« 教師と夏休み | トップページ | 久しぶりの日本武道館 »

千葉・殺人連れ去り事件に見るマスコミ

千葉県で、男のストーカーが相手女性の母親を殺し相手を連れ去り沖縄で発見されるという事件が起こった。この事件の報道の仕方を見て思うこと。

☆「○○容疑者が、今、那覇空港に入りました!」「この車が○○容疑者を乗せた車だと思われます。あっ!今、頭から服をかぶった○○容疑者が~に入りました!」こんな実況中継に何の意味があるのだろうか。

☆連れ去り被害者の顔写真を何度も何度も報道する。被害者の顔写真は捜査の手段として公開されていたとはいうものの、身柄が確保された後に電波に載せる必要はあるまい。被害者と加害者が、出会い系サイトで知り合ったという報道とあいまって、被害者バッシングが大きくなる可能性があると思わないのだろうか。

☆この事件はそんなに何回も報道する意味のある事件なのだろうか。誤解を恐れずにいう。殺人事件や誘拐事件は何回も起こっている。事件に国民に対する大きな教訓や問題提起が潜んでいるなら報道すればよい。しかし。今回の事件になにがあるというのだろう。こんな事件を繰り返し報道しているヒマがあるなら、未解決の殺人事件や誘拐連れ去り事件を報道するべきだ!

衆議院選挙が決まって、与党バッシングがしにくくなったけれども、トップニュースは毎日必要。残虐な謎に満ちた事件なら視聴率を稼げるといった所だろうか。

マスコミの情けなさを、またしても痛感する。

|

« 教師と夏休み | トップページ | 久しぶりの日本武道館 »

コメント

世を写すお騒がせ事件はいろいろありますがこれも純粋にストーカーとは言えず教訓があるとすれば世の若い女性達はお手軽に出会ってはキケンだということくらい。ままごとごっこのような同棲を経て起きたトラブルに亡くなられたお母さんは何と娘を諫めたのでしょう。

投稿: neko | 2009年7月29日 (水) 11時56分

nekoさんコメントありがとうございます。
私もその程度の意味しかこの事件から意味を見いだせません。なのに連日のこの報道。それもどこかで忘れたように消えていくのでしょうけれども。

投稿: yossy | 2009年7月30日 (木) 07時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/45729837

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉・殺人連れ去り事件に見るマスコミ:

« 教師と夏休み | トップページ | 久しぶりの日本武道館 »