« ある評論家 | トップページ | いじめと暴力と »

政治家の選び方

明日、衆議院議員選挙が公示される。

多党乱立でわけがわからない選挙だ。
ただ、私はこれまで投票行動の結果を後悔したことはない。
今回その選び方を記しておきたい。
選挙直前に離党して他党に行った候補を信用しないことである。これまでにもそういうことは山ほどあった。
所属している党を裏切る人には「裏切った」という感覚がない。必ず「自分は変わっていない、党が変わったのだ」という。選挙直前に党が変わるわけがない。なぜもっと前から離党しなかったのか。
自分中心の発想しか持てない人なのである。そういう人はいずれ、国民をも裏切るものだ。
ただし、「自分が間違っていた」と出直す人は一考に価する。ただその場合、一回は間を空
けてもらいたいものである。
基本的に金に汚いうわさのある候補を信用しないことである。もちろん冤罪の可能性はあるが、情報をしっかり咀嚼してだまされないようにするべきである。
元職については、国会と委員会で質問をしていない候補は信用しないことである。国会の議事録は次のアドレスで閲覧できる。
http://kokkai.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_srch.cgi?SESSION=27940&MODE=1
このページの発言者名に、自分の選挙区の候補者名を入れて、検索すれば簡単に分かる。
本会議でも委員会でも発言しない議員が働いているといえるか。「ほかにも仕事はある」と言った御仁がいたが、演説を聴いていてもまったく信用できない人物であった。
ただし、政務次官等の役付きになると発言の機会がなくなるのも事実である。その場合は演説会等で働き振りを聞くしかない。
働かない候補は当選させてはならないのである。
話し合いのできない政党を信用しないことである。民主党政権が「決められない政治」だったのは、参議院が不当に権力を持っているという制度的欠陥だけでなく、政権与党内で政策が決められないことが最大の原因だった。その意味では離党覚悟で小沢氏を乗り越えた野田首相を私は若干買っている。
政治主張が違うものがくっついた政党を信用しないことである。
何も決められない。選挙が終わったら必ず足を引っ張り合って瓦解する。
そもそも各議員は違う人間なのでまったく同じ政治主張を持っているはずがない。それが最低限の政策が一致することを前提に政党を作るのである。だから伝統的な政党には話し合いのルールと伝統がある。新しい政党はルールと伝統がない分、政治主張を最大限一致させることが必要なのである。
「大同小異」というが、何が大同で何が小異なのかという判断さえ個々で違う。
非自民連立政権とここまでの民主党がいい例である。
員のいない、党員を獲得しようとしない政党を信用しないことである。支援者の声を聞く気がない政党は、簡単に説を曲げるからである。
反対ばかり、国民に耳障りのいいことばかりを言っている候補・政党を信用しないことである。100%いい政策などこの世に存在するわけがない。
そんなやつらは結局何もできない。
あとは残ったなかから、自分の思いにより近い候補・政党に一票を投じるのである。③でも紹介した検索システムで、発言を見れば思想性は分かるはずである。
私は、政党の体質や候補の人格は政策よりも優先すべきではないか、とさえ思っている。なぜかならいい政治家は国民の意見にも耳を傾けるし、自身の主張が間違っていれば反省し軌道修正するものだからである。
前の記事にも関連するが、いい政治家は平時でもメール等に誠実に返事を書くものである。
棄権はいけない!誰に入れたらいいか判らなければ、「よりまし」な候補に入れるか「棄権」と書いて投票しよう!投票総数に対して有効投票数が少ないということは、抗議の意思表明だ。
「国民の義務」だととらえて、投票に行こう!

|

« ある評論家 | トップページ | いじめと暴力と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/56245529

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家の選び方:

« ある評論家 | トップページ | いじめと暴力と »