« 部活動のはなし(柳本氏に関わって) | トップページ | 「誰だって分かることなんです」 »

部活動のはなし(自動車での引率)

部活動について、まだ書きたいことがある。
それは、「顧問が自分で自動車を運転して生徒を引率する」ことについてである。
県から「教師が運転している自動車に生徒を乗せるな」と言われていることは事実である。もし事故が起こって生徒に怪我でもさせたら教師と県が賠償責任を問われるからである。この規定は生徒のためではなく、基本的に県のためにできたものと私は理解している。
生徒と保護者にとっては、自動車で連れて行ってもらったほうがいいに決まっている。間違いなく便利で安いのだから。大会会場まで電車、駅から徒歩やバス・タクシーでは会場に着くまでに疲れてしまう。顧問が運転すれば施設の入り口までいける。大型バスのチャーターも考えるが、季節によって料金が違う。観光シーズンにはチャーターすることさえ難しい。さらに一泊する行事への参加の場合には運転手の宿泊料や夕食の代金も負担しなければならない。顧問が運転するほうが乗り物の料金や運転という労働を顧問がまかなうのだから、安いに決まっている。
顧問にとっては運転などしないほうが楽に決まっている。しかし、保護者負担の軽減と生徒の利便を考えると「自分で運転しよう」となるのである。強豪といわれる学校ほど遠征も多い。顧問になってすぐに大型バスの免許をとった人も昔は大勢いたものである。繰り返すがそれもこれもすべて保護者負担の軽減と生徒の利便のためにしてきたことなのである。
ある学校で顧問が生徒を自動車で引率し、ガソリン代と高速代を集め余ったお金でパンを買って生徒に食べさせたという。それを保護者がマスコミに垂れ込んだ。後ろから鉄砲を撃たれたようなものである。県から怒られるのは分かる。指導に従っていないのだから仕方がない。しかし保護者からは言われたくない!
前回も書いたように、部活動の指導は実質的にはボランティアである。時間も労力も経費もかかる。部活動指導に必要なジャージなどの用意は完全に自己負担である(もっとも教科指導に使用する参考書なども自己負担だが)。しかしだからこそ、顧問の善意に生徒・保護者は感謝してきたのではなかったか。善意が通じたからこそ私たちは頑張ってこられたのである。それを踏みにじられる風潮が最近ひどい。教師は奥ゆかしい方が多く声をあげないが、私はあえて言っておきたい。

|

« 部活動のはなし(柳本氏に関わって) | トップページ | 「誰だって分かることなんです」 »

コメント

全く的を射ている指摘である。
保護者の多くは中学,高校の部活動顧問の実態を知らなさ過ぎる。またマスコミも今回の高校の事件は大きく取り扱う割に,過労によりどれだけ教師が疲弊しているかはあまり取り扱わない。知人の中学教師と話す機会があったが,教師の多くが本音では部活顧問にはなりたくないとのこと。理由は簡単,休日がなくなるし,保護者の対応が大変だから。いっそのこと部活動は某県で実施しているように外部委託し,必要経費を保護者から徴収すればよいのではないでしょうか。

投稿: 一休廃止 | 2013年3月 3日 (日) 15時58分

一休廃止さん、コメントありがとうございます。
ご理解うれしいです。本当に部活動顧問という制度は矛盾のなかにあります。その矛盾をすべて顧問にかぶせておいて、問題が起こったら弱いものいじめみたいに集中攻撃する現今の傾向には本当にうんざりします。
と同時に、多くの教師が、部活動指導にやりがいを感じて取り組んでいること、そして部活動には大きな教育効果があること、これは事実です。だからこそ、正常な運営体制を確保して欲しいのです。そこで頑張る教師への正当な評価が欲しいのです。
今の状態では部活動顧問のモチベーションはどんどん低下するでしょう。

投稿: yossy | 2013年3月 4日 (月) 19時45分

以前の記事でyossyさん教えて頂いた部活動の法的根拠について
教育基本法、学校教育法を調べてみましたが、確かに部活動について触れた法律はありませんね。
過去には学習指導要領に必修項目として入っていましたが90年代以降必修からは外れています。
つまりは自主的な課外活動として規定されてしまったわけですが
そこのことを保護者は全くと言ってもいいほど理解しておらず
学校内での活動だから学校で責任を負えと押し付けているのが現状ということですね。

今後、上記法律でバックアップがなされれば状況は変わるのでしょうが
現状でそうなっていない以上 部活動=生徒と保護者の責任による自主活動として
部活動の運営を外部委託してしまう方が
経済的な負担なども含め学校、教師、生徒、保護者全てにいい結果を産むように思います。

なお、文科省の中の人にもそのことを懸念されているようで
下記のようなレポートを示されていました。
ご参考までに。

http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2009pdf/20090701051.pdf

投稿: PublicComment | 2013年3月 6日 (水) 11時38分

PublicCommentさん、コメントありがとうございます。
紹介していただいた資料、読ませていただきました。このような指摘をしていただける方がおられることに意を強くします。「分かってもらえている」というだけでも頑張れる気がするから不思議なものです。生徒もきっとそうなのだな、と自身の教育活動を振り返ってみたりしています。

部活動に大きな教育効果があることは事実です。学校と塾との違いは、学校行事と人権学習などの教科外学習、そして生徒の自主活動です。生徒の自主活動の代表的なものがLHR活動と部活動です。集団と自分との関わりを学ぶ場はここにしかありません。部活動はそれを、自らが選んだ競技や取り組みのなかで学ぶのです。

私の指導する剣道部でもいろいろなドラマがありました。原因不明の病気で留年し、半身が不自由になりながらもひたすら竹刀を振り続け、一試合も出場することなく卒業した生徒がいました。かれは卒業後大学に進学し、4年間剣道部に所属して辞めなかったことを自信に変えて社会に出て行きました。
ネグレクトの両親のもとで暮らしていたある生徒はどうしても剣道がうまくなりませんでしたが、人数が少なく団体戦メンバーに入っていました。学校として久しぶりに県ベスト8に入れるかもしれない試合で、勝負が彼に回ってきました。彼が負ければ負けです。かれは必死で立ち向かい3年間の公式戦唯一の勝利をあげ、チームをベスト8に導きました。この経験は今でも彼の人生の支えになっているそうです。
素人に毛がはえた程度の私ごときが指導する弱小部活動でも感動的な話はいくらもあるのです。強豪校かどうかは関係ありません。実業団やナショナルチームで指導してきた経験しかない柳本氏は、私の目からは明らかにミスマッチです。
橋下氏はよくこういうことをする。有名人のスーパーマンを連れてきて「対策をしてますよ」と世間にアピールする。世間もコロッとだまされる。

中学・高校の時期は感受性豊かな時期です。ドラマにできるような、映画のような話は全国に一杯あるのです。そこには顧問が生活を削って関わっている。スーパーマンの世界ではないのです。そのことを知ってもらいたいものです。

投稿: yossy | 2013年3月 6日 (水) 23時39分

はじめまして( ^ω^ )
高校2年の娘がいます。ソフトボール部に所属しています。
通りすがりですが、うちの娘の顧問も遠征時は運転していきます。
確かに高校は小中とは違い、色々な地域から集まっているので、顧問が運転し、遠征にむかう途中で、生徒をひろい、帰りも近くで降し、遠征先でも自由に移動でき、顧問も、保護者も、経費も楽なことは間違いありません。
でも、もしも事故にあい、もしも死者がでたらどうなるのでしょう。
運転手つきのバスでも事故にあわないという保証はありません。
でも、顧問が運転していたとなれば、顧問の教師という職も失い、部活動はもちろん停止、そんなことを考えれば、遠征費が高くなってもバス会社に依頼するべきではないでしょうか。もしもそれで遠征費が高いと苦情がでれば行かなければいい。勝たせてやりたいという顧問の気持ちはわかりますが、それでもしも子どもの命が奪われ、職を失うことになったら、何をしているのかわかりません。
何度も顧問に訴えてきましたが、気をつけてうんてんしますとやめようとしません。小学校から続けてきたソフトボール。娘が大好きなソフトボール。安心して続けさせてやりたいと思っています。遠征に行くたびにどうか無事にと祈り、退部も考えましたが、高校生にもなり自分で選んだソフトボールをやめさせることもできず、今はただ、あと1年安全をいのるだけです

投稿: ママさん | 2013年7月29日 (月) 15時20分

ママさん、コメントありがとうございます。御指摘、御心配もっともなことです。
ママさんが心配されているのは、顧問が運転することで事故が起こらないかどうか、ということですよね。
>運転手つきのバスでも事故にあわないという保証はありません。
とはおっしゃっていますが「顧問の運転」そのものを心配されていると推察します。運転のプロではないのですからある意味当然です。ところが運転している顧問はプロではないにしても安全運転は可能であるし、自分がしんどい思いをすれば保護者の負担も生徒の体力的な負担も少なくなる、という使命感でやっていることと思います。そこに認識のギャップがあるのだと思います。

ただいろいろなことがあったので私の県ではもうほとんど顧問が運転する自動車で引率している人はいません。事故がなくても「生徒を乗せた」というだけで始末書ものになります。私の県ではお話のような事例はほぼありえません。顧問の思いを汲んでやりながらも、丁寧に抗議なさってください。校長・教頭などの管理職に言うのも手です。事故前なら管理職からの注意で済むでしょうから。
私が記事の中であげた例は、半年も前のことを、すでに引退した3年生の親が、顧問に一言も言わずにマスコミに直接リークした事例でした。何か別の私情が挟まっているとしか思えません。ママさんの事例とはちょっと違うと思います。
私は、県が自動車による引率を認めないのは生徒を守るためでもなんでもなく、県が責任を取りたくないだけに見えて仕方がないのではらが立つのです。

投稿: yossy | 2013年7月30日 (火) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187530/56832250

この記事へのトラックバック一覧です: 部活動のはなし(自動車での引率):

« 部活動のはなし(柳本氏に関わって) | トップページ | 「誰だって分かることなんです」 »