« 名言の軽さ | トップページ | 「自民に不満」が「民主に不安」を上回る »

自らの足を引っ張る自民党

つくづく自分の足を引っ張るのが好きな政党だ。
いつも自分の身内を外に向かって批判している。末期症状とまでいわれているのに自ら選んだ総裁のもとでさえ団結できない。自分たちが足を引っ張っているくせに、総理のせいにする。終わったな。
前にも書いたが自民党は自分党であるという。平時ならそれでもいいだろう。ことここにいたってまだこんなにまとまらないなんて。驚きだ。
自民に不満。民主に不安。「取り敢えず一回政権交代してみたらいい」が民主浮上の理由。私はやって見たって無理だと思うから自民よなんとかせよ!と期待してきた。
でももう無理かな?
総総分離論なんか、敗北宣言でしょ。そんなこともわからなくなっているのか。
誰か自民をなんとかまとめろ。
そうしないと大変な政界になるような気がする。

|

« 名言の軽さ | トップページ | 「自民に不満」が「民主に不安」を上回る »

コメント

自民党は本当に末期症状かと

ところで臓器移植に関する脳死が話題ではありますが、人間の死(本来のあるべき姿)の考察して頂きたく思います。

投稿: | 2009年6月25日 (木) 22時11分

どこかで触れようとは思っていました。
別に記事を設ける予定です。

投稿: yossy | 2009年6月26日 (金) 18時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/45435435

この記事へのトラックバック一覧です: 自らの足を引っ張る自民党:

« 名言の軽さ | トップページ | 「自民に不満」が「民主に不安」を上回る »