« 橋下知事について | トップページ | 橋下氏のあり方 »

「一度やらせて見ればいい」が招いた悲劇

「魚の目」という魚住昭氏が編集しているウェブマガジンの2009年9月4日付けに次のような文章がある。山口二郎氏のものである。

「小泉退陣後の自民党は、国民の拒絶の対象にしかならないまで劣化した。なにより、まともな常識を持った指導者を選ぶことができず、毎年首相が責務を放り出すという失態を演じた。ここで国民は完全に自民党を見放した。今回の選挙で麻生太郎首相が政策で選んでほしいといっても、政策の出来栄え以前に自民党は政党の体をなしていないと国民は判断したのである。こともあろうに、麻生首相が責任力などという言葉を持ち出したことは、国民の自民党に対する軽蔑を一層決定的にした。安倍晋三元首相は札幌に遊説に来て、民主党に政権を任せられるかと叫んだが、大半の人はお前にだけは言われたくないと思ったはずである。」

「現代政治の深層を読む 政権交代という革命の成就」

自民党を民主党に書き換えてもそのまま使えるのが現状である。

私は、この時の衆議院選挙の「一度やらせて見たら」ほど怖いものはないと思っていた。この政策がいいから、あの人の人格がすばらしいから、この政党の理念に共感するから投票する、ではない。マニフェストも評価しないのに政権を担当させてしまった。

国民に投票行動の結果に対する責任感が全く感じられなかった。主権者としての意識が感じられなかった。

民主党が様々な考え方の人間の寄り集まりなのに話し合いの出来ない政党であること、マニフェストには財源が全く明記されていないこと、普天間基地問題の対案など実はないのではないかということ、    全部選挙の時に分かっていたことである。それが目の前の現状を生み出していることを私達は痛烈に自覚しなければならないと思う。

今日、野田総理が誕生した。私は民主党が変わるきっかけとなって、国民生活の再生のために頑張って貰いたい、と思いたい。現政権を担っているのが民主党であることは事実なのだから。早期の衆議院解散を言う人がいるが、現実的ではないだろう。負けることが分かっていて解散などするはずがない。

小沢氏は「協力するかどうかは今後考える」だそうだが、もう最低だ。

新しく誕生したばかりの執行部に協力を明言できないなら、完全に党内野党である。三党合意した自民・公明より執行部に遠いことにならないか。

民主党は、マニフェストにこだわる人々と、そうでない人々で割れるべきである。

小沢さん、鳩山さん、「大半の人はお前にだけは言われたくないと思っ」ているのでは?

|

« 橋下知事について | トップページ | 橋下氏のあり方 »

コメント

ご無沙汰してます。
野田総理が誕生しましたね。
総理大臣としての評価については仕事ぶりを見てから考えたいと思いますが
素人を閣僚に据えるのはいい加減にしてほしいですな。しかもそれを公言するなんてもっての外。
本来大臣たる者 国民の利益を念頭に置いて高度に専門的な判断行う立場にあるのにその大臣が素人なんてありえない。政治主導の理念はどこへ行ったのだ。
震災の影響があったとは言え信任の根拠たるマニフェストが悉く否定された今となってはさっさと衆院を解散していただきたい。
今選挙したら民主が負けてしまうから解散しません。というのは民主党や民主党所属議員の都合であって国民の都合ではありません。
何か問題があれば問題の根底を探ろうともせず、対案を出すこともなくすぐに「やめろやめろ」の大合唱になるマスコミやネットの論調にもウンザリしますが
自己保身に奔走し、筋が通らない死に体の政権運営を続ける民主党執行部には呆れるのを通り越して怒りすら感じます。

これなら共産党に政権を取らせて自我崩壊させた方が日本にとってはるかに有意義だと感じます。(議席的に不可能ですが)


今回のエントリの中でyossy氏は「国民に投票行動の結果に対する責任感が全く感じられなかった。主権者としての意識が感じられなかった。」と述べてらっしゃいますが私も同感です。
政治という本来国民で共有しないといけない責任を意識的に放棄しているように見えてなりません。
思い返してみると私自身 教育の現場で政治に関しての教育を受けた記憶がありません。むしろ学校も社会も未成年に触らせることを忌避していたような感すらあります。
イデオロギー的なものを教育現場に持ち込むべきではありませんが
民主主義における政治参加とはどのようなもので、その結果に伴う有権者の責任とはどういうものかを学生に積極的に理解させる必要があるように思います。
選挙権を18歳から与えるという議論が少し前にありましたが いつの間にやら立ち消えになってしまいました。
何故立ち消えになったのか あまり情報を持ち合わせおりませんのでそれが良いことなのか悪いことなのかはわかりませんが
上記の観点からみると学生の自覚を促せるように16歳ごろから選挙権を付与してもいいのではないでしょうか?

とぼんやり考えているのですが教育者としてのご意見はいかがでしょう?

投稿: PublicComment | 2011年9月 4日 (日) 15時30分

空いた時間を使って継ぎ足しながら書いた文章なので
読み返してみると激しく読みづらい文体ですなw

自分の文章力の無さには本当に嫌気がさします。伝えたいことの半分ぐらいしか表現できてないし・・・

申し訳ないがところどころ意訳しながら読み飛ばしていただけると幸い。

投稿: PublicComment | 2011年9月 4日 (日) 16時46分

PublicCommentさん、お久しぶりです。
文章力については、私の方がないと思います。言い足りないことが勘違いを招いていやになることがあります。

それはともかく、授業で政治的なことを学習することは、私は必要だと思います。しかし全く中立にそれを行なうのはたいへん難しく、例えばある政党のとんでもない実態(ウソばかりついている、他党の実績を横取りしている、など)が間違いのない事実であったとしても、それをいってしまうとその政党の支持者の方からたいへんなお叱りを受けます(若かりし頃すでに経験済みです)。
それでも政治学習として最低限できることがあり、それはどの政党のこともその政党の支持者になったつもりで誉めながら紹介することです。その政党の歴史や主張を丁寧に説明して、その違いを解説するのです。政策についてもその政策の長所と短所の両方を教えます。最後に、「どの政党を支持するのか、どの政策を支持するのか、今は決められないかも知れない。でも20才になったら自分で情報を集めて必ず選挙に行きなさい」と訴えます。このやり方でお叱りを受けたことはありません。
私は18才選挙権に賛成です。しかしその前提にマスコミがきちんと情報提供すること、教育が最低限の政治学習を行なうこと、がないと、今の無責任で議論もできない大人の作った雰囲気の中で「難しいからいやだ」「自分とは関係ない」「めんどくさい」「所詮は政治家なんて」という思考停止したとらえ方が蔓延し、投票率は低くなるだけではないかと心配します。
一教師として、このことはいつも考えてきました。

投稿: yossy | 2011年9月 4日 (日) 18時43分

>授業で政治的な学習を全く中立におこなうのはたいへん難しく~大変なお叱りを受ける。

このあたりの難しさは想像に容易いですね。
それが故に私が知る教師たちも二の足を踏み、政治的なことに関する教育を受けた記憶が無いのだろうと思います。
yossy氏が行われているというそれぞれの政党の歴史とその政党が掲げる政策の長所と短所をそれぞれ説明するという手法は素晴らしいと思います。
ところで前回の民主党マニフェストのような確信犯的な詐欺行為の説明はどうされるのでしょうか。ちょっと聞いてみたい気もしますw


自分の身を振り返って見ると選挙権を得たころの自分は本当に何の情報も持っておらず、政治に何の興味もなく、遠い世界の話だと思ってました。
もちろんその全てが学校教育が悪いからだ。とは思いません。
思いませんがもう少し生徒自身に「民主政治とは何か」を考えるきっかけを与える場であってほしいとは思います。
例えば夏休みの宿題に話題の法案についてのレポートを課すとか。

・・・誰もやってこない可能性が極めて高いですがww

ただ、うまく行けば青い分だけ理不尽なことに対する怒りや突破力のエネルギーは結構なものが期待できます。今の日本に足りないものはまさしくそのエネルギーではないでしょうか。

投稿: PublicComment | 2011年9月 5日 (月) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/52606119

この記事へのトラックバック一覧です: 「一度やらせて見ればいい」が招いた悲劇:

« 橋下知事について | トップページ | 橋下氏のあり方 »