« 岡田外相は何をしたいのか? | トップページ | 鳩山と小沢 「知らなかった」でいいのか »

子ども手当に思う

政府による子育て支援を批判する人がいるが、私には分からない。子育てに限ったことではないが、少子化対策は優れて国家的な課題であると私は思っている。

子育てに国から手当がでることを「バラマキだ」という人がいるが、「バラマキ」の意味を明らかにしてから言って欲しい。言葉を使っている本人が分かって言っているのだろうか。私には悪口にしか聞こえない。

「私らも子育てしてきたけど、そんなの当たり前。甘えているのではないか」という年配者がいるが、現在の少子化がいかに深刻なものかがおわかりでないようだ。今は、何もかもが拡大していた高度経済成長期ではなく、何もかもが縮小している時代なのだ。

「子どものいない世帯には関係ない」という人がいるが、一次的な意味ですべての国民に恩恵が無くても、国の将来を考えてしなければならないということには取り組むべきなのである。すべての国民に目前の利益がなくても、国の将来のためになすべきことをなすのが、政治の使命なのである。少子化対策は、個人の課題を越えて国の課題となっているのである。

「手当を支給しても使うかどうか分からない。貯金に回るのが関の山」という人がいるが、その人は短期的な経済対策とはき違えをしているのである。児童手当や子ども手当はあくまで日本の将来への投資である。すぐに使わなくても別にいいのである。子育てに意欲が湧くこと、子どもを産み育てようという意欲を若い世代に持ってもらうことが重要なのである。

もちろん他にも、不妊治療を受けやすくするなど様々な対策を打つ必要があるだろう。だからといって子ども手当等の経済支援に効果がないということにはならないのである。

ここまで言っておいて落とすようで申し訳ないが、現今議論されている子ども手当には若干の疑問がある。

第一に、子ども手当を打ち出した民主党が、以前には児童手当の拡充を「バラマキだ!」と批判していたことである。しかも、財源の一部を今まで通りに地方からも取るという。これでは新たな「子ども手当」という制度ではなく「児童手当の拡充」ではないか。当時の主張をきちっと総括して貰いたい。

第二に、扶養控除という子育て支援の側面を持つ制度を廃止して導入することである。これでは支援の意味合いが思いっきり薄れる。

第三に、財源に対する不安である。将来の日本に対する投資のために今の日本が潰れてしまっては何の意味もない。「予算の考え方を変えればいくらでもでてくる」と言っていたのは何だったのか。鳩山首相が「自民党に言われたくない」といっていたが、「自分たちにもできません」という敗北宣言に聞こえた。国民の立場で言いたい。あれは何だったのか。先頃やめた藤井元財務大臣が、「財源が出てこなければごめんなさいと言えばいいんだ」といっていたが、その通りになりそうだ。

私は、提案した法案をほぼ丸飲みしてもらっても、欠席戦術をして、採決した与党を「強行採決だ!」と攻撃した民主党を信用できない。その民主党が、早速年末に「強行採決」をしたのが情けない。野党の時の後半、民主党のやったことは国民のための政策協議ではなく、「とにかく自民党を悪者にする」という工夫でしかなかったと思っている。

そういう連中が何を言っても信用できない。子ども手当に賛成したいが心からしずらい、複雑な心境なのである。

|

« 岡田外相は何をしたいのか? | トップページ | 鳩山と小沢 「知らなかった」でいいのか »

コメント

子供手当については賛同しかねます。
仮にこれが少子化対策だとしてどのようなシチュエーションで効果が上がると想定しているのでしょうか?
そもそも少子化の原因がどこにあると試算しているのでしょうか?
私は少なくとも各家庭の経済的な問題が少子化の主原因であるとは思いません。
またこの子供手当を少子化対策とするならば恒久的な法案でないと意味をなさないのですが、
それだけの強い意志を民主党は発信していませんし、感じることもできません。

少子化対策としてこれだけのお金を拠出するのであれば
待機児童問題などを優先させた方が効果的に機能すると思われます。

どれだけ民主党が少子化対策を検討したのか知りませんが
素人ですら他いくつでも少子化対策として思いつく中
(経済対策も含めてしまえという思惑があったにしろ)
何故、政策的には愚策である直接給付という手段を取ったのか?
また子供手当導入による出生率への費用対効果・目標数値について明瞭な回答を示した政治家を見た事ありません。
(見た事がないだけでおられるのかもしれませんが・・・)

上記の理由からバラマキと呼ばれても仕方がないと私は考えております。

投稿: 1年前の名無し | 2010年1月20日 (水) 15時11分

1年前の名無しさん、コメントありがとうございます。
>私は少なくとも各家庭の経済的な問題が少子化の主原因であるとは思いません。
私は、経済的な問題は少子化の原因の「大きな一つ」と考えています。

>またこの子供手当を少子化対策とするならば恒久的な法案でないと意味をなさないのですが、それだけの強い意志を民主党は発信していませんし、感じることもできません。
まったくその通りです。

>少子化対策としてこれだけのお金を拠出するのであれば待機児童問題などを優先させた方が効果的に機能すると思われます。
待機児童対策は、現存する保育園経営者が行政当局に強く働きかけて、新規参入を妨害するところから来ています。保育園の経営は縄張りであり既得権益になっているのです。この解決には金銭的な支援というよりも、システムの根本的な見直しが必要かと思います。子ども手当と両立する話かと思います。

>何故、政策的には愚策である直接給付という手段を取ったのか?
私は直接給付が「政策的には愚策」だと思いません。マスコミは必ずそういいますし、世間にその影響が強いことも知っていますが。なぜこれだけ直接給付が批判されるのか分かりません。逆に官僚の思いのままになることのほうが、危険を感じます。

>また子供手当導入による出生率への費用対効果・目標数値について明瞭な回答を示した政治家を見た事ありません。
外国の例では、出生率は間違いなく上昇しています。もっともおっしゃるとおり他の対策もやってのことでしょうが。日本も他の対策もしっかりやらなければなりません。子ども手当も対策の一つでしょう。

>上記の理由からバラマキと呼ばれても仕方がないと私は考えております。
やはり「バラマキ」の定義が分かりません。最近では、国民が喜ぶ政策を打ち出すと「バラマキだ」「選挙狙いだ」という傾向が強く、私は納得できません。

少子化をどうやって食い止めるのか。真剣に取り組んで、できることはすべてやる。そういう信念と根性を政治家に求めたいと思います。しかし1年前の名無しさんも述べられ、私も本文で述べたように、民主党にはあまり期待していません。

投稿: yossy | 2010年1月20日 (水) 19時20分

私は少子化と家庭経済との因果関係よりも
乳幼児を抱えた女性を受け入れる社会的な受け皿がなく
女性にとって二人目以降の子供を育てることへの
体力的、精神的な負担が大きすぎる事の方が
少子化問題としては大きな問題だと感じてます。

まあこの話は本題からそれるので置いておくとして。。。。

今回の子供手当がバラマキと呼ばれるのを敢えて定義づけるとすると
「使用用途(使用目的)がはっきりしない」もしくは
「コストに対して国民が得られるリターンが見合っていない」からじゃないですか?

目的・意義・リスクや目標数値・評価基準など民主党が明確にしないままマニフェストとして発表された給付金のインパクトが先行したため
票を金で釣るという行為=バラマキと判断されたのだと考えます。
※逆に言えば上記の点を十分に説明出来ればここまでの批判は起きなかったとも思います。

民主党にとって子供手当は前回選挙での政権公約の目玉でした。
しかし子供手当が導入されることで社会はこう変わるというビジョンは語られることは無く、子供手当が「少子化対策」なのか「経済対策」なのかすら分かりません。
マニフェストの中でも「子供を社会全体で応援する」という具体性の全くないうたい文句になってます。

おそらくこの子供手当へ反対している人も含め、教育・育児に予算をあてる必要があるのは国民一致の思いでしょう。
しかし今後約5兆円もの予算を毎年拠出しようというのに目的と効果、またこの法案が後々及ぼす影響について具体的に説明しようともしない民主党はあまりにも無責任すぎます。
(そもそもマニフェスト自体、政権交代を「最終目標」として活動していた民主党の票稼ぎ用広告チラシと私は考えているので実際に政権運営を行うに至っての具体性があったとも思えないですが・・・)

前回も述べましたがこれだけの予算を毎年投資するなら少子化対策にせよ、経済政策にせよ、社会福祉政策にせよ目的別にもっと効果的なお金の使い方をするか、
あれだけ公金支出に対して厳しく査定した(かのように演出した)のですから
この形で走り始めるなら少なくとも効果の見える形で評価できるシステムを作るかしてほしいと個人的には思います。

投稿: 1年前の名無し | 2010年1月22日 (金) 15時43分

私は、子育ての家計に与える経済的圧迫は、少子化の大きな原因であると考えています。もちろん、他の要因も大いにあるとは思っていますが。家庭によって思いはそれぞれでしょうから、原因を一元化する必要はありません。
ただ、民主党が真面目に少子化対策に取り組もうとしているかどうか疑問なのは、 1年前の名無しさんと全く同じ思いです。
「そもそもマニフェスト自体、政権交代を「最終目標」として活動していた民主党の票稼ぎ用広告チラシと私は考えているので実際に政権運営を行うに至っての具体性があったとも思えないですが」
この部分はまさに我が意を得たりの思いです。だから自分たちがやっていた、参考人招致、審議拒否などという国会戦略を逆にやられると文句をいうのでしょう。

ただ「バラマキ」の定義はちょっと承伏しかねます。「票を金で釣るという行為=バラマキ」なら、ある政策によって一義的に利益を得る人が明らかな政策すべてにバラマキ批判が通用することになります。「バラマキ」は単なる悪口、悪印象による批判でしかないというのが、私の考えです。テレビで「バラマキ」批判をしている人が1年前の名無しさんのように考えて批判しているかどうか。たぶん考えていないでしょう。なんだか一段高いところから批判しているみたいで格好いいから使っているだけの人が多いのではないでしょうか。自民党議員なんか自分のことを棚に上げてバラマキ、バラマキと言っています。
私はこの言葉はどうも嫌いです。

投稿: yossy | 2010年1月23日 (土) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/47097296

この記事へのトラックバック一覧です: 子ども手当に思う:

« 岡田外相は何をしたいのか? | トップページ | 鳩山と小沢 「知らなかった」でいいのか »