« 橋下氏のあり方 | トップページ | 国家公務員新規採用40%減を批判する人たちは辛抱ができないのか »

「招かれざる客」を見て

昨日、BS・NHKで、『招かれざる客』(1967年)を見た。シドニー・ポワチエ、キャサリン・ヘップバーン、スペンサー・トレーシーの出演。素晴らしい映画だった。

黒人・医師のシドニー・ポワチエがトレーシーとキャサリンの娘と結婚するために家を訪ねてくる。トレーシーは新聞社の社長で、長年社会差別を批判してきた人物だが、いざ娘が黒人と結婚するという現実を突きつけられてとまどう。

その会話の中に、たいへん示唆に富んだセリフがあった。

・ポワチエ『苦労するでしょうが子供は作ります。それが自然だ!』
・トレイシー『娘は何と?』
・ポワチエ『全員大統領にする気です。しかも有能なね!あなたの教育のお蔭です。』
・トレイシー『だが苦労する』
・ポワチエ『彼女は楽観的です。僕は国務長官どまりだと思っていますがね
・トレイシー『それでも心配だと言ったら臆病だと思うか?』
・ポワチエ『いえ でも、時代は変わります!』
・トレイシー『今の我が家ほどの急変はあるまいと思うが、いずれにせよ即答は無理だ!』

現在のオバマ大統領が1961年生まれであることを考えると、1967年以降生まれたはずのこの映画の子どもよりも年長である。ちなみにパウエル国務長官が初の黒人国務長官として就任したのは2000年。『今の我が家ほどの急変はあるまい』といった父親どころか、『時代は変わります』というセリフを考えた脚本家の予想をも上回る速度で、時代は変わったのだ。

1963年まで、白人と同じ公民権がなかった黒人が、55年後に大統領となった。民主党候補を争ったのは女性のヒラリー・クリントンだった。共和党候補は、アイルランド系のマケインだった。アメリカは差別も露骨だが、変化も速い。

日本との違いを感じる。

|

« 橋下氏のあり方 | トップページ | 国家公務員新規採用40%減を批判する人たちは辛抱ができないのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/54165453

この記事へのトラックバック一覧です: 「招かれざる客」を見て:

« 橋下氏のあり方 | トップページ | 国家公務員新規採用40%減を批判する人たちは辛抱ができないのか »