« 年金論議覚え書き | トップページ | あ~、田母神俊雄 »

暗闇に血まみれのおばさんが!

昨日のこと。せまく暗い測道で車を運転していたら、すこし向こうの路面に大きな物体がある。近づいてよく見てみると自転車で転倒したとおぼしいおばさんだった。顔面半分が血まみれで、一生懸命からだを起こそうとしておられる様子。

思わず車から降りて「どうしたん!大丈夫?」と聞いても返事がない。名前もすぐには言えず、電話番号もちょっとしてから思い出された。かなりのショックを受けられたのかな、という様子だった。「何があったんやろう」と、こちらが聞きたいことを自分でおっしゃるような状態。とりあえずご自宅に連絡し、道の脇の看板にもたれてもらい、車を脇へ寄せて救急車を呼んだ。親指と肩の骨が折れているとのこと。病院に搬送されて行かれた。

この時、後から来た若いお兄さんが止まって降りてきてくれて、適切なアドバイスをくれて本当に助かった。何台かの車が見て見ぬふりをしていくのに、ただ1人助け船を出してくれた。本当にありがたかった。

他人から客観的に見ると、私がこのおばさんを跳ねたように見えてもしかたがないところ。正直言って「関わり合いにならないほうがいい」と考えるのが普通ではないか。それでも「ほっとけない」という思いで関わってくれたのだろう。なかなかできることではない。

そこで思い出したのだが、10数年前のこと。夜中に車を走らせていると、白い服を着たおばあちゃんが飛び出してきて、本当にびっくりしたことがあった。道路脇の病院に入院していた方で、「息子夫婦が私を邪険にしてここに入院させている。連れて帰って!」と訴えられていたが、当然どうすることもできず、病院までおんぶしていった。夜勤の看護士さんが、礼を言うわけでもなく不始末を詫びるわけでもなく、「あーそうですか」みたいな感じでおばあちゃんを迎えられたことをよく覚えている

私は今回、助けてくれたお兄ちゃんに感謝してお礼を言った。今回のことは直接自分のことではないが、それでも助けてくれた方にお礼を言うのは当たり前だろう。連絡を受けて様子を駆けつけてこられたご親戚の方もお礼を言って下さった。一つの心使いに様々な心のこもった言葉が行き交うことが、この世の中のいいところではないのか。あのときの看護士さんはなぜあんなに冷たかったのか。今頃ちょっと腹が立ってきた。

我々は、警察からも事情を聞かれ、小1時間くらいでその場を去った。おにいちゃんの車はマフラーをいじっていたと見えて、ボボボボボ-!と大きな音を立てて去っていった。そのギャップが、ちょっとかっこよかったのである。

|

« 年金論議覚え書き | トップページ | あ~、田母神俊雄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/45963616

この記事へのトラックバック一覧です: 暗闇に血まみれのおばさんが!:

» 暗闇の果てで君を待つ [暗闇の果てで君を待つ]
暗闇の果てで君を待つの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「暗闇の果てで君を待つ」へ! [続きを読む]

受信: 2009年8月19日 (水) 05時35分

« 年金論議覚え書き | トップページ | あ~、田母神俊雄 »