« 鳩山と小沢 「知らなかった」でいいのか | トップページ | あれはマニフェスト選挙ではなかった、ということ。 »

ウソをつく政権

再三言ってきたが、私は民主党を信用しない。それは野党の時代の不誠実な態度に起因している。国民生活無視の審議拒否政局優先の国会運営自分たちの主張がほぼ容れられた修正法案でさえも反対した。憲法無視の問責決議児童手当の拡充に反対したくせに子ども手当を導入する、など理解不能のマニフェスト。信用しろと言う方がおかしい。マニフェストなんか「絶対に出来ない」と確信してきた。

やはりである。

出てきた子ども手当は公明党の児童手当拡充と財源も金額もほぼ同じ内容。当時民主党は児童手当拡充を「バラ巻きだ」と批判していたのである。これではなぜ反対したのか説明できない。しかも「現金支給にこだわらずに他の少子化対策に力を入れる」趣旨の付帯決議も公明党の要求で入れる始末。こんなことは本来民主党が一番言ってきたことではなかったのか!そんなことはとっくに忘れている。

高速道路無料化なんか無理に決まっている。実現の気配すらない。日本は新幹線をはじめとする鉄道網と高速道路網の整備をバランスをとって行なってきた国である。高速道路を無料化すれば鉄道が打撃を受ける。当たり前のことである。

一番人気があったはずの暫定税率廃止もできなかった。あの「ガソリン値下げ隊」はなんだったのか。所詮は日本の台所事情に責任を持とうとしていた自公政権の弱みにつけ込んだだけの無責任な主張でしかなかったことが証明されてしまった。あれを見て喜んでいた国民も反省すべし。

そして普天間移設問題。ひっかき回すだけ引っかき回して、どうやらどこにも行き先がなくなってしまったように見える。あまりにも愚かだ。

極めつけ。総理自身の献金偽装事件。つい最近まで「秘書の裁判が終わったらお金の使途も含めて国民のみなさんに公開したい」と言っていたくせに、公明党の山口代表の質問に公表しない」と前言を翻した

あーやっぱり。やつは嘘つきだったのだ。それならここまでの政策転換もわかる。全部ウソだったのだ。

私が民主党に感じてきた違和感。それは嘘つきを目の前にした違和感だったのだ。

こんな政党がやることを、政治レースよろしくおもしろおかしく持ち上げてきたマスコミ諸氏よ。君たちも責任を取れ!国民に謝れ。

第三局を作らなければ日本の明日はない。国民ももう他人任せではダメだ!

|

« 鳩山と小沢 「知らなかった」でいいのか | トップページ | あれはマニフェスト選挙ではなかった、ということ。 »

コメント

民主党には統治能力がありません。
自民党もダメですね。
だから、第三局と言われるのは分かります。
では、yossyさんの言われる第三局とは何を指しているのですか?

まさか、幼稚な正義を振りかざす社民党?

ちょっとお聞きしたいです。
民主党の限りなくクロに近いグレーの小沢は外国人参政権を法制化しようと躍起になっています。マニュフェストは守らないけど、書いていない外国人参政権は国会に提出するでしょう。
民主党の半数(言い過ぎ?)は朝鮮と中国の手先と言ってもいいかもね。

ハトはただのバカなのか、それとも小沢の操り人形なのかは分かりませんが、ハトの嫁は韓国好きですね。韓国を無条件で支持する人って馬鹿なんですかね。韓国スター好きのおばちゃんって何も考えてなさそうなので、また民主党に投票しそうで怖いんです。

この前に聞かれた外国人が日本を擁護するページをはっときます。

ttp://www15.atwiki.jp/jpcl/pages/164.html

投稿: junk | 2010年5月27日 (木) 19時47分

junkさん。コメントありがとうございます。私のいう「第三局」にはいまだ具体的な姿はありません。ただ思いだけが先走っています。
社民なんかは私の眼中にありません。ああいうマンガみたいな政党もあってもいいかな、とは思っていますが政権にはいると混乱するだけです。一番真面目に政治に取り組んでいるのは公明党でしょう。私は公明党をいかがわしい勢力に押し込めてしまおうとする不自然に感情的な人々の論調は理解できません。そうした人々の話には無茶苦茶なウソが多いからです。ただ、公明党には大局的な政策ビジョンが欠けています。真面目なだけでは第三局を担うというには足りないでしょう。みんなの党は何もしていないが故に期待が集まっているようですが、国会議員だけの政党で国民のなかに「現場」がありません。国民の声はこの政党には届かないでしょう。国民新党は論外です。私は一番嫌いです。新党改革、立ち上がれ日本はよくわかりません。共産党はあのままでしょう。このように見ていくともう一度や二度、大きな政界再編がないと第一局も二局も三局も形成できないというのが本当のところかも知れません。
しかしどうやら間違いないことは、どうやらこれからの日本の政治は、もうしばらくの間、連立政権が続くであろうということです。
その隠然たる力で政治を恣にしてきた自民党には人権感覚、庶民感覚がありません。民主党には理念というか空想というかはあってもそれを実現する能力がありません。ついでにいうと庶民の声も吸い上げられていません。どちらの党が政権を担当するにしてもそうした欠点を補完する政党が第三局として存在する必要があるでしょう。現状でも連立は避けられません。連立政権となると自分の政党の政策をすべて実現することは不可能で、与党内の妥協が必要となります。そもそも政治は0か100かの選択ではありません。現時点でどうするのがベターか、という比較で進めていくものですが、連立政権ではより一層そうした政治感覚を持たないと、何がどのような方向で進んでいるのかということでさえ分からなくなると思います。なのにマスコミは、そうした難しい政治の世界のやりとりを好意的に報道しません。また、すべての政党の長所と欠点が判断できるような情報提供をしません。おもしろおかしく政局は書きますが本当の政治を書かないのです。
こうしたマスコミ社会のもとでは、成熟した政治社会はできにくいな、と毎日嘆くばかりです。

投稿: yossy | 2010年5月27日 (木) 23時23分

公明党=創価学会=池田大作=ソン テチャク
確か外国では創価学会はカルトと認定されてますよね。また、宗教分離に違反します。
外国人地方参政権に100%賛成する公明党と権力と金のことしか頭にない小沢が手を組む日も近いですね。だって池田大作と小沢さんって似てません?(笑)どっちもお金大好きで騙すのが得意! 

投稿: junk | 2010年5月28日 (金) 00時51分

真偽の確認が取れない在日説を持ちだすのはどうかと思いますが池田大作(及びその一族)が創価学会に影響力を持つ限り、また信仰心を利用した心理脅迫的な選挙活動が続く限りは公明党支持は私もあり得ないですね。

投稿: 通りすがり | 2010年5月28日 (金) 10時44分

創価学会は仏教を利用したカルトです。仏教の哲学、思想からかけ離れています。そのカルトの政治部が公明党ですね。公明党がどれだけ政治にまじめに取り組んでも、私が支持することはありません。通りすがりさんと同じ意見です。
池田大作が在日だから創価学会を嫌いになったわけではありません。創価学会と池田大作を知ったその日から、嫌いです。で、最近、在日説を知ったら、妙に納得できました。

話がそれました。ごめんなさい。

投稿: junk | 2010年5月28日 (金) 14時43分

junkさん。通りすがりさん。早速のご返答有り難うございます。
>創価学会は仏教を利用したカルトです。
カルトの定義が行なわれないままにこういうことがネットで言われていることに、私は違和感を感じています。
>仏教の哲学、思想からかけ離れています。
ネットでこのように創価学会を批判する人のうちのどれだけの人が、創価学会の書物を一冊でも読み、さらに仏教思想の本質に迫った上でその違いを浮き彫りにしようとしているでしょうか。そのような論評は見たことがありません。ほとんどの人はネットにそう言う人が多いからそんなものなのだろうと思っているのではないでしょうか。
>池田大作が在日だから
私が調べたところ、これはどうやらウソです。創価学会と公明党に対する批判の多くはこのような根拠のない扇情的なウソを根拠にて行なわれることが多いので、私はそのような論調には組みすることができないのです。たとえば「学会員は香典を持って帰る」「仏壇を壊す」といううわさがありますが、そんなやつがいたら警察に突きだせばいいのです。しかし、学会員がそんな事件で逮捕されたという話は聞いたことがありません。この程度の観察眼でウソが見抜けるのです。情報を読み解くくせがつくと、創価学会・公明党に対する批判の裏には情報を操作しようとする批判者の影が見え、気持ち悪くなります。

創価学会と公明党ほど勘違いされている団体はありませんね。いっぱい本も出ているのに読んで正面から批判する人がほとんどいない。「無認識の批判」にさらされている感じです。
そういう状態が私は嫌いなので何冊か本も読みました。公明党の演説会にも、自民党、民主党と同じくらい参加しています。
上の文章はそうした取り組みの上で現在の感想を書いたものなのです。

投稿: yossy | 2010年5月28日 (金) 19時16分

>創価学会と公明党ほど勘違いされている団体はありません。

私は学会員の洗脳が早く溶けて欲しいです。池田大作を神のように扱う姿は、オーム真理教と大差がないように思えます。また、宗教者である池田大作の容姿に小沢や自民党の政治家面とかぶります。料亭で食事して酒を好む人の脂ぎった顔です。仏教徒の体格ではありません。

>カルトの定義が行なわれないままにこういうことが・・・・・
では、フランスではカルトと認定していますが、フランス政府のカルトの定義が間違っていると?

公明党については私はほとんど知りませんが、外国人参政権を進める党を応援する気にはなりません。また外国人参政権を求めているのが在日朝鮮人ですので、池田大作が在日でないと言われても、言動や行動から在日だと思います。そして、なぜ、創価学会は在日説を法廷で否定しないのでしょうか?

公明党はなぜ外国人参政権を求めているのですか?朝鮮人の為ですね。日本人の為ではありません。公明党が差別主義を捨て、在日特権廃止を求めるなら、支持しますよ。

>仏教の本質
金銭を要求するのが仏教の本質からどれほどかけ離れているのかを理解できないのですか?仏教を政治に利用するのがブッタの教えでしょうか?


投稿: junk | 2010年5月29日 (土) 01時16分

最高指導者・池田大作を囲む食事会の席で、デザートにメロンが出た。「このメロンは天皇陛下と私しか食べられない」という池田。

杉田かおるの本ですが、こんなことを平気言う人が仏教の本質を理解しているとは思えません。

なぜ被害者の会なるものがあるのでしょうか?
被害者の会もすべて陰謀ですか?
杉田かおるはただの被害妄想でしょうか?

投稿: junk | 2010年5月29日 (土) 01時41分

創価学会と公明党に好意的なことを言うと必ずこういう反応が返ってきます。私はこういう感情的な反応をする人の方が学会の人よりもよっぽどネットに「洗脳」されている状態ではないのかと感じます。学会員とちゃんと話すとこんな排他的な感覚は受けません。ネット上の学会批判者はよく学会員を排他的だと批判しますが、自己を振り返っていうべきだと思います。
フランスのカルト指定の件ですが、ちゃんと確認されましたか?多くの東洋系の宗教団体といっしょにリストアップされたがその後リストからはずされたと聞いています。フランスの歴史に登場してこなかった宗教に過剰反応してしまったということのようです。ご確認を。もっとも、フランス語の原典にあたることは難しいです。創価学会批判者は、真偽の確認できないネタで批判することが多いのです。
また、学会員と話せば分かりますが、学会員は池田氏を神とか仏とか思っていませんよ。日蓮仏教をここまで現代に実践できる人はいないと、模範として尊敬しているということのようです。
さらに、外国人参政権に賛成の人は全員在日なのですか?確証もなく決めつけるのはどうかと思います。また、外国人参政権の対象は韓国人だけではありません。ちなみに私は在日日系ブラジル人が一定の基準を満たせば参政権を与えるべきだと思いますが、私は日系ブラジル人ではありません。もっとも私は「在日」というだけで批判になる感覚が一番理解できませんが。
金銭の問題についても、仏教者は金と無関係な生活をするものだ、と思われているようですが、釈迦も金持ちの信者から祇園精舎などの設備や食料・金銭の供養を受けています。人間は経済生活をする生き物なのですから、人間の作った宗教団体が金銭と無関係でいられるわけがありません。もしそういう宗教があったら実社会で通用するとは思えないし、むしろ裏でなにかやっていることを疑うべきです。創価学会に関して言えば、一年に一回の「財務」を集めているのは事実ですので、批判するのなら、それがおかしな集められ方をし、おかしな使われ方をしている、ということを明らかにした上で批判するべきです。お金を集めているというだけなら、すべての仏教団体が批判の対象となります。
junkさんと私の最大の違いは、学会員と冷静に話したことがあるかどうか、学会の本を読んで吟味したことがあるかどうか、ということではないでしょうか。私は、統一教会のビデオセンターにも、真光の教会にも、天理教の教会にも行って話を聞いたことがあります。できる限り自分で確認して認識して、評価したり批判したりするようにしています。その私の経験から言うと、創価学会はそんなにおかしな団体ではないですし、公明党も評価すべきところを持っています。
まあ、本論からはずれるので、こんなところにしておきませんか。

投稿: yossy | 2010年5月29日 (土) 19時44分

ちょっと最後に言わせてください。
私は一度も学会員を批判していません。また、学会員の友達も知り合いもいますし、元カノのゴッドファーザーは池田大作でした。また、会合にも一度出席したこともあります。その時に池田大作の本は渡されましたが、読まなかったけど。
私が学会員の方を批判したように言われますが、私は「洗脳が溶けてほしい」と言っただけです。

外国人参政権をよこせと政治的に騒いでいるのは在日朝鮮人だけです。日本に住み、朝鮮に忠誠を誓うと公言している人に参政権を与えると、何が起こるか分かりません。北朝鮮、下朝鮮ともに日本を敵国としています。

投稿: junk | 2010年5月30日 (日) 00時51分

junkさんありがとうございます。junkさんが気さくで正直な方なのだなと感じられてよかったです。
「洗脳」についても、日常生活を送っている人間に対して洗脳しコントロールすることがはたして可能なのかどうか、等の心理学的な考察が必要だなと考えさせられました。
これほど大きな団体ですので、私も創価学会と公明党については常々考察しています。どこかでまとめて書きたいと思っていましたが、発表した文章がまともな考察であっても、未確認で扇情的な情報の反応が来るだろうなと思い、書いてきませんでした。
一度機会を見つけてどこかに書いてみたいと思います。

投稿: yossy | 2010年5月30日 (日) 18時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/48191628

この記事へのトラックバック一覧です: ウソをつく政権:

« 鳩山と小沢 「知らなかった」でいいのか | トップページ | あれはマニフェスト選挙ではなかった、ということ。 »