« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

Yahoo知恵袋とカンニング

Yahoo知恵袋が、京大入試のカンニングに利用されたという報道があった。早稲田大学でも同様の行為があったらしい。私もチェックしてみたが、他にもありそうである。

そもそもYahoo知恵袋は、正常な使われ方をされていない側面がこれまでもあった。質問の形で気にくわない団体や個人の悪口を書立てて「これをどう思いますか?」としてみたり、自分で質問して自分で回答しているようなものも見受けられる。私も質問に対して真面目に回答したのに明らかに不真面目な回答がベストアンサーに選ばれ唖然としたことがある。開発者は純粋にユーザーの役に立つことを目指しているのだろうが、性善説に立ちすぎである。ネット社会では一定性悪説に立たないとやられてしまう。

携帯電話がカンニングに使われる可能性は、学校現場では早くから指摘されていた。携帯は単なる通信端末ではなく情報端末だからである。辞書、電卓、インターネット、メールなんでもござれ。私の赴任校では定期考査であっても試験会場に携帯を持ち込んだことが分かった段階で、カンニングで0点となるだけでなく特別指導の対象となる。使ったかどうかは関係ない。そのことは入学時点で保護者にも説明しているし、毎時間のテスト前に全教員がテストを配る前に「今携帯を持っている生徒はすぐに廊下に出しなさい」と呼びかけている。実際にカンニング扱いになった生徒もいたが保護者からも文句は出なかった。

京大は甘い!携帯の電源を切るだけで持ち込んでもいいという段階で、受験生に「それなら使ってみようかな?」と心に誘惑を生じさせているのだ。持ち込み禁止にすれば持ち込んでしまった段階で少しは罪悪感がある。「使ってみようかな」という思いになるのに一つハードルをあげることになるのである。

もっともそれでも確信犯には通用しないがばれたときの言い訳はできなくなる。よほどの覚悟がないとできないこととなるのだ。すべての大学が対応を見直すべきであろう。

Yahoo知恵袋は一度閉鎖して問題点を洗い出し、性悪説に立って出直せばどうか。いついじめや犯罪に荷担するかも分からない、現在の状況は問題である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »