« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »

鳩山と小沢 「知らなかった」でいいのか

いい大人が、ましてや結果責任を問われる政治家が、政権与党のトップ2が、二人続けて「知らなかった」「秘書がやった」とシラを切る。それでいいわけがない!

母親からの資金提供を受けていた鳩山。「知らなかった」らしい。この人には「知らなかった」ことが罪なことだという感覚がないらしい。しかし、金は現実に政治団体が受け取っていた。政治資金ではなく個人的な金の受け渡しにしたらしいけども、現実に受け取ったのは「政治団体」。それを、「鳩山が受け取ったことにする」。今度は鳩山本人から限度(1000万)を超える政治資金が提供されたことが問題になるが、政治団体に「貸したことにする」。借用書もないのにそんなことが通用するのだろうか。発覚したら解釈を変えて切り抜ける。しかも「何に使ったのか」まったく説明していない。

小沢。土地購入資金がどこから出たのか説明に二転三転。「銀行から借りた」「タンス預金」「積み立ててきた個人資金」「妻子名義の金」どんどん変わる。わけが分からない。これで説明責任は尽くした、とは片腹痛い。本当は「知らなかった」「秘書がやった」といいたいけれども鳩山にその手口をとられたから何とか説明を使用としているうちに、グルグル変わってしまった、そんな印象である。

ハッキリとしていること。それはこの二人は、公私の金の区別が付いていない、ということ。政治団体は公の団体。その会計は個人の会計と建て分けなければならない。妻子の名義の金で陸山会の土地を買って言い訳がない!政治団体への寄附を自分への贈与にしていい訳がない!公私を混同しておいて指摘されると帳簿上の解釈を変更して「間違ったことはしていない」「知らなかった」と偉そうに開き直っている。一国の首脳がそんな手口で不正を逃れたのだから、今後こういう手口がはびこるだろう。

最低だったのが、自民党・加藤氏に対する鳩山の答弁。「使命を果たすことが責任の取り方の一つだ」「首相なら2倍も3倍も責任を取らなきゃならんのです」だと。総理という立場の責任が重いからこそ、あなたのような公私の区別も付かない人にはふさわしくないですよ、といいたいのだ!彼は自分の置かれている立場が分かっていない。恐ろしいまでのKY(ちょっと古いけど)。いや彼はそれを装うことで切り抜けようとしているようにも見える。

もう一つ。小沢の石川氏をかばった言葉。「国会議員の職責を問われているわけではない。不正なお金をもらったとか、脱税したとかの実質的な罪について責任を問われているわけでもない」から「辞職の必要はない」だと。おかしい!まったくおかしい!自分の元秘書が自分の政治団体の会計の虚偽記載(ごまかし)を指摘されているのだ!まるで自分には関係ないようなこの言いぐさも気になるが、ちょっと脇に置いておく。政治資金の虚偽記載をするような奴は国会議員にふさわしくない!と言っているのだ。政治資金の透明性を確保することは国会議員の最低条件ではないのか!それを「国会議員の職責を問われているわけではない」だと。小沢の政治家観はこの程度のものなのだ!

民主党の体質が見えてきた。それが一番の実感。それでも世論調査では、鳩山内閣の支持率は落ちても民主党の支持率は横ばい。他に選択肢がない悲しさ。それでも信じてやろうよといういじらしさ。彼らにはそれがどう写っているだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »