« 『岳-ガク-』で考えた。 | トップページ | 「一度やらせて見ればいい」が招いた悲劇 »

橋下知事について

あきれた話である。
大阪府の橋下知事が鳥取県の平井知事に謝罪したという。謝罪したこと自体は当然であるが、私があきれているのは謝罪した原因となった発言である。「鳥取県は60万人くらいの人口で、議員が40数人いるんですかね。鳥取県議なんて6人でいいんですよ」。約880万人の人口の大阪府で88人の府議にする案を橋下知事率いる大阪維新の会が提出しているからである。
今回のことで分かったことがいくつかある。
一つは、橋下氏は事実を認識しないで雰囲気だけで公の発言をする人物であるということである。政治家失格である。鳥取県の人口は58万人の人口で県議は35人である。だいたいあっている、ではいけない。調べないで発言したということ。このことが重要なのである。
二つには、橋下氏は弁護士なのに法律をよく分かっていない、ということである。地方自治法第90条第2項には、「人口70万人未満の県の県議定数は40人以下」と決まっている。橋下氏が事実誤認にせよ鳥取県の人口を60万人と認識していたとしたら、県会議員は40人以上いるはずはないのである。弁護士失格である。
しかもその分かっていない法律が「地方自治法」とくれば知事失格である。地方自治法もよく分からずに知事をしてもらっては困るのである。
三つには、これが最も重要な点であるが、橋下氏は関西広域連合を「大阪中心で他府県を従わせる」形の中央集権をイメージしているらしいということである。中央政府にかわって大阪がそこに座ろうという発想なのではないか。平井知事の反論に対して橋下氏は「『地方自治だから口を出すな』というなら地方交付税制度は成り立たない。府民の金も鳥取に行っている。」と言った。地方公共団体の財政の偏りを解消するために、国が税金を集め分配するのが地方交付税交付金である。これは国から使途を指定されない一般財源である。橋下氏は、国でさえも使途を指定しない交付金の一部を大阪府民が負担しているであろうからといって口を出すことが正当であると言ったのである。

これが、「ひも付き」補助金を批判して国と対決してきた人物のいうことであろうか。まったく真逆の話である。大阪府知事は国以上に他府県に関与すると言うのである。真の「住民自治の原則」「団体自治の原則」という「地方自治の本旨」(日本国憲法)を実現しようなどという理想はかけらも感じられない。彼は大阪さえよければいいのであろう。

そもそもあれほど強気で思いつきをしゃべっておきながら、会議の場ではあっさり謝罪するというのはどうなのだろうか。信じられない。

大阪維新の会が選挙で勝利してからというものの、橋下氏の傲慢さが目に付く。彼には独裁者になる素質があると私は見ているが、今回の発言はそのとっかかりではないかと警戒する。
大阪の皆さん!しっかりしてや!

|

« 『岳-ガク-』で考えた。 | トップページ | 「一度やらせて見ればいい」が招いた悲劇 »

コメント

橋下知事が国や公務員が作り上げた前例を崩し、独自の強い地方自治を創ろうという意志は理解できます。その政治手腕もかなりのものではないかと思います。
しかし今回のことは納得できません。鳥取には失礼ですが「弱い者いじめ」に見えました。
橋下知事の感覚のなかに、大阪が関西の盟主だという感覚は間違いなくあると感じますね。

投稿: かんきち | 2011年5月28日 (土) 22時57分

かんきちさん、コメントありがとうございます。
大阪の方々には、雰囲気だけでなく政策や実際に実行されたこと、政治家の資質もしっかり判断していただきたいものです。

投稿: yossy | 2011年5月29日 (日) 12時34分

このブログみるとものすごい反日感情が感じられる・・・・・
おもいっきり朝鮮よりだろアンタ

投稿: | 2011年7月19日 (火) 22時43分

応える気にならないコメントですね。
反論もしないで人を何かに分類することで安心したい方はどうぞご勝手に。あなたはその程度の方だということです。

投稿: yossy | 2011年7月21日 (木) 23時45分

おしさしぶりです。

橋下知事の話とは違うのですが、「生徒の2ちゃんねる書き込みで発覚 日本史「ハングル授業」に賛否両論」のニュースをyossyさんがどう考えているのかを聞きたくて、ひさしぶりにきました。

私はこの教師が狂っていると思うのですが、どうですか? 数学の授業でイタリア大好きな教師がイタリア語を教えたら、学習指導内容とかけ離れて首になると思うのです。一人の教師として、このイカレタ教師の行動をどう考えます?

投稿: junk | 2011年8月27日 (土) 15時33分

junkさん。お久しぶりです。私は見ての通りさぼりながらぼちぼちやってます。
さてお尋ねの件です。
私は、高校の地歴でハングルについて学習するのなら、地理が最も最適かと思います。地誌のなかで韓国について学習する時と系統地理で言語について学ぶ時です。また、世界史では李氏朝鮮の学習で世宗を紹介する時に学習する機会があると思います。これらは学習指導要領に則った学習です。
しかし、日本史の中で学習するのはどうか、と私も思います。学校によっては教科書通りの授業がしんどいところもありますので、韓国との関係史を学習するときに昨今の韓流ブームとからめて余談として少し行なうのならわかりますが、日本史の本筋でないことは明らかですし指導要領でも求めていないと思いますので、私なら日本史でそういう授業はしないでしょう。
ただ、学習指導要領を強調しすぎると面白くない画一的な授業ばかりになります。そこは注意を要します。

投稿: yossy | 2011年8月29日 (月) 19時02分

ばっかじゃねーの?w
初めから橋本知事が大嫌いっていうふうに聞こえるよ。

大阪は日本第二の都市で、そりゃ山陰とくらべちゃだめだろ。解決しなくちゃいけないこともそのぶんいっぱいあるんだからさぁ。

それに、会議であっさり謝罪することについて
なんで批判するんかがわけわからんしwww
韓国人は謝るのが嫌いニカ?

投稿: たひ | 2011年9月27日 (火) 22時45分

>ばっかじゃねーの?w
初めから橋本知事が大嫌いっていうふうに聞こえるよ。

私は「初めから橋本知事が大嫌い」ではありません。たひさんにそのように伝わったのなら、私の文章が拙かったか、たひさんが橋下知事が大好きか、のどちらかでしょう。

>大阪は日本第二の都市で、そりゃ山陰とくらべちゃだめだろ。解決しなくちゃいけないこともそのぶんいっぱいあるんだからさぁ。

意味不明です。

>それに、会議であっさり謝罪することについてなんで批判するんかがわけわからんしwww

最初に書いたように私は、「謝罪したこと自体は当然」と考えています。
「そもそもあれほど強気で思いつきをしゃべっておきながら、会議の場ではあっさり謝罪するというのはどうなのだろうか。信じられない。」の部分は、結局あっさり謝らなければならないことを、あれほど強気に思いつきでしゃべった神経が信じられない、という意味です。これは私の文章の拙さです。しばらく後に本文を訂正します。

>韓国人は謝るのが嫌いニカ?

意味不明。
この最後の一言がたひさんの品性を地に落としています。実際に何を意味しているのかは不明ですが、察するに、私を韓国人であるとかってに邪推して意地の悪い一言を付け加えたというところでしょうか。それで溜飲が下がっているのならその程度の人間と言うことです。あなたは自分で自分の価値を貶めたのです。
たひさん。あなたのコメントには何の具体性もなく、私の主張に対して全く反論していませんのでここで私が反応することには私にとっていかなる価値もありません。しかし、私は教師ですからあなたのために言いましょう。

「もっと主張力を身につけなさい。」

ネットに書き込むのはそれからです。
私もあなたのような人にも理解されるように文章力を磨きます。

投稿: yossy | 2011年9月29日 (木) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/51777212

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下知事について:

« 『岳-ガク-』で考えた。 | トップページ | 「一度やらせて見ればいい」が招いた悲劇 »