« 国家公務員新規採用40%減を批判する人たちは辛抱ができないのか | トップページ | 小沢にあきれる »

PTAからの旅費等

昨日今日、和歌山県で大多数の県立高校が、PTA会費から教員の出張旅費や学校の修繕費を支出している、ということが報道された。

「PTA会費が賃金に 和歌山県監査委員が改善求める」

 和歌山県立高校の一部で保護者から集めたPTA会費が、職員の賃金や校舎の修繕費に充てられたことが、和歌山県監査委員の調べで分かった。指摘を受けた県教委が調査を始める。

 県監査委員によると、県立星林高校(和歌山市)で昨年3月、校舎の戸締まりや見回りをする非常勤職員の賃金の一部約1万4千円がPTA会費から支出されていた。また、県立和歌山北高校(同)でも2010年5月、壊れた寄宿舎の配水管を修繕し、PTA会費から約10万5千円を出した。県監査委員は昨年9月に指摘し、改善を求めた。

 地方財政法は「国や県は住民に対し、寄付金を強制的に徴収してはならない」と定めている。楠本隆・代表監査委員は、「PTA会費は事実上、ほぼ強制的に徴収されている。県が支出すべき公費に使うことは、地方財政法にふれる可能性がある」と指摘した。

 楠本委員はさらに「ほかの高校でも、教員が県内外の研究会に出向く出張費や、学校の事務アルバイトの費用をPTA会費で支出するケースがあるようだ」として、口頭で西下博通・県教育長に調査を求めた。

 一方、県教委総務課は「PTAへの加入は任意であり、会費の使い方は学校に一任されている」との見解を示した。指摘を受けた約半年後の現在も調査を始めていない。同課は「使途について各校で実態調査をする」としている。

 県教委によると、県内の全日制県立高校30校と4分校では、「PTA会費」「教育充実費」などの名目で保護者から集められている。生徒一人あたりの負担金額は平均で年約2万3千円で、1千人規模の学校では総額2千万円以上に達するという。(北川慧一、千代明弘)   朝日新聞

監査の方々の指摘は正しい。これらの支出は、本来PTA会費から支払われるものではなく県から支出するべきものである。

かつて愛媛県では、県教員組合が県教育委員会にその不自然さを訴えたという事例があった。

旅費や修繕費にPTA会費 愛媛の県立52校

 愛媛県の県立高校52校が2004年度、保護者が負担するPTA会費など計約1億9000万円を学校の修繕費や教員の出張旅費、備品の購入に充てていたことが22日、分かった。

 日本高等学校教職員組合(東京都)は「学校の経費は本来、県が負担すべきだ。自治体の財政難で学校の運営費が減る中、保護者の負担増につながる」と指摘。県教育委員会高校教育課は「各校がPTAの同意を得て教育活動を支援するために使っており問題ない」としている。

同課によると、支出の内訳は家庭訪問や部活動の引率の旅費に約3100万円、雨漏りやトイレの修理などに約8500万円、事務用品の購入に約7000万円など。PTA会費のほか、生徒会費や振興会費も使われた。

2005.12.22  共同通信

ハッキリ言う。おかしいのは学校現場ではない。県である。

土日の部活動の練習試合に出張旅費も宿泊費も出さない県である。

荒れた学校の窓ガラスが割れても修理費を渋る県である

警備員を廃止して教師に警備までさせる県である。

研修に行け行け、と強制するくせに旅費を出さない県である。

部活動の指導がどれだけ大きな教育効果を生んでいるのか、分かっているはずだ。なのにどうして部活動を正式な教育活動に位置づけないのであろうか。事故が起これば顧問の責任。費用は個人負担。そんな馬鹿な話があるか!そうした県の矛盾をPTAが埋めて下さってきたのだ。全県民が負担するべきものを、PTAがしかたなくかぶってくださっていたのだ。(それでも先日の県外引率では、一泊2000円しかいただけなかった。熱心に指導すればするほど赤字になる。)

監査委員さんは「本来県が負担するべきだ。」とはっきり言うべきだ。「PTAが出すのはおかしい」だけではダメだ。

責めるべきなのは教師ではない。PTAでもない。県である。なにが「県教委が調査を始める」だ!嘘を付け!全部知ってて「これ幸い」と放っておいたくせに。

義家!お前も元教師の端くれなら事情の一分は理解しているはずだ!私学で働いた経験しかなくて知らないなら、公立の現状を謙虚に見ろ!そして、教師が安心して部活動指導ができるように、荒れた学校の修繕費がすぐに出るように、PTAの負担が減るように、システムを作れ!お前も政治家の端くれやろが!

ああ腹立つ。

|

« 国家公務員新規採用40%減を批判する人たちは辛抱ができないのか | トップページ | 小沢にあきれる »

コメント

良く知らないのですが、教育基本法は部活動には一切触れずですか?
学校教育の活動として認められておらず、部活動への予算が充てられていないのであれば一番に攻めるべきはそこのような気がしないでもないですが。

投稿: PublicComment | 2012年3月24日 (土) 20時46分

PublicCommentさん、コメントありがとうございます。
日本の公教育で具体的に何を学習するか、を規定しているのは、「学習指導要領」なのですが、週に一回の「クラブ活動」は記載されていても、生徒会活動の一貫である「部活動」はありません。この二つは似て非なるものです。「クラブ活動」は時間割の中に組み込まれており、全生徒が参加し全教員が指導します。「全参クラブ」ともいいます。部活動の教育効果が高いことから導入されたものですが、週一回の活動では教育効果も薄く、お茶を濁したようなものです。現在は小学校でのみ実施されています。
部活動は本来生徒の自主的な活動から始まったもので、生徒会から予算を獲得して学校の施設を借用して活動させてもらうかわりに、顧問の指導に従うこと、試合やコンクールやボランティア活動等で実績をあげて学校の名を高めること、などが求められました。本来生徒の自主活動なのですから、生徒中心で組織を作り、生徒自身が練習を組み立て、顧問の指導の手は入るもののその成果も事故も本来生徒に帰するものだと私は思います。Wikipediaの「クラブ活動」に次のような文章がありました。

日本の中等教育における部活動の問題点として、指導要領に明確な規定が存在していないという点が指摘されている。これまで部活動は生徒の自主的な活動と位置づけられ、教員による顧問もまた建前上は自主的な活動とされてきた。この結果、事実上は休日出勤であっても僅かな特殊勤務手当が支給されるだけで代休も取れないという状況が長年放置されてきた。
部活動が盛んな学校ともなると、顧問は休日の大半を部活動に当てることになり、年間で出勤しない日数が2週間も無いような教師も珍しく無かった(読売新聞記事「顧問の激務:訴え切実」)。
加えてこうした部活動の位置づけを理解していない保護者から、運動部の試合の敗戦の全責任を顧問が負わされるような事態も報告されるようになった。

なかなかよく調べてある文章です。
部活動の顧問をうまく避ける教師もいます。わずかな生徒に呼びかけて楽な文化部を作り、部員不足で廃部になりかけたら一人二人入部させて存続をはかるのです。そこの顧問になれば、ほとんど休日出勤はありません。それでも同じ給料です。

なぜ県費から部活動の費用が出ないのか、私には全く理解できません。

投稿: | 2012年3月28日 (水) 22時31分

なるほど。長文のご返信有難うございました。
そういう事情であればyossyさんの仰られるように生徒の自主活動として成果も事故も責任も全て生徒自身(及び保護者)で受け入れるしかなさそうですね。
ただ、自主活動なのであれば生徒から月々の部費を集めて顧問料などを捻出するようにした方が生徒の自主性を育てるという面でも合理的な気がしますが(もちろん生徒から教師へ直接支払うのではなく、学校もしくは教育委員会が徴収し手当として教師に支給するような制度)、規制や法律の壁などがあって実現していないんでしょうね。
いずれにせよ建前がそういう事なら役所は動かんでしょうね。おそらく。

以下蛇足。
高校時代の3年間のうち顧問を見たのは全国大会に出場した時ぐらいでした。
(泊りがけの合宿にも来ていたかどうか定かでない。多分来てたと思うんですがw)
私たちは顧問に何の期待もしていませんでしたし、事故や怪我や問題を起こしても顧問は全く関与してきませんでした。
ほぼ空気みたいな顧問の先生でしたね。
今から思えば「それでいいのか?」と思いますが当時はそれでよかったんです。
今の先生たちはとかくいろいろと窮屈そうで同情を禁じ得ません。

投稿: PublicComment | 2012年3月29日 (木) 21時00分

部活動で一生懸命に生徒を指導してくれる先生と何もしてくれない先生が同じ給料ってのはやっぱりおかしいですね。

休日でも夏休みでもクラブ活動で指導してくれてた先生方やyossyさんがなんらかの手当が支給されてほしいです。

私には何が問題なのかは分かりませんが、制度を変える以外に方法はないのでしょう。頑張ってください。

投稿: junk | 2012年4月 2日 (月) 23時56分

junkさん。ありがとうございます。
やんちゃな学校に赴任すると、放課後の家庭訪問が欠かせません。悪さをした生徒を警察に迎えに行くこともあります。教師の仕事を時間で把握することは難しく、そこに特殊性があることから、残業という概念は存在せず教員調整手当で均等に対応されています。それもおかしい。家庭を持っている女性の先生は、家に早く帰る必要があるので生徒指導は男性の先生に任せっぱなし、などの事実もあります。
モンスターペアレントという言葉はあまり使いたくないですが、教師に対して自分の都合で対応する保護者の何と多いことか。お金の問題も矛盾があるのですが、何よりもリスペクトを感じられないのが昨今の悲しさです。

投稿: yossy | 2012年4月 6日 (金) 23時12分

私だったら,勤務時間外の家庭訪問なんかやらないよ。
悪さして警察に捕まった生徒なんて,当然,もらい受けになんか行かない。
そんなことやってんから,校長や教育委員会事務局の幹部はいい気になるんだよ。
だいたい,勤務時間外や休日の勤務でない・学校業務でない部活動に特殊勤務手当が出る・・・勤務ではないのに,何で,特殊勤務手当というものが出るのか。
これは,闇手当か。
本来ならば,校長が時間外や休日勤務の職務命令を出して,正式に時間外勤務・休日勤務という学校業務にした上で,部活動の指導は,通常の教育活動よりも大変であるから,特殊勤務手当を追加して出すというのが,正しく真っ当なやり方だ。

投稿: 部活動特勤手当は闇手当 | 2015年1月12日 (月) 05時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/54284285

この記事へのトラックバック一覧です: PTAからの旅費等:

« 国家公務員新規採用40%減を批判する人たちは辛抱ができないのか | トップページ | 小沢にあきれる »