« 暗闇に血まみれのおばさんが! | トップページ | それでもやっぱり信用できない »

あ~、田母神俊雄

この程度の男なのか。所詮はイデオロギーに支配され、その範疇でしか物事を考えることしかできない扇動家でしかなかったということだ。

田母神俊雄が「広島の原爆慰霊祭は左翼運動。あそこに広島市民も県民もほとんどいない。原爆の被爆者も2世もいない。並んでいるのは全国から集まった左翼。一部政治勢力が日本弱体化を図っている」などと述べたという。

バカなやつだ。最近人気がいいものだから調子に乗って口が滑ったのだろう。しかし、そういう時に本音が出るもの。そう、かれは日本国民の幸せのことなんか何とも思っていない。単なる軍国主義愛好者、軍国主義マニア。戦艦大和の決死行に感動し、特攻隊に涙するくせに、一般大衆が大量に殺された原爆の大量死には何も感じられない、そこから何かを生み出そうとしない。そういう奴を私は信用しない!

以前にも書いた。

「当時の日本の戦争責任者の日本人に対する戦争責任をはっきりさせろ!」

「大和の出撃や特攻隊などなんの効果もない作戦を立案し、日本の若者を無駄死にさせた責任者をはっきりさせろ!」

「原爆を防げなかった、そこまでに和睦に持ってこれなかった、結果として数十万の無辜の民の命を失った無能な戦争指導者の責任を日本人の手で暴け!」

そもそも軍隊というのは国民を守るためのもの。それが「一億玉砕」「一億総攻撃」などと叫んで国民を巻き込んだ。その時点で軍隊失格。しかも東京大空襲、沖縄戦、2度の原爆と国民から大量の犠牲者を出した。これを誰の責任でもない、などというのはウソだ!戦争の立案者がいて遂行者がいたはずだ!アメリカが東京裁判なんかやったから、その矛盾を取り上げることで日本政府には罪はないと言ってしまう論法がまかり通るようになってしまい本当の戦争責任が見えなくなっている。

戦後すぐの東久邇宮内閣のスローガンが「一億総懺悔」。国内の戦争責任を有耶無耶にしようとする意図が見え見えだ。あれほど国民に犠牲を強いておきながら、責任を国民になすりつけて、軍人のトップは何の責任も取ろうとしてこなかった。国民に謝罪らしきことをしたのは昭和天皇だけだ!

田母神俊雄も同じだ。彼は、かつて日本人を無駄死にさせた歴史を持つ、これから国民を守っていくはずの軍事組織に所属していたはずだ。自衛隊ならなおさらだろう。それが、何の反省もしていない軍の理屈に乗っかって自分と異なるイデオロギーをもつ者を攻撃する。右翼だの左翼だの、イデオロギーの範疇でしか現実を理解できない、そのためには事実でさえねじ曲げる。こういう人はだいたい「日韓併合を日本が押しつけたというのは間違い。韓国も同意したという条約がある。」としながら「日本国憲法はアメリカから押しつけられた。」というのだ。こういうのをダブルスタンダードという。彼の“論文”らしきものにもその傾向が見受けられる。

田母神俊雄、やっぱりつまらない奴だったな

|

« 暗闇に血まみれのおばさんが! | トップページ | それでもやっぱり信用できない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/46030183

この記事へのトラックバック一覧です: あ~、田母神俊雄:

« 暗闇に血まみれのおばさんが! | トップページ | それでもやっぱり信用できない »