com/map/map35454.html 矢橋道

芦浦道は、マイナーな道である。東海道、中山道などの大道ではないが、湖辺を南北に通る道は他になく、地元の庶民が行き交う道であったらしい。現在は「浜街道」に役割をゆずっている。

芦浦道は、大津市大江で東海道と分岐して、いきなり一部が東レ瀬田工場によって消えているが、その後大萱、新浜、矢橋、御倉、木川、上笠、下笠、穴村を通って芦浦観音寺で有名な芦浦へと抜ける。芦浦からは志那街道を北東に中山道を目指すことも、そのまま北上することもできたようである。

たどってみて分かったこと。とにかく道が細い。道幅はほとんどが2m弱(一間)といったところ。軽自動車でもしんどいだろう。一部は田の畦道と化している。地元の方と話したりもしたが、これが古い道だとは分かっていても、「芦浦道」という道であることは知られていない。忘れられつつある道なのである。

しかし、細い道なのに小学生の通学路だったりする。他に大きな道が出来て車はそっちへ行ってしまいかえって安全なのだろう。志那街道でも同じ現象がある。おそらく伝統的にそうなっているのだろう。

他の街道にはない特徴は、昭和50年代の道標が2つある。この道を消えさせてはならない、という関係者の努力が感じられて感激させられるものがある。他にも道ばたの古く小さな道標、明治初期のものと思われる水準点(主要道路に設置される)が見られ、趣が深い。

周辺に重要文化財が少ないことも、近江の他の街道と異なる特徴である。近江には重要文化財がゴロゴロあって多くが旧道に面している。しかし芦浦道には、矢橋に石津寺本堂と鞭崎神社表門、終点の芦浦に芦浦観音寺があるだけである。文化財にはどうも乏しい。やはり「日常の道」だったのではないかと想像する。

興味のある方は、たどってみて下さい。自転車が最適です。

http://chizuz.com/map/map51194.html 芦浦道

この次は、「山田道」を探してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無責任な「ええかっこしい」

前回、石田英司について書いたが、いいたりないので続きである。もっとも今回は彼に限ったことではない。

ニュースや野党が政府の政策を評価する時の批判方法については一定のパターンがあるのである。

○ETC搭載車の高速道路1000円乗り放題など、第一次的に恩恵をうける人が限られている場合

  「不公平な政策だ!」

○定額給付金や児童手当拡充などのように、第一次的に恩恵を受ける人が広く多い場合

  「バラマキだ!」児童手当拡充の場合は、不公平だ!もあり得る)

○大企業が活性化する政策

  「大企業優遇だ!」

○今回のように中小企業がつぶれないように手を入れると

  まずは「無視」その上で「大企業に手を入れないと結局は中小はよくならない」とのたまう

○選挙前に国民受けする政策を打ち出すと

  「結局は選挙狙いなんでしょ!」 ピーコっぽく)

  これは本当に怖い言葉。国民から思考力とやる気を奪う悪魔の言葉。)

○第一次的な国民への恩恵が見えにくく、効果に時間がかかる政策には

  「国民の声が聞こえていない」「結局は国会の先生方なんかに私たちのことなんかわかるわけないじゃないの」ピーコっぽく)

○公共事業を推進しようとすると(その事業が本当に必要かどうかという微妙な判断には悩まずとりあえず切って捨てて)

  「とにかく無駄遣いだ!」「政治家・官僚と土建屋が裏でつながっている!」

○とりあえず公務員と国会議員の

  「給料を減らせ!」「定員を削減しろ!」

○国債発行を増額すると、政策評価はそっちのけで

  「将来の子孫に負担を残す」

○緊縮財政を引くと

  「国として果たすべき責任は、ちゃんと果たしてもらわないと」

○福祉国家政策には

  「護送船団方式だ」「こんなんじゃ頑張った人が報われない」

○新自由主義的な政策には

  「セーフティーネットは政府の責任」「格差社会だ!」

他にもいろいろある。相互にコメントが矛盾しても彼らには関係ない。その場限りの発言に終始する。時期が違えば忘れられると思っているらしい。古館なんかしょっちゅう過去の発言と矛盾している。

民主党なんか、「児童手当の拡充」にバラマキ批判で反対して「子ども手当」を主張したり、「定額給付金」を否定して「給付付税額控除」を主張している。名前を変えただけだ。与党の年金システムは社保庁の怠慢もあって悲惨なものとなったが、社保庁の職員が「働きすぎないよう」に組合活動してきたのを支えてきたのは民主党。それを隠して批判だけする。民主党の主張する新しい年金システムは相当な増税抜きではとても実現できないが、与党が消費税アップをいうとすぐに否定。国会は議論の場ではなく、悪口とパフォーマンスの場となっている。

とにかく、どういう政策を打ち出しても、それに対する「悪口」はちゃんと用意されているのである。

パターン化されたセリフを言っていれば「ええかっこしい」できるのだから、うらやましい。こういう、口ばっかりで何も行動しない無責任なやつのことを世間では「あいつは評論家だ」という。「評論家」という言葉が「無責任」の代名詞となっているのも悲しい現実だが、今、一億総評論家時代が来ているように思う。

テレビや野党が、みょうに冷めて評論ばかりして責任感ある発言をしようとしない。国民にもこの雰囲気が伝播している。

日本の危機である。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »