« やはり柔道の審判はおかしい | トップページ | ある評論家 »

橋下・日本維新への違和感の正体

橋下氏の政治主張に見るべきものがありそうな気がしていることは、以前に少し書いた。それは今も変わっていない。

首相公選、大阪都、道州制、それぞれに魅力的ではある。ガタがきた日本にてこ入れするには、思い切った大きな変革も大切であろう。こうした点、共感するところがある。

しかし、なおかつぬぐいきれない違和感を橋下・日本維新に感じるのは私だけであろうか。私は、この違和感が何に由来するのか、ずっと考えてきたが言葉に出来ずにいた。今回、橋下氏が「夜回り先生」水谷修先生にいちゃもんをつけたのを見て、やっとこの違和感の正体がわかった。

水谷先生はブログで、維新の会に鞍替えした松浪健太が水谷先生といっしょに写ったポスターを無断使用したことを指摘して、

「ましてや、維新の会・・・。多分ことばだけでも、子どもたちへの想いをひとつも語ることのない組織です。私は、彼らの気持ちがわかりません。ただ、大阪の教育を、ただむやみやたらにいじり、そして県知事の職を、ただ捨て、そして市長に。言うことだけは立派でも、結局は、何もしていないどころか、現場を混乱させた橋下氏を信じていないだけです。彼に聞きたい。子どもが大切ですかと。だったら私と夜回りをしましょう。子どもを愛していますかと。だったら、国政を何とかという前に、まずは学校と子どもたちの所へと。」

と書いた。橋下氏は党首として松浪に注意し、謝罪した上で、「超現場を知る水谷さんになぜ信用されないのか。自分の推進した教育施策のどこに間違いがあったのか」を謙虚にきけばいい。水谷先生は、学校でも拾い上げることの出来ない生徒の命を救う為に、自身の命を削って地道な活動をしている方である。テレビにいっしょに出たこともあってご本人の電話番号も知っているのだから電話すればいい。

それを「橋下は子どもの事を想っていないという決めつけはやめるべき」「水谷氏が学校を回るのは結構だが~」と水谷先生の話をでっちあげてツイッターで猛攻撃したのである。

どこに「橋下は子どもの事を想っていない」と書いてあるのか。「彼に聞きたい。子どもが大切ですかと」と呼びかけてあるだけである。「想っていますよ」でよいはず。

橋下氏の批判はしつこく続く。

「社会は役割分担だ。学校を回るのは、教育実践者だ。子どもと話すのも、現場の教員が原則だ。市長や知事は、教育行政の枠組み作りと、財源を確保しての予算の確保。巨大な教育行政を動かしていくのが、市長、知事の役割だということを認識して欲しい。」

ここまではよい。

「水谷氏のような大人に、指導を受ける子どもが、どのような大人になるのか心配だ。決め付けは絶対に良くない。議論をしてからロジックに結論を導く。これが成熟した民主国家において必要な教育。水谷氏は、完全に決め付け型。まさに佐野氏に近い。」

とまさにご自身がかってなでっちあげで「決め付け」と批判しておいて、取って返して「決め付け」の人格攻撃。

「夜回り先生こと水谷氏は、教育は教育実践でのみ成り立っていると勘違いしているのであろう。教育行政システムにも精通した教育評論家、専門家が必要だ。水谷氏に伝えたい。僕らも子どもの事を想って、教育政策を実行している。そこは水谷氏と同じだ。ただ考え方ややり方が違うだけだ。」

著名な教育評論家の尾木直樹氏を攻撃した人物とは思えないような口ぶり。(私は今の尾木氏の仕事振りには感心しないが、彼の教育評論や提言は本当にすごい、と感心させられてきた)

橋下氏は「教育は教育実践でのみ成り立っていると勘違いしているのであろう」とかってに想像するが、少なくともいえることは、教育実践なくして教育はありえない。教育行政だけの教育が存在するだろうか。

教育が行われているのはまさに現場である。生徒と保護者が教育を受けやすいように、教師が教育活動をしやすいように条件を整えるのが教育行政である。彼がいうように役割が違う。しかし、この二者はバラバラではいけない。今現場で何が起こっているのか、今現場に何が必要なのか、実施した教育施策が現場でどのように実践され効果をあげているのか、を教育行政を行うものが知ろうとしなければ、二者はバラバラなままである。ましてや橋下氏には教師の経験はない。教育理論を徹底的に学ぶ機会もなかったはずである。彼の教育観の大部分は、自身の体験に根ざしたものであるに違いない。だからこそ謙虚に現場に耳を傾けなければならないのに、そんなそぶりは感じられない。

しかも彼は、成果が出ないことの責任は、これまですべて現場のせいにしてきた。お定まりの組合批判や国歌・国旗への姿勢に問題をすり替えて、現場を攻撃してきた。しかし、知り合いの大阪の教師に聞いたが、もうそんな次元ではない。現場の教師がまったく信用してない最大の原因は、現場の意見に耳を傾ける姿勢がまったくみられず、責任だけは押し付けるからだという。

そう、橋下・日本維新への違和感。それは現場感覚が欠如しているということである。

現場の声に耳を傾けていないのに自分だけが知っているような勘違いをしているのではないか。大枠の制度を変えればすべてがよくなると思い込んでいるのではないか。

彼らの口から、現場の話を聞いたことがあるだろうか。市井の民の声なき声を救い上げた施策があったであろうか。ちょっとでも施策に意見しようものならたちまち「素人」「政治をしらないなら意見をいうな」「政策論議を」である。いっぱんの庶民には話をする気にさえならない。

大阪都構想もやっと法律ができて具体論にはいるかと思ったらどうなってしまったのか。いきなり国政に進出である。

大風呂敷は広げるけれども畳まない。そういう政党でよいのか。

もったいない存在だがこのままでは、一時期のブームに終わる。私はそう見る。

|

« やはり柔道の審判はおかしい | トップページ | ある評論家 »

コメント

橋下氏への雑感は前回コメントにもあるように 対立する意見には片っ端から議論吹っかけるのでご自身のフィールドにそのような権力者が現れたことは災難でしょうね。
しかし現場感覚のない保護者視点から言えば教育改革論は橋下市長の言に理があるように思えます。

彼が言っているのは組織論です。
国旗掲揚問題にせよ教育委員会解体論にせよ
彼が問題としているのは極端な事例を抜き出していて
叩きやすい所を叩いているという側面は見受けられますが
実際に一部の不穏分子や不適格者を野放しにして政治を介入させたのは
教職員組合や学校なのではないですか?

今学校に足りていないのは学校や教員への信頼感です。
保護者から信頼されるかつての「聖職」の地位を保つべく
(保護者会を含む)組織内で自助努力がきちんとなされていれば
生み出されなかった問題とも言えるのではないでしょうか?

彼を正義のヒーローだとはこれっぽっちも思いませんが
常々おかしいと思っているところに風穴を開ける突破力は買いたいと思います。


ちなみに余談となりますが、組織としての維新の会には私も期待してません。

投稿: PublicComment | 2012年10月31日 (水) 21時30分

PublicCommentさん、コメントありがとうございます。
本文にも書いたように、私も彼の指摘や政策には頷けるところがあるのです。しかし、彼の立てる対策には疑問が多いのです。
教師の選挙運動はいけません。当たり前です。しかし、文句があるなら立候補して主張しろ、はおかしい。不可能です。なぜ現場の意見を直接聞こうとしないのでしょうか。
形骸化した教育委員会の改革が必要なことはその通りだと思います。しかし選挙で選ばれた首長が教育方針を決めることには反対です。市民が首長を選ぶときにその教育方針で投票するでしょうか。首長が変わるたびにクルクル変化する教育でいいのでしょうか。
さぼっている教師と、夜中に問題のある生徒の家に通って家庭まるごと指導している教師や休日出勤して熱心に部活動指導している教師が同じ給料なのはもちろんおかしいと思います。しかし、橋下氏はそれを主張することで教員全体の給料を下げただけです(部活動の特別勤務手当ては若干あげたようですが)。
教育の世界にも多少は競争原理が必要かとは思いますが、競争に乗り切れない困難な地域や家庭に対する対策は、制度や金だけで解決できる問題ではありません。現場の実態と課題を知る現地の教員と行政が、取り組み方針と対策をともに考えなければ対策などでてくるはずがありません。
橋下氏には「制度を変えるのが自分の仕事」という逃げがあるように感じるのです。現場が実際に良くならない制度変更など必要ないのです。そんなものは混乱をおこすだけです。水谷先生はそこを怒っておられるのではないかと思います。
>今学校に足りていないのは学校や教員への信頼感です。
その通りです。信頼されない教師と管理職の対応が相次いだことを認めつつ、わたしはそれをスケープゴートにすることで人気を得てきたマスコミや政治屋の存在にも注目せざるを得ません。
橋下氏が「教育方針は首長がたてる」といい、教育に深く介入しました。そろそろ彼の方針通りにしてどういう結果が出たのか検証するべきです。本来、現場の教師と一緒に信頼感を回復しなければならないはずです。しかし橋下氏の言動からは現場との一体感は感じられません。悪い結果がでたら現場のせいにする、そんな気がします。
現場との一体感の欠如。それが私の違和感の正体です。
もちろんこれが変化することは今後あるかもしれません。いやあって欲しいと思っています。

投稿: yossy | 2012年11月 4日 (日) 12時27分

yossyさん、PublicCommentさん、お久しぶりです。

私は橋下さんのノーカット版の会見動画(一般的には物議を醸した!?)などを見る限りでは彼の思考・論法をある程度首肯する立場です。

主題の「違和感の正体について」ですが、教育行政を通してのお話ですね。

「現場を見よ」という指摘についてはその通りだと思うのですが、恐らく自らの目で現場を見聞・分析するのは時間的・身体的な制約上、限界があると思うので、ここはやはり市長の側に「現場のブレーン」を置くことが長期的には最適解ではないかと感じます。

現在のように制度設計を得手とするブレーンのみで政策決定権を握る権力者の周辺を固めてしまうと「現場との齟齬」を際立ててしまうでしょうし、結果として行政による決定事項を追認する気持ちが現場に湧いてこないということに繋がっていくのではないかと感じます。

yossyさんの仰る「橋下・日本維新への違和感。それは現場感覚が欠如しているということである。」点については善処することがやはり望ましい。そのためにも市長や議員が現場に分け入って…という理念も行動も必要なのでしょうけれど、彼らは大所高所からの制度設計をすべく効果分析や利害調整に追われる宿命もあって、任期という時間的制約を考えると「現場に張り付く」といったことも現実的ではないでしょうから、私としては「現場を知悉したブレーン」を置くことを提起したい。

それこそ、水谷先生のような「徹底した現場の教育者」を橋下行政に招き、その見識を価値的に取り込むことで教育行政が真に実りあるものへとリファインされるのではないかと本稿を読みながら感じた次第です。

投稿: 伊達半蔵 | 2012年11月 6日 (火) 15時52分

伊達半蔵さんお久しぶりです。ありがとうございます。
おっしゃる通り橋下氏に現場を回ることは不可能でしょう。しかし彼ら維新の会は、議員集団なのです。有識者といわれる人々をブレーンにつけることも大切かも知れませんが、それ以上に大切なことは維新の会の議員が大阪の現場にもぐって、現実を把握し、トップに報告し、施策の策定の役に立てることではないでしょうか。教育施策を実施したらそれがうまく機能しているかどうか、何か問題は起こっていないかどうか、議員が学校を回ればよい。しかし、橋下氏の水谷先生への攻撃からは、そんな発想は微塵もみられません。維新の会にはそういう発想もシステムもないのでしょう。
議員数を減らすことばかり主張していることがその象徴です。「議員が市民の意見を吸い上げる」という発想から議員の仕事を見れば、何人いても足りないくらいのはずです。しっかり働く議員なら収入は高くてもよいはずです。議員の質をあげる主張が維新の会からなされたことはあるでしょうか。せいぜい不祥事を起こしかけた議員に注意する程度でしょう。
だから私は、いまいち橋下・維新に違和感を感じるのです。

投稿: yossy | 2012年11月 8日 (木) 22時38分

yossyさん

レス、ありがとうございます。
確かにご指摘の「維新という議員集団を現場へ送るべき」ということは取られるべき手立ての一つですよね。こうした動きは手前味噌な発言かもしれませんが公明党が長年に渡って現場主義を貫いてきたものと自負する分野であると思っています。支持者として悩ましいのは、難病指定やドクターヘリ導入など、少数の弱者を守るための仕組み作りに東奔西走することが「選挙時の投票行動とは結び付きにくい」点だったりします。政治から見放される人々への眼差しを忘れない政策を立案することについては誇りである一方、そういう評価によって選挙を優位に戦えるわけでもないというアイロニーをも抱えています…。
話しが逸れましたね、すみません。

私は実のところ橋下市長は維新メンバーによる政策立案能力や問題提起のスキルにそれほど期待していないと見ています。良くも悪くも維新議員について「数をこしらえて橋下氏の練り上げる法案を通していくための手段としての存在」として捉えているように感じます。「決定できる民主主義=数は絶対的に必要」という信念を幾度と無く表明されてますしね。
その意味ではご指摘の通り、傘下の議員を現場に送り込んで教育実務の問題点や改善箇所をまとめさせたりするという意図をハナから持たないのではないかと考えたりもしますね。各議員への政策立案能力を期待しないでいるのなら尚更でしょうか。そもそも「そんな議員を立てて選挙すること自体が民主主義の冒涜だ」との声も上がるかも知れません。

うーん、自分で書きながら「維新がイマイチ立体的に見えない理由」はこうしたところに根ざしているのかも…と思い始めました。個々の維新議員が何をしているのかが分からなくて、橋下市長の個人商店みたいな装いになっている感は否めない。
議員個々人も公選されている市民の代表なのだから、より自覚的な動きがあってしかるべきなのかもしれませんね。そして維新の会はそれを推し進める組織であって欲しいとも思います。

現下の行政構造の矛盾点を突く橋下市長の視野と構想には注目しているのですけれどね。政治家としての役割に固執しすぎるキライがあるのでしょうか。私自身、もう少し慎重な見方も必要かもしれません。

投稿: 伊達半蔵 | 2012年11月 9日 (金) 16時36分

>伊達さん
「そんな議員を立てて選挙すること自体が民主主義の冒涜だ」との声も上がるかも知れません。

私が思うにそれを当選させるほうがバカです。

ですが、その票の意味するところが橋下氏の改革路線への信任票なのであれば
むしろ黙って目立とうとせず、変な正義感を持ち出して批判めいた言動をとらず、
ただ代表に従うだけの無能であったほうが有権者の意を汲んでいるのかもしれませんね。

まあ間違いなく大多数の有権者にその自覚は無いんでしょうけど。

前にも一度yossyさんにコメント入れましたが
義務教育の時点でリーダー論や実際に行われている選挙のテクニカルな部分の解説など政治分野の教育にもっと力を入れないと本当に腐った政治家しか出てこないですよ。
政治の本質に目を向けずどうでもいいことで批判非難を繰り返し愚民化を助長するワイドショーには怒りしか感じられません。
その時間で古典映画でも上映してたほうがよっぽどマシです。
政治家個人の資質や訴える政策を見ようともせず、政党ありきで投票するバカは「スミス都に行く」を月30回ぐらい見ときなさい。
と、本気で思います。

投稿: PublicComment | 2012年11月10日 (土) 13時38分

伊達半蔵さん、PublicCommentさん、コメントありがとうございます。
お二人のコメント、本当にその通りだ、と読ませていただきました。
伊達半蔵さん。私には公明党議員と関係を持った体験があります。何故学校の机のJIS規格が変わったのに、特定の学校しか机が入れ変わらないのか、という私の問いに、調べて説明し、時間がかかっても変える、と約束してくれました。その方は間違いなくいい議員さんです。
もしかすると、維新が公明党と喧嘩しようとしないのは、自分に欠けているものを補って欲しいからかも知れませんね。
PublicCommentさん、以前に申し上げた「すべての政党をほめる」授業は、今年に関しては不可能です。これだけ政党が多いと無理です。
小選挙区制は二大政党制を作るために導入したはずなのに、小政党が増加している現状はどう評価すればいいのかわかりません。
「スミス都に行く」は私も最近BS放送で観ました。感銘を受けました。感動しました。すべての候補者が、この映画を見てから立候補して欲しいくらいです。
マスコミの体質改善は、本当に必要です。このままでは日本が危ない。そこまで危機感を感じます。

投稿: yossy | 2012年11月11日 (日) 23時41分

Public Commentさん

>それを当選させるほうがバカです

なるほど。それはそうかもしれません。仰るとおり、維新議員への投票を橋下市長への信任票と考えることは現時点では首肯できる捉え方ですね。

>義務教育の時点でリーダー論や実際に行われている選挙のテクニカルな部分の解説など政治分野の教育にもっと力を入れないと…

政治家がどんな仕事を実際にしているのかということを政治家自身が発信していくことの難しさ・限界を身にしみて感じる(支援者の)私としては、国民自身が政治をどのように見るかという素養そのものが重要であるというご指摘に強く同意するものであります。

また、本来は国民の目に成り代わって政治家の本質的な仕事や実績について広く国民に周知していく作業をするのがメディアの使命であるはずなのに、ワイドショーや週刊誌レベルの「政治談義」で揚げ足取りに終始して国民の目と意識を曇らせていく「情報社会の構造」には私も憤りを禁じえません。今ではメディアの多くは「ルサンチマンの増幅装置」に成り下がっています。不安と不信を煽るのが仕事と言わんがばかりの姿勢ですよね。
政治すらメディアの視聴率や発行部数のタネに過ぎないのが現状のように思われます。私はTVを持たなくなって10年ほどになりますが、つくづく人を愚かにする装置にもなり得る道具だなと感じる次第です。TVの性能が飛躍的に上がっても、放送するコンテンツのレベルはいつまで経っても向上しない様子。残念です。

>スミス都に行く

Huluにあるようなので観てみます。ご紹介ありがとうございます。楽しみです。

投稿: 伊達半蔵 | 2012年11月13日 (火) 10時40分

yossyさん

>公明党議員と関係を持った体験

そうでしたか。公明はネットワーク政党(地方・国政)を標榜していますので、現場の空気感を国家運営に還元する努力については見るべきものがあると思っています。標識一つなどの身近なことから、もし提案やお困りのことがあればお近くの公明議員に相談なさってみて下さい。予算や議決が必要な案件の場合は何でもかんでも実現というわけにはいかないかもしれませんが、誠意あるレスポンスはあるものと思います。

私自身の経験としては近所のおばあちゃんから「夜道が暗くて困っている。街灯があるといいがなんとかならないか」との相談を公明党の議員に引き継ぎました。すぐに会いに行ったらしく、ひと月も経たないで「街灯設置」の連絡があったので喜んだものです。ちなみにこのおばあちゃんは公明党員でも学会員でもありません。

>維新が公明党と喧嘩しようとしないのは…

そういう点はあるでしょうね。橋下市長は知事時代から公明党の現場力については議会を通じて良く知っています。政治交渉の余地のある器量や現場中心の視点、政党としての使命感について公明党に一定の評価を抱いているのだと思います。
市長の主張する通り、政治は数で決まるとは言っても、やはり議員それ自体の質も問われざるを得ない。その点では政治を名聞名利・営利栄達の糧としてない公明党議員団とは政策集団としては本質的に組みやすいのかもしれません。

投稿: 伊達半蔵 | 2012年11月13日 (火) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/55988198

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下・日本維新への違和感の正体:

« やはり柔道の審判はおかしい | トップページ | ある評論家 »