« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

「韓国修学旅行で土下座って本当?」再び

韓国修学旅行で土下座って本当?」を書いてから3年が経った。その間様々なご意見もいただいたが、土下座させられた」学校はいまだ出てきていない。やはりそんな学校はなかったのだろう。

時々2ch等で引用されるらしく、突然アクセス数が増えるときがあって面白い。

そうした中で、いわゆる「ネットウヨ」の皆さんが、私の文章に批判されることがある。しかしどうもその批判が次元が低いのである。今回はすこし反論を書いておくことにする。

①「このプログは所詮は単なる2次資料だ」という批判へ。

こういう批判をするひとは、「韓国への修学旅行で土下座させられている」という情報がすべて2次資料ですらない情報で成り立っているということに気がついていない。産経新聞記事には、土下座も慰安婦もなし。あとは真偽不明のプログの書き込みだけ。二つをくっつけて「土下座させられている」と強弁して成り立っている情報なのだ。だからそれしか根拠がないなら「土下座はなかった」というしかない。この理屈が納得できない人は、他に土下座させられたという1次資料を出すしかないでしょう。

「単なる2次資料だ」という人は産経新聞記事が1次資料だと言いたいのかもしれませんが記事を読んでいないとしか思えない。次元が低すぎます。

②「韓国への謝罪行事を批判しているのに、土下座があったかなかったかに問題をすり替えている」という批判へ。

私ははじめから土下座の有無を問題にしており、すり替えなどはしていません。そういう方は私の文章を読んでそれ以上の反論がないのなら、まず「土下座はなかった」ということを認めていただきたい。

その上で私は「世羅高校の修学旅行は謝罪行事ですらない」と述べました。自分の価値観を揺るがしてしまう文章をじっくり読むのは確かにしんどいこととは思いますが、ネットウヨの皆さんには、どうもそこまで読んで頂けていないようだ。それが悲しい。

ちなみに私は、現在の高校生が過去の日本の行為を謝罪することには反対です。当時生きていた大人がやりなさい!高校生にできることは、「過去を乗り越えて手をつなごう」という世羅高校が行った未来志向の訴えだけかと思っている。

ところで気になるのは、それはなぜ韓国日報は世羅高校のアピールを「謝罪」であると報道したのかということ。もしかするとそこには、日本人が行った行為を認めればそれが謝罪であるという発想があるのかも知れない。もしそうなら、なんともおおらかな国民性ではないか。

③私を「ネットサヨ」扱いする人へ。

私の文章を読んで、イデオロギーにとりつかれて情報をねじ曲げてまで強弁する「ネットウヨ」や「ネットサヨ」のような傾向性を感じられる方がいることは心外だ。「ネットウヨ」の方は、私の文章が自分の意見と違うから対立する「ネットサヨ」に分類することで思考停止したいのでしょう。批判するならどこがどうおかしいのか説得力ある反論をしていただきたい。

私は、私の文章が否定される事実に出会えば変更する覚悟は持っている。事実、多くのコメントをいただき文章を修正してきた。

反論、修正のための情報をお待ちしています。

| | コメント (49) | トラックバック (0)

教員免許更新制に意味なし

教員免許更新制が廃止の方向だ。歓迎したい。歓迎したいが賛成するだけで批判されるような雰囲気があることは確かだ。

実際にバカな情けない教師がいることは認める。しかし、そういう教師を排除するためにすべての教師の免許を更新制にした。そこにそもそもの無理がある。無理はどこにあるのか具体的に述べよう。

①そもそもどのような研修をすればいいのか全く検討されていないという現実

今回更新研修を受けられた先生方にうかがったが、内容は全く意味なし。大学の先生が講師をするのだが、大学の先生も何をどうすれば必要な研修になるのか全く分かっていないご様子だったとか。そもそも研修の定員が大学で決まっていて、国公立ほど早く埋まってしまい、有名でない私学は「必ず免許更新しますから受講して下さい」などと宣伝していたらしい。大学の金儲けのための研修なのかと思ったらしい。現場を知らない机上の空論を貴重な時間と金を使って聞くことに何の意味があるか」とのこと。

そう、更新制の受け皿となる大学側の体制は全く整っていないのだ。

②そもそも研修は行われている。

これまでにも各都道府県の教育委員会は、10年目や20年目などの節目に研修を受ける機会を作ってきた。講義形式もあればボランティアもあれば職場体験もあれば授業研修もある。教師にどのような研修が必要か、ということを一番知っているのは都道府県教育委員会ではないかと思う。

更新制にするから免許を発行する大学に行かなければならない。今までの研修制でなぜいけないのか、私には分からない。

③講師をどうするのか

高校の時間割は、転勤が決まって人員が決まった段階で決まる。そこで始めて講師の先生に何人何時間来ていただけばよいかが決まる。年度当初に急に電話をしてお願いするのが毎年のこと。「これからも講師を続ける」と決めて下さっている方は免許を更新されるからいい。しかし実際には講師になる予定のない方に無理矢理お願いしないといけない場面も多いのである。その際に「免許を更新していないから」と断られる場面が増えていくのは目に見えている。

このまま続ければ絶対に混乱する。間違いない。

④そもそも更新研修でおかしな教師はいなくなるのか。

講義を受ければいなくなるのか。木登りをすればいなくなるのか。いなくなる訳がない。こんなものは、文部科学省が世間の批判をかわすために作った言い訳の制度でしかない。

⑤まじめな教師ほど忙しい。真面目な教師から貴重な時間を奪う制度には絶対に反対だ。

私は免許更新制よりも、今の研修制度をより充実させるほうが現実的かつ効果的であると思う。そのためには、現場から離れて、最新の教育理論や実践を聞く時間を、職場体験をする時間を、確保する必要がある。その態勢を整えることをしないで、とりあえず教師自らが免許を更新するという「金のかからない」方法で誤魔化そうとしたとしか私には思えない。

こんなもの早く無くして、もっと有意義な制度を考えてもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »