« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »

子ども手当に思う

政府による子育て支援を批判する人がいるが、私には分からない。子育てに限ったことではないが、少子化対策は優れて国家的な課題であると私は思っている。

子育てに国から手当がでることを「バラマキだ」という人がいるが、「バラマキ」の意味を明らかにしてから言って欲しい。言葉を使っている本人が分かって言っているのだろうか。私には悪口にしか聞こえない。

「私らも子育てしてきたけど、そんなの当たり前。甘えているのではないか」という年配者がいるが、現在の少子化がいかに深刻なものかがおわかりでないようだ。今は、何もかもが拡大していた高度経済成長期ではなく、何もかもが縮小している時代なのだ。

「子どものいない世帯には関係ない」という人がいるが、一次的な意味ですべての国民に恩恵が無くても、国の将来を考えてしなければならないということには取り組むべきなのである。すべての国民に目前の利益がなくても、国の将来のためになすべきことをなすのが、政治の使命なのである。少子化対策は、個人の課題を越えて国の課題となっているのである。

「手当を支給しても使うかどうか分からない。貯金に回るのが関の山」という人がいるが、その人は短期的な経済対策とはき違えをしているのである。児童手当や子ども手当はあくまで日本の将来への投資である。すぐに使わなくても別にいいのである。子育てに意欲が湧くこと、子どもを産み育てようという意欲を若い世代に持ってもらうことが重要なのである。

もちろん他にも、不妊治療を受けやすくするなど様々な対策を打つ必要があるだろう。だからといって子ども手当等の経済支援に効果がないということにはならないのである。

ここまで言っておいて落とすようで申し訳ないが、現今議論されている子ども手当には若干の疑問がある。

第一に、子ども手当を打ち出した民主党が、以前には児童手当の拡充を「バラマキだ!」と批判していたことである。しかも、財源の一部を今まで通りに地方からも取るという。これでは新たな「子ども手当」という制度ではなく「児童手当の拡充」ではないか。当時の主張をきちっと総括して貰いたい。

第二に、扶養控除という子育て支援の側面を持つ制度を廃止して導入することである。これでは支援の意味合いが思いっきり薄れる。

第三に、財源に対する不安である。将来の日本に対する投資のために今の日本が潰れてしまっては何の意味もない。「予算の考え方を変えればいくらでもでてくる」と言っていたのは何だったのか。鳩山首相が「自民党に言われたくない」といっていたが、「自分たちにもできません」という敗北宣言に聞こえた。国民の立場で言いたい。あれは何だったのか。先頃やめた藤井元財務大臣が、「財源が出てこなければごめんなさいと言えばいいんだ」といっていたが、その通りになりそうだ。

私は、提案した法案をほぼ丸飲みしてもらっても、欠席戦術をして、採決した与党を「強行採決だ!」と攻撃した民主党を信用できない。その民主党が、早速年末に「強行採決」をしたのが情けない。野党の時の後半、民主党のやったことは国民のための政策協議ではなく、「とにかく自民党を悪者にする」という工夫でしかなかったと思っている。

そういう連中が何を言っても信用できない。子ども手当に賛成したいが心からしずらい、複雑な心境なのである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »