« 2013年9月 | トップページ | 2014年5月 »

橋下は何を考えているのか。

橋下氏が市長をやめた。よくやめる人である。元弁護士で元知事で元市長である。

大阪都構想が頓挫したからだと言っている。

大阪市の区割りに四案あったものを一つに絞ってこのタイミングで住民投票にかけたかったのに、「慎重審議を」「集中審議してもよいから早急に決めるのはよくない」と言われたことが不満らしい。

だったらまだ「頓挫した」わけではない。なぜやめるのか分からない。

ただどうやら、彼が何かに焦っていることだけは、間違いないらしい。

私は、橋下氏には不信感を持ち続けてきた。

世話になった人を裏切る人

万能感にとらわれて現場を見なくても自分の感性で判断できると思い込んでいる人

マスコミを批判しながらもマスコミをうまく利用する人

思ったことを簡単にしゃべる口が軽い人

そういう風に感じてきた。私の彼に対する見方はどんどん増幅されていく。

この「あの人を信じると裏切られるよ」という感覚。

相変わらずマスコミをうまく使っている。

いつまでこの茶番劇は続くのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2014年5月 »