« 「いじめ」について | トップページ | 橋下・日本維新への違和感の正体 »

やはり柔道の審判はおかしい

ロンドンオリンピックが始まった。

柔道男子66キロ級の準々決勝、日本の海老沢匡と韓国のチョ・ジュンホの試合で珍事が起こった。

延長でも試合が決せず、旗判定に。判定結果はチョ選手に旗三本。この結果に場内は大ブーイング。審判委員が主審と副審を呼び寄せ、何事かを指示。旗判定のやり直しの結果、なんと海老沢選手に旗が三本あがり、逆転勝利となったのである。

私はこの試合を最初から見ていた。

チョ選手の掛け逃げ、反則ギリギリ?(いやあれは反則だろう)の危険な行為、とにかく組まない姑息な態度(これはチョ選手に限らないが)にイライラしていたし、延長で有効が出て一端は海老沢が勝利したかに見えたので、私は当然判定なら海老沢だろうと思っていた。

それがチョ選手に旗三本は、これは本当に驚いた。まずこれが審判団の間違い。

審判委員にはそれが分かったのだろう。やり直しを指示。やり直した結果完全に逆の結果となった。これが2回目の間違い。

いったい試合の判定を握っているのは誰なのか、という疑念を感じざるを得ない。こんな審判でどうして安心して試合ができるというのか。これは両者の思いであろう。

以前にも、「世界柔道」に関わって審判ことを書いたことがある。

あれから「効果」がなくなって、組む前に足を取りに行ったり、積極的に組もうとしないことも「指導」の対象になるなど、「こかしあい」のJudoに改善が見られて喜んでいたのだが、審判の質は変わっていない。

なぜ、副審は座って試合をみているのだろうか。

「指導」は審判の気分や考え方の違いで出し方が違うように見えるが、どうなのか。

審判委員がやり直しを指示できるという制度は、とりもなおさず審判の質が低いことを前提にしているのではないか。

柔道の審判には改善すべきことが多すぎる。

それにしてもこのような珍事が、日本と韓国という微妙な空気が流れる両国の試合で起こったのは、また面倒な話である。

審判団の猛省を促したい。

|

« 「いじめ」について | トップページ | 橋下・日本維新への違和感の正体 »

コメント

>こんな審判でどうして安心して試合ができるというのか。これは両者の思いであろう。

はじめまして、ですが両者の想いではなく海老沢選手の想いでしょう。明確に競争相手には利益対立がある。

この事情を見てどちらもどっち、という意見を挙げること自体、競争、対立を否定しています。

>やり直した結果完全に逆の結果となった。これが2回目の間違い。

日本からの抗議で判定が正常に戻ったのです。裁判でも3審制がとられ、1審の結論を覆して、正しい結論を出すというのは当然の結果です。日本が抗議をしなければ(控訴)しなければ間違った結論でも正しいことにされてしまいます。

>それにしてもこのような珍事が、日本と韓国という微妙な空気が流れる両国の試合で起こったのは、また面倒な話である。
審判団の猛省を促したい。

しかし、このような逃げで話を終局させようとすることにあなたの立ち位置、その気持ち悪さ、気味の悪さがあらわれていますね。

投稿:   | 2012年8月31日 (金) 02時46分

コメントありがとうございます。
>しかし、このような逃げで話を終局させようとすることにあなたの立ち位置、その気持ち悪さ、気味の悪さがあらわれていますね。
なんだかネットには「立ち位置」とかいうやつを明確にしないと発言できない風潮があるようです。反日だとか嫌韓だとか、そんなことは私にはどうでもいいことです。私は事実にのみ立ちたい。
ここでは柔道の審判のあり方がテーマです。柔道の審判はどうありべきか。今回、主審・副審がまちがった判定をした。これが最大の間違い。そしてそれがジュリーによって完全に覆った。判定は正しくなった。しかし、こんなことがあったら審判は信用されない。審判の信用を失墜させる、という意味で私はやはりこんなことは間違いだと思います。今回の判定はかなり明確な間違いでしたが、微妙な場面で同じことが起こったらどうでしょうか。日本人選手が同じ目にあったらどうでしょうか。あんな審判で選手が安心して試合ができますか?
試合結果は、海老沢選手の勝利で結果として間違いはありません。日本人選手が勝ったからそれでよし、で終われないほど、私にとって柔道は思い入れのある競技なのです。だからこそ私は審判の問題を提起しています。

投稿: yossy | 2012年9月 1日 (土) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/55312766

この記事へのトラックバック一覧です: やはり柔道の審判はおかしい:

« 「いじめ」について | トップページ | 橋下・日本維新への違和感の正体 »