« 2011年5月 | トップページ | 2012年1月 »

「一度やらせて見ればいい」が招いた悲劇

「魚の目」という魚住昭氏が編集しているウェブマガジンの2009年9月4日付けに次のような文章がある。山口二郎氏のものである。

「小泉退陣後の自民党は、国民の拒絶の対象にしかならないまで劣化した。なにより、まともな常識を持った指導者を選ぶことができず、毎年首相が責務を放り出すという失態を演じた。ここで国民は完全に自民党を見放した。今回の選挙で麻生太郎首相が政策で選んでほしいといっても、政策の出来栄え以前に自民党は政党の体をなしていないと国民は判断したのである。こともあろうに、麻生首相が責任力などという言葉を持ち出したことは、国民の自民党に対する軽蔑を一層決定的にした。安倍晋三元首相は札幌に遊説に来て、民主党に政権を任せられるかと叫んだが、大半の人はお前にだけは言われたくないと思ったはずである。」

「現代政治の深層を読む 政権交代という革命の成就」

自民党を民主党に書き換えてもそのまま使えるのが現状である。

私は、この時の衆議院選挙の「一度やらせて見たら」ほど怖いものはないと思っていた。この政策がいいから、あの人の人格がすばらしいから、この政党の理念に共感するから投票する、ではない。マニフェストも評価しないのに政権を担当させてしまった。

国民に投票行動の結果に対する責任感が全く感じられなかった。主権者としての意識が感じられなかった。

民主党が様々な考え方の人間の寄り集まりなのに話し合いの出来ない政党であること、マニフェストには財源が全く明記されていないこと、普天間基地問題の対案など実はないのではないかということ、    全部選挙の時に分かっていたことである。それが目の前の現状を生み出していることを私達は痛烈に自覚しなければならないと思う。

今日、野田総理が誕生した。私は民主党が変わるきっかけとなって、国民生活の再生のために頑張って貰いたい、と思いたい。現政権を担っているのが民主党であることは事実なのだから。早期の衆議院解散を言う人がいるが、現実的ではないだろう。負けることが分かっていて解散などするはずがない。

小沢氏は「協力するかどうかは今後考える」だそうだが、もう最低だ。

新しく誕生したばかりの執行部に協力を明言できないなら、完全に党内野党である。三党合意した自民・公明より執行部に遠いことにならないか。

民主党は、マニフェストにこだわる人々と、そうでない人々で割れるべきである。

小沢さん、鳩山さん、「大半の人はお前にだけは言われたくないと思っ」ているのでは?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2012年1月 »